南西5省(自治区、市)は食糧生産と販売のバラ

May 28 [Mon], 2012, 11:15
現在、国有食糧在庫は余裕があって、国は被災地に転職して準備を市場粮源余裕。統計データによると、現在全国国有食糧在庫が社会全体の食糧消費の比重は45%上回る国際公認の17%—18%の安全線レベル。南西5省(自治区、市)の生産と販売の基本は食糧バランス区、その耕地面積は全国の18%;穀物作付面積を占めると穀物生産量は全国の16%。だから、西南地区で干ばつなどの発展を続けては、全国の食糧供給に影響を与え。広東省の食糧局によると、総合関係方面の情報、南西の地区の干ばつが続く見込み5月まで、最近東北、華北地域と北西部分も出始めの干ばつ、食料局が注視して市場の動態に備え、万全を確保するため、市場の食糧供給と価格の安定。食糧局による監視、現在広東省内の食糧市場全体の安定。広東省の穴粮源主から湖南省、江西省、湖北省、江蘇省、安徽省、河南省、山東省、東北などの食糧主産地を購入。だから、南西の地区の干ばつは広東省穀物市場供給と価格に直接影響。現在、広東省穀物の在庫は前年同期比7.8%のうち、政府の準備は前年同期比5.5%。食糧局は「上記の主産地が発生しない限り大きな災害、広東省市場予想食糧供給は大きな問題があるが、排除しない食糧市場価格が段階的小幅波動の可能性アラド戦記 rmt 。」本社ニュースの羊城晩報記者李晓莉刘玮宁報道:昨日、記者は広東省から食料局によると、南西5省(自治区、市)の干ばつが加速し、食糧生産が大きな影響を受け、市場の食糧価格は小幅な上昇。しかし、全国の穀物の在庫が十分あり、市場の供給は保障。広東食糧供給は問題がないけど「現在の南西の地区の大干ばつに私の省の稲作はには影響。しかしもう少し長い時間に雨が降って、影響を及ぼす可能性粤西、粤北のいくつか望天田の稲作rmt 。」広東省農業科学院研究員と江奕君稲が、広東省の稲作の生産の最大の自然災害は干ばつではなく、台風。また、生態係のタイプは複雑で、やせ田多;高温多湿、病虫害発生が頻繁になどの客観的要因も制約広東省の稲作生産。でも、江奕君は記者に教えて、広東省は二期稻区、一年の栽培の二つの季節なので、稲の年間生産量は非常に高く、「一ム一年とし1000キロもみとても普遍的」。夏から秋茶成長復旧最近は一週間ぐらいで、雲南、重慶、広西、江蘇省などの穀物価格が上昇市場程度のうち、雲南市場価格市斤うるち米あたりから1.89ドルまで上昇2.13元、利得13%;遅く籼米あたりから市斤1.67元まで上昇1.74元、4%利得。専門家は、市場の食糧高騰の原因を除いて、被害の影響を受けて向上のほか、主要国最低買付価格政策、インフレ期待などの要素の影響。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/mngfjdq/index1_0.rdf