そして、母になる。 

2015年11月16日(月) 17時44分
あまりにも出産をこわがっている私に、祖母はこう励ましてくれた。
「案ずるより産むが易し、だよ。自然なことなのだから大丈夫。」
祖母の言葉は心強かった。

がしかーし、現実は全くもって「易し」じゃなかった!!!!!
陣痛がこんなに辛いとは聞いてない!!!しかも長いし!!!
先輩ママは
「痛いけど、すぐ忘れちゃうよ。それより産後クライシス気をつけて!」と口を揃えて言っていた。
おいっっ!!この痛み忘れられるの?!
もっと痛みについて教えておいてよ!!!と本気で思った。

波が来るように痛みが押し寄せてきて、
最後のほうは押し出される痛みに変わってきて
助産師さんに「うんち出そうです」と言ったのに、「それ赤ちゃんです」って冷静に返された。
でも、信じられなくてもう一回「うんちだと思うんですけど・・・」と言ったけど、
「赤ちゃんです。まだいきまないでくださいね」とまた冷静に返された。
痛みがある中、本当にうんちだったらどうしてくれるんだ!とは思った。でも、結果うんちじゃなかった。

子宮口が全開になるまでは痛みとの闘い。
というか、いきみたいのにいきまないようにする闘い。あまりにも辛い・・・
子宮口を確認する作業もかなり辛かった。最後のほうは足がプルプル子鹿のように痙攣を起こしていた。
まだまだと言われて7時間ほど経った。
痛みが激しく押し出される感じがものすごく強くなって、
頭の中で赤ちゃんが産道をつついている映像が浮かぶ。
これはもう出る!と感じていたが、陣痛室には旦那とふたりきり。誰も来てくれない・・・
我慢していると、機械からピーッという音。
担当じゃない助産師さんがきて、子宮口を確認。もう全開とのこと。(やっぱりね)

陣痛が収まったタイミングでいざ分娩室へ!
分娩室には4人の助産師さんと一人の女医。
女性5人に囲まれての分娩。異様な光景だった。

いきんでOKとのことでその場で指示される。
「おへそをみるようにいきんでください」

いや、痛すぎて目が開けられない・・・
目をつぶりながらもおへそのほうに顔を向けながら、いきむ。
辛すぎて声が出てしまう。

そこに担当医師が「声は出さない!」と一言。
・・・怒られたし!
左側にいた助産師が「声を出すと力が入らないから声を出さないでくださいね」とフォローをいれる。
(やべぇ、怒られた)と少し冷静になり、分娩室に入って3回目のいきみ。
その後すぐに「もういきまないでください」と右側から助産師の声。

股の間から頭の長い、真っ青な物体が出てきていた!
すぐに泣き声が出なかったが、少しして泣き出した。
産まれた!!!

出てきた感覚はなく、産んだ感はまったくゼロ・・・

赤ちゃんは心音が弱くなっていたみたいで、
すぐに小児科医のところへ連れていかれた。
無事でいてほしい、と願う。

その後、私の後処置。
結局、狭い産道に赤ちゃんがいたため心音が弱くなってたため、会陰切開をした。
サクッと切った感覚はあった。一番避けたかったやつだ。。
縫合も麻酔きかない箇所があって、ちくちくしてた。

出産ってこんなにも壮絶だとは・・・

おばあちゃん、私の案じてた程度が間違ってたのか、
全然、案ずるが産むが易しではなかったよ。。

そして、母になる。- プロローグ - 

2015年11月16日(月) 17時15分
このブログを思い出して、ひさしぶり書く。

先月、人生の転機を迎えた。
初めての出産を経験し、そして、母になった。

私は出産をものすごく恐がっていた。
あまりにもこわくて、痛みが少ないという話題の「ソフロロジー」の本を購入。
ソフロロジーを推奨している病院のWEBサイトをみると動画があり、
女性が分娩台の上で冷静に息を何回かはいているうちに赤ちゃんが産まれ出てきていた。
そんなはずはない!とは思いながらも、こんな感じで産まれないか期待をしながら生活していた38週目。

出産前日、38週の検診があった。内診が死ぬほど痛かった
子宮口を確認するため、助産師さんが手をいれておそらく奥にいってしまっている子宮口を手前にひっぱっろうとしている行為が死ぬほど痛かったのだ。。痛すぎて笑った。
ともだちがその頃の内診がめちゃくちゃ痛かった、と言っていたのはこのことか・・・
泣きそうになって、出産がこれ以上なのかとさらに不安になった。
その日、ソフロロジーのメソッド、「いきまないで産めますか?」と質問したら、
「初めての出産では無理ですね」との一言。本、意味ないじゃん・・・。
また会陰が固いためこのままだと切開が必要かも・・・との指摘。
一番避けたいことを指摘されて、焦っていた日の夜のことだった。


0時近くに就寝。2時間後、違和感を感じて目が覚めた瞬間、子宮で「パン!」と弾ける感じが・・・
そう、破水したのだ。
溢れ出る水。押さえても止まらない。そして、生臭い。
まだ痛みはまったくない。
心の準備が、準備ができていない!!!
会陰マッサージもこれからがんばろうとしていたのに、まだ心が整っていないのに・・・
ついにXデーがきてしまった。

