一応順調に勤務中 

November 13 [Thu], 2014, 21:06
入社5ヶ月が経ちました。
一応、へこたれずに通ってます。
通勤が大変です。
6時出勤は始発電車でないと間に合わない。

夏は暑い仕事でしたがこれからは寒い仕事。
体調崩さないようにしなきゃね。

再就職先決定! 

April 15 [Tue], 2014, 22:58
やっとこさ、就職先が決まりました。 (*´σー`) ヘヘ…
今度は空の玄関口。
前職の鉄道といい、乗り物好きだねぇ。

自分でも笑ってしまうわ。 (〃・ω・)ゞえへへ

何よりも長く続けなくちゃね。
入社式は6月2日!

それまでに体調を整えとかなきゃ!! o(^-^)o

結局Illustrator、Photoshop購入 

July 06 [Sat], 2013, 23:19
放置スミマセン。

結局かなーり、なやんだすえ。自己投資と思いきってアカデミック版を購入。
Photoshopは、写真をしていただけに少しはピンと来る物がある。
Illustratorは、う〜ん。使い方に悩んでおります。
もう少しだけ通信講座の期間があるからやる気出して勉強しようかな?
せっかくの通信講座習わずに捨てるのももったいない。←ケチ根性が出る・・。でも、やる気無い・・・。

あ、何事も体験とやらせてもらった入っている鉄道模型サークルのwebページは無事公開完了。
やれば出来るじゃんと思ったけど、まだまだ経験を積んで行かないと・・・。
何事も実力の社会、まだまだ甘くはありませんわい。

illustratorとphotoshopが欲しい!! 

February 06 [Wed], 2013, 18:00
せっかく訓練校に行ったので忘れないように模型クラブのWEBページをリニューアルさせてもらっているんだけど、GINPじゃバナーが作りにくい!カンプも作りにくい!
この道に進むと決めて動いているんだから、根性入れて、いよいよ購入しようかな?CS6!
あ、でもアカデミック版を買える通信教育で購入になるだろうけどね。

あ〜フォトショとイラレのCS6が欲しいよぉ〜!

職業訓練修了! 

January 22 [Tue], 2013, 23:01
 先週、職業訓練終わりました。
 せっかく習ったのだし、Web系の仕事探しているんだけど、専門学校卒とかじゃないとデザイナーとかは難しそうだよね。
 実際に、制作経験も無いし・・・。
 それと、思ったのがphotoshop & illustratorの経験がいる求人の多い事!
 訓練校でフリーソフトしか習えなかった私にはもう少し自習しなくちゃ!
 CS6思いきって購入しようかなと思いつつ、金額がぁ〜!
 それと、13-inch, Mid 2010モデルのMac Bookさんで持つかなという心配も、まぁとりあえず、体験版で動くかシミュレートしてみようか。

 仕事探しも今度はきちんと始めねば・・・。

ウイルスか? 

December 18 [Tue], 2012, 23:35
ここ数日、携帯電話にスパムメールが多くなった。
facebookに登録したからのような気もするし、何日か前にアドレスが74件も入った空白メールが来たりもしたし、どこからか誰かからかもれ出ている様子。
なんか嫌だなぁ。

やっぱり空晴!昆布うどん! 

December 07 [Fri], 2012, 22:50
昨夜、空晴の新作公演を観に行ってきた。

やっぱりこの劇団が好き。
今回は新人の古谷さんが本格的にデビュー、と思ったら、ほぼ出ずっぱり。

さすがに初日、本人にも、堅さや緊張が見られた。
そして、舞台上でセリフを交わすやっすんにも緊張しているのを感じた。そりゃ、先輩として新人の彼女のエンジンをかける役目だから、重要なんですよ。たぶん・・・。

とりあえず新人だからって、ちょっと出ての端役なんて甘くない。
厳しいなぁ・・・。

ええ、でもそれが岡部さんのやさしさなんですよ。そう。


お話はまだ、公演が終わらないから黙っておこう。
例えれば、昆布うどんみたい。

あったかくてやさしいお味。
でも、キツネのお揚げみたいに甘くなったり、天ぷらや肉みたいに油っぽくなったりしない。
かやくが自己主張しない味。
でも、物足りなさなんか感じない。
そしていつまででも味わっていたいと思わせる味。

そして、この冬空にうどん屋さんから出た時のぬくもりが残っているような気持ちよさを残してくれる味。

大阪は土日月の後3日。今見とかないと損するよ。


空晴第10回公演
「これまでの時間は」
作・演出・出演/岡部尚子

出演
上瀧昇一郎
平本光司
小池裕之
上田康人
古谷ちさ

ゲスト
稲荷卓央(劇団唐組)

