インプラント治療にとって大事なこと

May 12 [Thu], 2016, 12:27
義歯が自分の歯と同じように使えるようになればインプラント治療は終わりですが、歯科医の指示に従ってメンテナンスを受けなければならず当然、その度に費用を支払います。
普通は、三ヶ月に一回のペースで歯科医のチェックや衛生士によるブラッシング指導を受けます。
定期検診にかかるお金は基本が保険適用なので、あまり高額にはならず三千円くらいと考えてください。
従って、年間1、2万円くらいの維持費を見込んでおいてください。
インプラントの利用を考える際に、多くの方が心配されるのが、術後の腫れではないでしょうか。
それは、治療を行う歯科医の腕や、治療後の口内ケアの良しあしや、その時の体調にもよりますから、必ずしもこうなるとは言えず、「やってみなければ分からない」という回答になってしまいます。
痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても腫れがなかなか引かないという時は、すぐに担当医にかかり、診察を受けてください。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、歯根部が残っているかどうかの違いです。
虫歯などで大きく歯を削り、差し歯では不十分であっても歯根部が健全であれば上からすっぽりとクラウンと呼ばれる義歯をはめ込んでいけます。
抜歯した場合の選択は、入れ歯もありますが、失った歯根を補うため、人工歯根を埋入するインプラント治療を検討することになります。
理由は様々ですが、希望すれば必ずインプラント治療を受けられるとは限らず、失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのです。
ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であれば決してあきらめる必要はありません。
歯科医の腕と設備次第で、それまでインプラントは適用されなかったケースも治療は決して不可能ではありません。
通える範囲で、できるだけ最先端の治療を提供している歯科医院を探すことが必要です。
歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
今では、どこで手術を受けても耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。
局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから本格的に手術を始めるためです。
麻酔が切れた後で、腫れてきたり多少の痛みはあるかもしれませんが頓服の痛み止めが処方されるため耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Aisa
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mnwbonebemy1ea/index1_0.rdf