実家に里帰りしていたので、母親を呼び、病院に電話。
「準備をして病院に来てください」とのこと。
東京にいる旦那に電話。夜中のため、携帯は出ない。家電に電話するが出ず。
すぐに折り返しがくる。
破水した状況を伝え、陣痛はまだないので、ゆっくりこちらに向かってほしいと伝える。

破水の水の量はハンパない!
夜用のナプキンがすぐにびちゃびちゃ。さらに溢れでてきてしまう。
夜用のナプキン2枚着けして、それでも収まりきらずバスタオルで押さえながら病院へ。
まだ痛みはない。

乗り越えられるのか?!
ものすごい不安の中、病院に向かった。

村上 隆 

2013年05月18日(土) 22時33分

この本に村上隆のドーハでの講演の話が掲載されている。




感動した。

村上隆のアートってなんだかなぁって思ってたけど、
見方が変わった。感覚的でしか彼のことを理解してなかった自分が恥ずかしくなった。

アーティストって、まったく違う次元で物事を考えている人だと思ってた。
話す言葉なんて、訳わかんないんだろうなーって勝手に思ってた。
ちがった。

村上隆の言葉は、わかりやすくて、核心をついていて、
自分のやるべきことがわかっている発言で、そして、今のままじゃ日本はダメだって叫びがあって
心に刺さった。
ひさしぶりに、人の言葉に感動したなぁ。


"政治的な文脈と芸術的な信念、正義感が合体していかないと、本当の芸術はできない”

芸術ってまったく国や政治に関わるものではないと思ってた。
違うんだ、密接なんだって初めて知った。恥ずかしいけど。

やっぱり世界で活躍する人は、考えてることが違う。
日本の国を存続していくということ、
日本に資源がない、それでどう国を存続させるか?
そこまでも考えている。
芸術は文化だけじゃない、国益にもなるんだ。


“世の中には理不尽なことがある。
その理不尽と対決する、理不尽と自分がどう向き合うかということをトレーニングする。
そのトレーニングを僕らがやらなければならない”


苦労されてきたことが、私の想像より多いんだろうな。
いっぱい批判も受けて、想像以上にひどいこと言われてきたんだろうな。
それでも、自分がやっていることに確固たる自信を持っている。
考えて、考え抜いたからこそ、自信があるんだな。
単純にすごい、です。かっこいいです。
人生の先輩としての言葉としても、心に響きました。
へこたれている場合じゃないって思えた。

“みな騒ぐだけで、その理不尽と戦い、自分の世界を理想の世界に近づけようという動きがない。
理不尽と戦う努力があることすら、わからなくなってしまっている。”


その通りです。本当に。
恥ずかしい。そういう人間になりたくないって思っているのに…今の自分は流されてる。
うるせーなって言われても、戦わなきゃいけないね。



”マンガでもなんでも、ディレクションの仕方によってもっともっと世界に受け入れられるようになるものがある。
そういうところにこそ、力を入れるべきです。”


なんか、やり遂げます。
自分でモノは作れないから、何かを見つけて日本という国をプロモートします!


大企業で働くことの、決意。 

2012年06月13日(水) 22時24分
大きな企業に就職して、課が変わって新しい生活がはじまって約一ヶ月。

はじめての大仕事。

失敗だらけ・・・何も役にたたなかった。
というか、ものすごい迷惑かけた。。

社内の関係者は、皆言いたいことばかり。
誰もうまくやろうとか、思ってない。
何しにきたんだろう・・・
最終的に制作会社にたくさん迷惑をかける始末。


結局わかった。

皆、責任を取りたくないだけだった。

外部の関係者はプライドをもって、良いものをつくろうと精一杯努力してくれている。
なのに、恥ずかしい。


もう、次回は一人で進める!!!

そのために、死ぬ気でやってやる。

担当の仕事を徹底的に理解して、
商品について各担当者に確認して、すべてを把握する。


信頼をつくる。


こんなくだらないことで悩みたくないし、振り回されたくない。

でも、力抜きながら。
必死になりすぎると、楽しめないし、まわりに近寄りがたい空気を感じさせてしまうから。
私の弱み。きょうも反省した。。

コミニュケーションを取るの、うまくならなきゃ。

うん、

がんばる。


みんなのいいとこ、盗む!

