プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mnprhufxmdxogp
読者になる
2010年07月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
「メッシとともに」、キム・ヨナがユニセフの国際親善大使に就任へ / 2010年07月14日(水)
 韓国のフィギュアスター、キム・ヨナ選手がユニセフ(国連児童基金)の国際親善大使に任命されたことが明らかになった。サッカーのベッカム選手やメッシ選手も親善大使として活躍しており、韓国メディアは「メッシとともにユニセフの国際親善大使に変身」と報じるなど、多くの注目を集めている。

 ユニセフのアンソニー・レーク事務局長は10日、ホームページで「プレッシャーに動じない能力、献身、謙遜(けんそん)で大衆の心をつかんだ」と高く評価した。親善大使に任命した背景については、ハイチ地震の緊急救助作業に多額の義援金を寄付したことや普段からユニセフのチャリティー活動に積極的に参加したことをあげ、「キム・ヨナ選手の親善大使就任で、ユニセフの活動に対する関心を高め、子どもの権利拡大や発展に寄与すると確信する」とし、国際親善大使としての活躍に期待を寄せた。

 ユニセフのホームページにはキム・ヨナ選手の特別映像インタビューも掲載された。キム・ヨナ選手は、「ハイチが地震被害に遭ったとき、皆さんと同じく支援しなければと思った。子どもたちに食料品や避難所、医薬品などを援助することで、手助けができた」と感想を述べ、「わたしたちの手助けが切実なハイチの人びとと、全世界数百万人の子どもたちを絶対に忘れないようにしよう」と、英語と韓国語で呼びかけたという。

 キム・ヨナ選手は1月、ユニセフ韓国委員会にハイチへの義援金1億ウォン(約739万円)を寄付した。また、2007年からさまざまな寄付活動を行っており、すでに20億ウォン(約1.48億円)を寄付したという。(編集担当:金志秀)

【7月12日15時2分配信 サーチナ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100712-00000058-scn-spo
 
   
Posted at 12:03/ この記事のURL
田児賢一、スエマエコンビらが優勝宣言! ヨネックス・オープン・ジャパン / 2010年07月14日(水)
9月21日(火)に開幕するバドミントンスーパーシリーズ『YONEX OPEN JAPAN 2010』(東京体育館)の記者会見が6月29日に行われ、田児賢一(NTT東日本)、末綱聡子・前田美順ペア(ともにルネサスSKY)、佐藤冴香(日体大)が抱負を述べた。

スエマエコンビらの写真

3月の全英オープン男子シングルスで日本人選手として44年ぶりに決勝進出を果たした田児が「優勝するという強い気持ちを持って臨みたい」と優勝を宣言すると、「去年この大会で準優勝したし、日本のファンの前で優勝できるように一戦一戦しっかり戦いたい」(末綱)、「スーパーシリーズは一度も優勝していないので結果を出したい」(前田)とそれに続いた。

また、先日のインドネシアオープンで準優勝した佐藤は「インドネシアが自信になった。去年は1回戦で敗退したが、今回は中国の選手にも勝ち、上位進出を狙いたい」と意気込みを語った。

「YONEX OPEN JAPAN」は世界ランキング上位40位までの選手が出場する大会で、スーパーシリーズ全12戦のうちの一つに数えられる。29回目を迎える今回は各国より200名以上の選手が賞金総額20万ドル(約1700万円)をかけて争う。チケットは発売中。

【6月30日14時46分配信 @ぴあ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100630-00000001-pia-spo
 
   
Posted at 12:01/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!