こんいわ

November 28 [Wed], 2012, 0:33
みんなの党と日本維新の会の合流が見送られることになった。みんなの渡辺喜美代表は27日夜、記者団に「(維新に合流した)旧たちあがれ日本の方々は、全然我々と立場が違う」と合流断念を表明。総選挙に向けて合流を探った両党の決別は、決定的となった。

 「原発はゼロにするという人と原発は残すという人が一緒になってうまくいくわけがない」

 27日午前、地元・栃木県那須塩原市で後援会の会合に出席した渡辺氏の声は、怒気をはらんでいた。



読売新聞 11月27日(火)23時30分配信



 日本維新の会の橋下徹大阪市長は27日、山形県酒田市の集会で、滋賀県の嘉田由紀子知事が脱原発を目指す第3極勢力と新党を結成することについて、「僕は政治グループを束ねてきた自信があるが、嘉田知事はその経験がない。脱原発グループができても、何もできないのではないか」と批判した。

 さらに、「脱原発と言うのは簡単だが、(原発全廃までの)プランをどうするのか、政府ですら作れていない」と強調した。

 維新の会は、2030年代までの原発稼働ゼロの政策目標について、衆院選政権公約に盛り込まない方針だ。


東京都知事選(12月16日投開票)の主な立候補予定者4人が27日、港区内であった東京青年会議所主催の公開討論会に出席した。都知事選は20年夏季五輪招致や多額の累積赤字を抱える新銀行東京の是非など、約13年半続いた石原(慎太郎)都政を継続するか見直すかが焦点。司会者から石原都政に点数(100点満点)をつけるよう求められた4人の評価はバラバラとなった。

 参加したのは▽前神奈川県知事の松沢成文(しげふみ)氏(54)▽前日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏(65)▽元自民党総務会長の笹川尭たかし氏(77)▽都副知事の猪瀬直樹氏(66)。

 最低の「10点」をつけた宇都宮氏は沖縄・尖閣諸島の購入計画などを挙げて「上から目線で、思いつき的な発想」と批判。「福祉の切り捨てで人間らしい生活ができない人が増えた」と訴えた。

 松沢氏は「50点」。「発言力の大きさ、カリスマ性は他の政治家には、なかなかない」と石原氏のリーダーシップを評価しつつ「国ばかりに顔が向き、都庁の改革を進めていない」と指摘した。

 「及第点の70点」とした笹川氏はディーゼル車規制を評価する一方で、新銀行東京については「都が金融業に手出しすべきではない」と批判。築地市場の豊洲移転や五輪招致は継続するとした。

 猪瀬氏は「都政をどのぐらいご存じなのか」と辛い採点だった宇都宮氏と松沢氏に反撃。点数化は拒んだうえで「改革を具体的にやってきたのは事実だ」と財政再建などの実績を強調した。

ロシア外務省高官は27日、記者団に対し、ロシア・欧州連合(EU)首脳会議が12月21日にブリュッセルで開かれることを明らかにした。地元各通信社が伝えた。ロシア側が求めるビザ(査証)撤廃問題が主要議題の一つとなるが、進展は見込めないもようだ。
 高官は「ロシア側は2013年末までに(ビザ撤廃に向けた)作業を終える用意がある」と表明し、EU側が前向きに対応するよう要求。13年末までに交渉に進展がない場合、対EU関係を見直すことを示唆した。 

韓国統計庁が26日に発表した「9月の人口動向」によると、韓国で9月に婚姻届を出したカップルは昨年同期比10.0%減の1.9万組となり、2007年9月以来、初めて2万組を割り込んだ。減少幅は8月の9.3%から2けたに拡大した。人民網が伝えた

韓国メディアによると、9月のもともと婚姻届の件数が1年で最も少ない。9月に秋夕(韓国の中秋節)があることが、韓国人が9月に結婚を避ける理由だ。秋夕前に結婚しても、婚姻届の提出を見送るカップルも少なくない。統計庁の関係者によれば、経済の長期的低迷も関係したとみられる。

9月の韓国の新生児数は昨年同期比6.9%増の4.17万人、死亡者数は昨年同期と変わらない2.03万人だった。10月の流動人口数は64万人で昨年同期比1.5%減少し、8カ月連続して減少した。人口流動率、つまり100人の人口の中で流動人口が占める割合は1.28%と、先月の1.00%よりやや上昇した。


婚活は早く始める事が成功への近道だ。

プチ活は始めやすさをウリにしている婚活サービスを展開している。

東京婚活という近くの人と会いやすいというのはオススメのポイントである。

格安婚活というくらい料金が安いのも若い人が始めやすい。

他社との違いをよく考えて色々チェックする事が、良いサービスを選ぶ事に繋がるので要チェックだ!




俳優・阿部寛(48)に今月1日、第2子となる次女が誕生していたことが27日、分かった。所属事務所がファクスで報告した。

 阿部は出産前日までフジテレビ系の主演ドラマ「ゴーイング マイ ホーム」の収録で長野県内にいたが、急きょ帰京し、出産に立ち会ったという。次女は3054グラムで母子ともに健康という。

 2008年に15歳年下の元OLと結婚した阿部は、昨年6月に長女が誕生したばかり。「新しい家族が増えた喜びとともに、2児の父親としての責任感に身の引き締まる思いです。休まず働きます」とミルク代をたっぷり稼ぐことを約束していた。

宮古市の夜の繁華街で11月24日、同市で初の街コン「みやこ街コン」が開催され、男女500人以上が参加した

 同市大通を中心とした15の飲食店を会場に、乾杯の合図でスタート。1時間後には店を移動する参加者が街にあふれ、店外で空き席を待ちながら談笑する男女の姿も見られた。「みやこ復興むすめ」も参加し、各会場ともにぎわった。

 参加者は同市在住者のほか、近隣町村からの参加も多く、山田町から来た30代の男性グループは「復旧工事関連の職場は男性ばかりで出会いがない。今日はたくさんの人と知り合いになれれば」と積極的。市内在住の女性は「普段行ったことのない店に入れるし、異業種の人たちとも話ができて楽しい」と話す。

 コンサルを使わず、陸中宮古青年会議所などが自ら企画・運営した街コン。「婚活」に限定せずイベント感覚で参加できるよう、グループや既婚者も参加可能としたことが功を奏した。受け付け開始当初の出足は鈍かったものの徐々に話題を集め、締め切り間際に女性グループなどの駆け込み応募が相次いだ。今後もじもとの商業や観光振興につなげるイベントとして続ける予定。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:もも
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mo9zu9/index1_0.rdf