 

2011年07月08日(金) 22時07分
大企業で働くということ。
やっぱ違いが多い。

こっちは筋通した、とか、
誰が悪いでしょ、とか。
どーでもいーから。

本質でない話が多くて、なんだか違和感を感じる。
大きな会社でうまくやっていけるのだろうか。

納得できないと、上司であっても噛みついちゃう。。
この性格どうにかなんないかな・・・・


あーあ、なんかどうしよう

ノンストレスからの 

2011年07月02日(土) 10時19分
就職してから、

今までの、ノンストレス生活から、
一気にものすごいストレス生活に・・・

この変化はきつい


引き継ぎもままならないまま、上司は休みに入り、
制作をお願いしてる会社は、マイペースでイライラするし。。。

入ってそうそうかなりムカついて、昨日はついにキレた。
感情的になって、まずいと思って切り返したけど、

「それはお前の仕事だろっ!!」

そう言いたくなっちゃう。
悪いクセ。直さなきゃ。


変化に反応してるけど、
チームメンバーは誰も私が引き継いだ仕事を把握してないから
助けてもらえないし、
素直に話せる人も会社にはまだ居ないし、
旦那さんに色々話し聞いて欲しいのに、
酔っ払って帰ってきてゲーゲーして帰ってくるし・・・

この精神状態なのに、
旦那さんとはケンカ中。。。
最悪だ


あの、私、まだ会社入って1週間ほどなんですけど・・・
はぁ、ストレス ハンパない


負けない 

2011年06月24日(金) 23時19分
試されてる。
絶対に試されている。

この挑戦、受けて立つ!負けないっっ!!

10ヶ月のブランク、やっぱり出てる・・・。
早く取り戻さなきゃ、感覚を

転職してきた人ってこんな感じだったのね。
大変だわぁ。もっともっと丁寧に教えてあげれば良かった。

今までかなり色々許されて仕事してたんだなぁ、ってかなり思った。
ベンチャーだからたくさんの事許されていたんだなー。
この年になって、一番したっぱ。
女性の上司だらけの職場。
気を遣うのがヘタな分、なんか疲れてるわ・・・


それにしても、会社が暑すぎるー
節電わかるけど、私が太ってるのもあるけど、
こんなじゃ仕事はかどらないって

暑い〜
なんか電力使わなくて涼しくなる、画期的な方法ないかなぁ?

良いとか、悪いとか 

2011年06月07日(火) 15時03分
良いとか、悪いとか、
正しいとか、正しくないとか、

そんなの各個人の価値観の上にしか成り立たない。

そうゆう風に思い始めたら、
なんだか人との付き合いとか、話し合いとか余計面倒に思えてきた

でも、その人の価値観を知るって方法が知れたら
人と付き合うのがもっと楽しくなる気がした!

教えて!わかるひと!


ヒマだと色々考えちゃうな〜
なんかやだなー。



初ボランティア 

2011年06月06日(月) 1時20分
きょう、とういうかきのう、
初めてのボランティアに行った。

自分の段取りが悪くて、実質作業時間1時間弱・・・。
ボランティアセンターの到着がお昼の12時。
それから割り振りを待って、14時過ぎに作業場が決まる。
ルールが分からず、必要な物資を理解しておらず、ムダな時間を使い活動場所へ.....

テレビで観た風景がある。
私ができるのは地道に片すことだけ。
この状況が自分の身に起きたらどんな気持ちだろう?
正直、まったく想像できなかった。

たいしたことしてないのに、
ありがとうって地元の人に言われる。
すごいな。そうゆう言葉、私だったら言えるだろうか。
そう思った。

15人くらいで民家の泥掃除と物を見つける作業にあたる。
土のう袋がたくさん出るけど、いっこうに終わりが見えず・・・
片づけをするだけでも3年くらいかかってしまうんではないだろうか・・・
まだまだ人手が必要だ。
ぜんぜん足りないくらいだ。

自分でもできることがあるって思えたことが一番の収穫だった!
地道にできること、続けます。

しばらくの間、東北道は無料にできないんかな。
して欲しい!

知りたいこと、勉強したいこと 

2011年05月26日(木) 11時30分
きのう、外国人のハーフの人と話をした。
地震があって、帰国することになった方。

「なぜ日本人は原発のデモをしないんだ?」

と、不思議がっていた。

「やり方がわからない・・・」

それしか答えられなかった。。

でも、デモって意味あるのかな?
他の方法のほうがいいんじゃない?

って心の中で思っている自分がいた。

ニュースを観てると、海外のデモを良く目にする。
外国人ってやっぱ自己表現すげーなー!って、そんな感覚で観てた。
日本のデモもたまに観るけど、
海外のデモと違って、警官がついて整列して、きれいにデモってる。
だから何となく、意味がないように感じてたんだと思う。

旦那さんは、メディアの立ち位置も日本は海外と違ってるって。

日本人として、
日本のこと、国民性とか、政治の在り方とか、宗教観とか、が
すごく知りたくなったし、知った上で自分の考え方を持ちたいって思った。


昔は、人とこんなに深く話すことがなかったなー、とふと感じる。
人と話すことが苦手だったのは、話題が無かったからかも。
こないだは宗教観についてものすごく語った!
今は、話してると楽しい。話しながら、すごく考えられる。

これも無職生活のおかげ。
時間をムダにしてるな、と思ってたけど、
考え事したり、本を読む時間ができて、良かった。
名言を手帳に書き始めて、良かった。
興味を持っていること、気になる話題が自分の中でたくさん出てきたんだと思う。
就職活動して、考えて人と話すことを覚えたのも影響あるな、きっと。

無職生活も、貴重な時間です


まずは、日本の政治の在り方について、考える!