●大阪公演 HEP HALL(梅田)
2012年12月
大阪
8日(土) 15:00 19:00
9日(日) 14:00 18:00
10日(月) ☆14:00 19:00

●東京公演 劇場MOMO(中野)
2012年12月
東京
13日(木) 19:30
14日(金) 19:30
15日(土) 15:00 19:00
16日(日) 14:00 18:00
17日(月) 19:30
18日(火) ☆14:00
上演時間 約80分〜90分予定

詳しくは劇団ホームページ http://www.karappare.com/ まで

竹田城跡雲海ツアー 

November 26 [Mon], 2012, 1:52
 秋のお出かけに、明延の一円電車見たいなぁ。と、ネットで検索していたら、面白そうなイベントを見つけてしまいました。

 『早朝の雲海に包まれる「竹田城」と歴史街道「鉱石の道」生野町歩きの旅』



 私はっきり言って、ツアー嫌いです。バスに延々のせられ、時間にせかされ、どかどか、がやがやとお土産だけ買って嵐のようにさっていく集団って嫌いです。
 でも、このツアーは興味を引いた。何よりも現地集合現地解散!バスの移動時間が短い。
 普段は入れない所に入れてもらったり、穴場的な所を地元の旅行会社が地元を案内する。
 そりゃ地元だもん詳しいよね。ここを見てほしいという痒い所に手が届くよね。時間も比較的ゆとりがあるし。
 雲海で有名なお城をちゃんと撮影場所まで連れて行ってくれるし、お城にも登れる。魅力だ〜!

 って、事でそそくさと、毎度の高校時代の恩師に電話して約束を取り付ける。
 申し込んでわくわくしながら出掛けてきました。


 23日夜、大阪を超えて和歌山県海南へ、先生と合流して再び舞い戻って舞鶴若狭道の春日インターから豊岡北近畿自動車道(遠坂トンネル以外は無料)の「道の駅 但馬まほろば」へ2時半頃到着して仮眠。寝付けないまま5時頃ふと思った。この駐車場和田山方面専用だよな?帰りは春日方面に帰るからどっかで車折り返してきとかなきゃ。という事で、和田山インターまで行って出口で即Uターン、早朝なので楽々でした。(ちなみに24日当日は15時から和田山から先に氷ノ山方面に延伸区間が開通するという事で混む事が考えられた。帰りにUターンしようとしたら大変だったかもしれない)
 で、集合時刻前に隣に車が入ってきた。中から武者が出てきた。夜中&徹夜状態で見たら、こっちもテンション上がり気味なので笑いすぎてしまった。
 お声掛けをしたら、本日の添乗員さんでした。山城に登るのに武者の格好!すごすぎる!似合いすぎだよ。



 真っ暗の中、バスはまず雲海の撮影地へ、日の出前なのでここが撮影地ですと言われても、どこがどこやら全くわからず。下の段にはカメラマンがいっぱいいたけど、自力でここを探して来るのは私には無理だぁと実感。だって、カメラどっちに向けていいかすらわからないよぉ。
 でも、一等良い場所にテントまで張って、いすにテーブルに暖かいお茶、朝ご飯のおむすび(これがまたうまかった!)お味噌汁まで用意されている。それなりに冷え込んできたので有り難や。
 夜明けを待ちつつ、御結びをほおばる。毎年の品評会でも金賞の日本一のお米、村岡米で作ったお米だそう、お塩も海苔もこだわりのおにぎり、うまかった!(大切なので2度言っておきます。笑)

 さて、明るくなり始めると・・・、残念!雲海はちょっと出たけど広がらなかった。
 プロのカメラマンさんも来て色々レクチャーしてもらえるし、雲海が広がったら最高だったろうなぁ。





 1時間近くのんびりさせてもらって(という事は撮影する時間もたっぷりあったという事)、バスで城跡へ登る。最近映画等で有名になったので、早朝2時頃から絶えず渋滞しているとの事。バスは優先して登らせてもらう。中腹駐車場60分待ちとかの案内が登山道の入り口に朝の7時なのに既に出てました(ビックリ!)どうも登山道が狭いので下で待って空いたら上へ上がる方式らしい。下も既に行列・・・・。自家用車で行く方は相当の覚悟を・・・。

バスは優先でらくらく城跡へ、添乗員さんが武者の格好でホラ貝を吹き鳴らしながら歩く、目立つけどすれ違う人がビックリしたり、笑ったり、喜んだり、記念写真取ったりと、大人気。甲冑もよく見れば結構立派な出来のもの。さすがに鉄ではないみたいだけど(それでは重すぎて動けんよなぁ)、立派な鎧とホラ貝でした。
城跡まで歩いてあがると、私も防寒着を着込んできただけに暑い!!汗だくになっておりました。
でも、城跡は石垣もしっかりしており、中世の山城の縄張りがはっきりわかるし、さすがに名城でした。
 ここでも、1時間位、写真取りたい私には嬉しい時間、もっとあると、もっとゆっくり撮れるんだけどなぁ。でも、下見に来たと思えば十分な時間でした。





