がん細胞からの被害

November 23 [Fri], 2012, 11:38
がんという病を発症することで現れる症状というものは実にさまざまです。

身体の各部位における激しい痛みや倦怠感、吐き気などはもちろんのこと、呼吸困難や身体を上手く動かせないといった症状が起こることも多々あります。

これはがん細胞が人の体内で勝手に成長を続け、その周りにある健康な細胞や臓器を圧迫したりがん細胞に変化させることで起こる症状です。

そのため一度そのがん細胞を手術などで摘出すると症状が解消される場合が多々ありますが、実際は摘出してもすぐにほかのがん細胞が発生したり、そもそもそれを摘出すること自体が不可能な場合もあります。

そして結局抗がん剤を投与するのですが、これも副作用が激しいことで知られています。

このようにがんの発症は非常に多くの被害を人にもたらすものなのです。

大人になれば性病の知識は当たり前ですよ→性病の知識が無いと困ったことに・・・

性病の対策には、これがオススメです→画期的性病対策

癌は性病で

September 04 [Tue], 2012, 16:33
あまり知られていることではありませんが、実は性病の一種には癌を発症するリスクが高まるものがいくつも存在するものなのです。

その種の性病についてはみんなのくりにっくというサイトがとても詳しく解説していますが、たとえばクラミジアやHPVは癌の発症と関係が深い性病であるといわれています。

これらの性病に感染、発症したりしないことこそが、実は癌予防にはとても重要なのだということをまずは理解してもらいたいと思っています。

積極的にガン検診を

September 03 [Mon], 2012, 12:47
日本国内のガンによる死亡は、年間30万人を超えると言われ、死亡原因の第1位にもなっています。

しかし、診断方法や治療方法の進歩により、早期発見出来れば、その死亡率を格段に減らすことが出来る病気でもあります。

ガン検診は、自覚症状の無い方が、ガンの早期発見のために行うものであり、胃ガン検診、大腸ガン検診、乳ガン検診などがあります。

それぞれの地方自治体で、ガン検診の案内を行っているので、自分だけは大丈夫だとは思わず、年に一回はガン検診を積極的に受けていくようにしてください。

ガンだけで

August 31 [Fri], 2012, 16:24
ガンという名の病をひとつ発症しただけで、毎日の生活だけでなく、人生それ自体が一変してしまうことがよくあります。

まだ早期発見であれば早期治療によって早い段階で完治させることもできるかもしれませんが、もしもほとんど末期の状態でガンを発見してしまったら、そのときは残りの人生をどのように過ごすかという考えが必要になってくるのです。

このように、ガンというものは基本的に人生全体を変えてしまうほどの影響力を持っていることを知ってください。

がん治療の現実

August 30 [Thu], 2012, 15:19
現在のがん治療は、治療技術が手術や投薬、あらゆる面で発達しているため、ほぼ確実にガンを完治させることができるようになっているといわれています。

しかしそれは多くの場合、がんを早期発見できた場合に限られるとされています。

また、がん治療の際に用いることになる抗がん剤の副作用はとても大きなものであるため、今もなお多くの人が抗がん剤の投与によって苦しみながらも闘病生活を続けているといわれていることも知っておいてください。

P R