インフル・・・。 

February 05 [Sun], 2006, 16:46
インフルエンザになってしまい記事が投稿できなくてすみませんでした
今日からはちゃんと書き込んでいきますのでお許しを・・・。

次回はVenusの歌詞を載せる予定です。

徹平君って可愛いかも!! 

January 30 [Mon], 2006, 22:03
今日のHEY!HEY!HEY!でWaTが出ていました。
ですがウェンツ君が喋りまくりなのに、徹平君は大人しく話を聞いてました

ちょっとは徹平君にも話させろウェンツ君!!!
ということ(どぅぃぅことだ・・・。)で5センチの歌詞を載せたいと思います。

HEY!HEY!HEY一応載せておきますw

5センチ。   作詞・作曲・唄 WaT

午前三時君からの電話
こんな遅い時間どうしたの?
「声聞きたくなっただけ」
一言呟いてオヤスミ

友達と食事してる時も
帰り道地下鉄の中でも
五分おきに君からの
エンドレスなメール届いて

二人会えない時だって
僕は君を想ってるのに
「5センチだって離れていたくない・・・」
そう願う君が切なくて

恋も仕事も友情もすべて
現実にこなせる自信はまだないけど
僕たちが向かう明日はきっと
一つだと信じて
僕の思いは君から1ミリも離れてないよ
だから分かってほしい
心に積もった5センチの不安さえ
暖めてとかしてあげるよ

出会ったばかりの頃の君は
気が強くて弱さ見せなくて
いつも頑なに心
閉ざしているように見えたけど

僕の前で見せるあの笑顔
寂しさに俯いた横顔
初めて見る表情に
特別な何かを感じた

君が思うよりも僕は
君を必要としていて
右肩上がりに高まる気持ち
どう君に伝えたらいいの?

予想出来ない天気図みたいな君の感情に
ドキドキさせられるけど
僕たちが見上げる空はいつも
一つだと信じて
君のわがままや束縛 涙さえも愛しくて
すべて抱きしめたいよ
真っ白に重ねた5センチの願い
叶えるように約束するよ

愛も仕事も友情もすべて
現実にこなせる自信はまだないけど
僕たちが向かう明日はきっと
一つだと信じて
僕の思いは君から1ミリも離れてないよ
だから分かってほしい
心に積もった5センチの不安さえ
暖めてとかしてあげるよ

僕たちの気持ちが5センチ以上
離れませんように…

ミ・アミーゴ 

January 29 [Sun], 2006, 17:25
野ブタ。をプロデュース主題歌 青春アミーゴですっっ!!
プロデュース、微妙なところで終わってしまって少し残念ですが・・・・・。

皆さんは歌詞に出てくる言葉の意味全部分かりますか?
僕もこの前知ったばっかなんですが・・・・一応↓↓に載せておきます。

SI=英語で言うYESです。 ミ=私のって意味っす。 
アミーゴ=男(友達)です。 ミ・アミーゴ=私(俺)の友達って意味になりますね。

青春アミーゴ  
作詞 zopp 作曲 shusui/fredrik Hult/Jonas Engstrand/Ola Larson
唄 修二と彰

鳴り響いた 携帯電話 嫌な予感が 胸をよぎる
冷静になれよ ミ・アミーゴ

情けないぜ 助けてくれ 例の奴等に 追われてるんだ
もうダメかもしれない ミ・アミーゴ

2人を裂くように 電話が切れた

SI 俺達はいつでも 2人で1つだった 地元じゃ負け知らず そうだろ
SI 俺達は昔から この街に憧れて 信じて生きてきた
なぜだろう 思いだした 景色は 旅立つ日の綺麗な空 抱きしめて

辿り着いた 暗い路地裏 しゃがみこんだ あいつがいた
間に合わなかった ごめんな

やられちまった あの日交わした 例の約束 守れないけど
お前が来てくれて 嬉しいよ

震える手の平を 強く握った

SI 俺達はあの頃 辿り着いたこの街 全てが手に入る 気がした
SI 故郷を捨て去り でかい夢を追いかけ 笑って生きてきた
これからも 変わることない 未来を 2人で追いかけられると 夢見てた

SI 俺達はいつでも 2人で1つだった 地元じゃ負け知らず そうだろ
SI 俺達は昔から この街に憧れて 信じて生きてきた
なぜだろう 思い出した 景色は 旅立つ日の綺麗な空 抱きしめて


それにしても SIがある理由は・・・・!?

  ←に登録しました!!是非押してください。

今日からd゛d゛頑張ります 

January 28 [Sat], 2006, 9:18
最近の曲でゎ一番お気に入りの粉雪です。
PSPでいつも聴いてますよ。何度聴いても飽きないですょね!!
携帯でも着うたも落ちしちゃいましたょ

もぅ終わってしまいましたが1リットルの涙の挿入歌には
ピンと来る曲ですょね。


話題が少しずれてしまぃましたが
この歌詞を覚えるのに1時間半もかかりました




粉雪   作詞・作曲 藤巻亮太 唄 レミオロメン

粉雪舞う季節はいつもすれ違い
人混みに紛れても同じ空見てるのに
風に吹かれて 似たように凍えるのに

僕は君の全てなど知ってはいないだろう
それでも一億人から君を見つけたよ
根拠はないけど本気で思ってるんだ

些細な言い合いもなくて同じ時間を生きてなどいけない
素直になれないなら 喜びも悲しみも虚しいだけ

粉雪 ねえ 心まで白く染められたなら
二人の孤独を分け合う事が出来たのかい

僕は君の心に耳を押し当てて
その声のする方へすっと深くまで
下りてゆきたい そこでもう一度会おう

分かり合いたいなんて 上辺を撫でていたのは僕の方
君のかじかんだ手も 握りしめることだけで繋がってたのに

粉雪 ねえ 永遠を前にあまりに脆く
ざらつくアスファルトの上シミになってゆくよ

粉雪 ねえ 時に頼りなく心は揺れる
それでも僕は君のこと守り続けたい

粉雪 ねえ 心まで白く染められたなら
二人の孤独を包んで空にかえすから

(*´・ω・`)ノ夜露死苦ネヽ(´・ω・`*) 

January 27 [Fri], 2006, 13:42
初めまして(じゃない人もいるか・・・。)ミックン(♂)です。
上にも書いてありますがサイト:ミュジアイの管理人です。
まだHPは準備中ですが、急いで作っていますのでお待ち下さい(汗)

用事が無い限り1日1記事以上を目指して頑張りますので荒らしなどは遠慮下さい。
  ↑押してくれたら嬉しいです。↑
2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
最新コメント
アイコン画像ミックン
» ミ・アミーゴ (2006年01月29日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mneti
読者になる
Yapme!一覧
読者になる