 何よりも、添乗員さんが時々ホラ貝を吹いてくれるので、どこにいるのかわかるし、離れすぎなければ集合時刻に遅れないように心配しなくても良かったのでありがたかった。

 次は、生野の町へ出て、まずはコームータイム。







 普段は公開していない但陽会館に入れた。彫刻や絵画、豪華な部屋を見学して、貴重なディスクオルゴールの調べも聞いて、コーヒーを味わいながら市役所の方から生野の町の解説を聞く。
 生野って昔は死野(しの)と呼ばれていたそう、鉱山の毒性の事や、山深い所なので山賊等の出没する土地という事でそう呼ばれていたらしい。ある天皇が死野では縁起が悪い、生野にしなさいという事で名前が改まったそう。また閉山は鉱脈が尽きたのではなく、深くなりすぎた事、コストや安全の面での閉山。レアアースの鉱脈の可能性などの話を聞いた。

 そして、町歩きへ出発!



生野が鉱山の町として明治の時代から、最先端のハイカラな町だった事、最盛期のにぎわっていた頃の豊かさ、山中の町なのに農業はほとんどなく、鉱山従事者で昔からサラリーマンの町だった事。
 東京から転勤できた職員(=鉱山の管理職の方々。だから本社から転勤で来られていたそうです)さんたちが運んできたハイカラな生活、鉱山の排水が流れ込むため川遊びは出来なかったとか、都会的な生活のスタイルが昔から続いていた町がよくわかった。
 途中、トロッコ道という廃線後を見学した時はやっぱりテンションがあがっちゃった。やはり鉄です・・。





 鉱山職員社宅でハヤシライスの昼食。(ここも本来は昼食は出来ない場所で今回だけ特別だとの事)





 お年寄りの方々が懐かしい味として、子供の頃に友達になった東京から来た職員さんの家でおよばれした、ハヤシライスが懐かしいという辺り、ウチの田舎とは違ってやはりハイカラな町だったんだなと実感。

 朝来市の職員さんのデュオが特別ライブのサプライズもあった。


デュオ「サムライ」のお二人、寒い中熱唱して頂きました。(右端は朝は鎧武者だった潟hリーム観光サービスの大林大悟さん、なにげに朝来市商工会議所の理事さんで婚活交流部会長さんだったりもする。多分これだけの歓迎をしてもらえるのはそういうパイプがあるからなんだろうなぁ)



 食後は有名な生野銀山へ、ここでも案内の方がちゃんとヘルメットにヘッドランプ、安全靴と鉱夫さんのスタイルで案内してくれた。これも普段はここまでの格好をして案内はしないそうだ。



 さすがに鉱山の案内は昼食後で眠気が襲ってきていて、ちょっとフラフラ気味だったが、バテロコ(バッテリーで動く機関車)みて復活した。笑





 どこを見ても鉱山の様子がよく分かったが、竪坑の巻き上げ機の操作室は鉱山の中枢だし、エレベーターの操作を手動(天空の城ラピュタのバズーが操作したヤツみたい。=ここでも天空の城つながりだったりして)で、しかもほとんどカンでぴたりと横坑道に揃えて止めていたという神業で操作していたというのはビックリ。
 眠気でロクな写真が撮れなかったのが残念。



 帰りは、播但自動車道で竹田城の麓をくぐって、朝出発した道の駅にて解散。
 やはり新規開通の道路の関係かにぎわっていて、仮眠するも寝付けず。
 3時頃出発、眠気覚まし飲んでガンバって帰ってきた。宝塚西トンネルの渋滞は相変わらすで10キロ渋滞と、思ったら西宮名塩でさらに事故停滞、おかげか宝塚西トンネルはスムーズでしたとさ。
 先生は久しぶりの大阪だから寄り道するという事で、私の地元駅送りで済ませて頂きました。ほんとは送って行かなきゃいけないのになぁ。先生ごめん。
 ま、眠気でそうとう緊張して運転したけど17時半頃、無事帰ってきました。

