ドラマ、ゲームにアニメ 京都は「日本のハリウッド」か

May 28 [Mon], 2012, 17:10
竹屋町京子 (たけやまち・きょうこ、25) 支社の最若手記者。地元出身、女性ならではの視線から、転勤族の「知識の穴」を埋める。いとこの影響で、マンガもテレビも映画も「ドラえもん」育ち。今も疲れた日には「『どこでもドア』でウチに帰りたーい」と言う。岩石巌 (がんせき・いわお、50) 支社編集部門の部長。立場上、地元関係者との交遊も広く、支社で一番の「京都通」を自任する。生まれて初めて映画館で映画をみたとき、映像の大きさよりもステレオサウンドの迫力に驚いた記憶が。 (登場人物はフィクションです)。東太郎 (あずま・たろう、30) 中堅記者。千葉県出身。人生初の「関東脱出」で京都支社に転勤し半年。取材時もオフの日も突撃精神で挑むが、時に空回りも。小学3年のときピアノ教室 検索に通い始めたが、教則本「バイエル」の103番で挫折。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mnggdfg/index1_0.rdf