 今回のツアー、特別企画だったらしいけど、かなり楽しかった。
 何よりも地元の人たちに歓迎されている感じが伝わってきてよかった。
 旅行会社の方達が武者の格好や町娘の着物姿で案内してくれたり、織作峰子さんを案内した事もあるプロのカメラマンさんとお話をしたり、まだ早い時間なのに地元の喫茶店のコーヒーがお菓子付きで用意されていたり、生野の観光課の方に説明時間が余って困っていた所に質問をした事で感謝されたり、ハヤシライスの解説に食べていいのか迷ったり、サプライズの市役所の方のライブとか、見て買い物してトイレして過ぎてゆくだけの観光でなく、ちょっとしたふれあいのする観光スタイルが一番心に残った。
 地元の旅行社だから出来た企画だと思う、基本自分で行く旅行は時間に縛られないので良いのだけど、地元の知人に案内してもらうそんな感じ、それを旅行社が代わりにしてくれたような今回の企画、そんな魅力を感じた。

 チケットの手配等で地元の旅行会社に相談する事は多いけど、旅行先の旅行会社に相談する方法もありなんだなと新たな旅行会社の使い方も覚えた旅行でした。
 来年、ちゃんと仕事が見つけて就職して、安定したら18切符でも買って、生野の町も竹田城ももう一回行ってみたなぁ。うん、訪れてみたい!



眼鏡を新調しました。 

October 20 [Sat], 2012, 23:09
さすがに視界良好!

新しいメガネは気分が良いね。

スリムなので、視線を下げると視界が外れたりして、ちょっと階段降りる時は怖い。
けど、これも慣れるかな?


写真の手前が普段用。

奥がPC用レンズ付き。こっちも普段使用OKらしい。
色は無色とかグレーも有ったけど、ブルーライトのカット率が一番高いらしいブラウンのレンズにした。
前に使っていたメガネも色入っていたから、普段用もPC用レンズにしてもよかったかな?
使ってみて、良かったら、また買うかも!?

空晴お楽しみ会 

September 25 [Tue], 2012, 21:30
先週、空晴の劇団イベントに行ってきました。



本町橋のkitchen bar ma-haにて3日間開催されていました。
私が行ったのは最終日。
まず劇団員さんたちに給仕をしてもらって、食事。



そして恒例の座長による折り込みチラシの解説。
座長思い入れのある劇団の話で脱線して、時間が少し押してしまいました。

ご飯も解説も終わり一息ついた所で、本日の出し物の始まり。
(ここからは、撮影禁止なので画像がなくてスミマセン)

今回は劇団員による約10分ほどのモノが4つ。
一つ目は、平本さんによる、ヒトリ宝塚「エリザベート」キラキラの衣装でノリノリ!
観客の苦笑もなにものともせず、最終日特典のアンコールの一曲まで気持ちよく歌い上げておられました。
あ、でも最後の一曲で声が出なかったんだけどね。

続けて、やっすんの作「とりがあう」
ありがとうの気持ち、5周年の気持ちを込めた作品でした。

続いては「落語」としては出し物として座長に認められなくて「僕語!?」というジャンルで話す、コッキーの「死神」(落語としては古典的なヤツなんですが・・・話術が・・・という事でお話と、一人芝居が合体したものになりました)
それでも、最後に公開ダメ出しを座長からされていました。まあ、そこが逆に面白かったりも、コッキーさんの天然さが発揮されていて楽しい所なんですけどね。

ラストは上瀧さんの作演出による「神様なんていない」話の続きが気になる終わり方の話でした。

あっという間の、イベント時間。
最後は、座長の暖かくて頼もしくて、心に響くご挨拶でお開き。
以前あったma2haの開店記念日のようにフリータイムで役者さんと話が出来ないのは心残りでしたが、これはこれで楽しいイベントでした。
キャラメルボックス公演情報
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:MO太(もーた)
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:3月2日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
    ・観劇-キャラメルボックスは別格として。空晴、スクエア、TAKE IT EASY!、リリパットアーミーU、など関西中小劇場系が好き。
    ・鉄道模型-非電化系(内燃、蒸気等)実物に間に合わなかった世界が好き。主にNゲージ、プラ製品でHO、HOナローもちょこっと。
    ・カメラ、旅行-最近はほとんどしてません。
読者になる
2014年11月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
アイコン画像ゆふこ
» 再就職先決定! (2014年04月16日)
アイコン画像MO太(もーた)
» 竹田城跡雲海ツアー (2012年11月26日)
アイコン画像大林大悟
» 竹田城跡雲海ツアー (2012年11月26日)
アイコン画像MO太(もーた)
» 竹田城跡雲海ツアー (2012年11月26日)
アイコン画像大林大悟
» 竹田城跡雲海ツアー (2012年11月26日)
アイコン画像MO太(もーた)
» 「バイバイ」演劇集団よろずや (2011年12月29日)
アイコン画像こばやん
» 「バイバイ」演劇集団よろずや (2011年12月27日)
アイコン画像MO太
» 心配させなっ (2011年07月08日)
アイコン画像ダウ
» 心配させなっ (2011年07月07日)
アイコン画像ダウ
» ゾロ目と初物 (2011年06月26日)