たけたっち〜で半沢

July 31 [Sun], 2016, 15:37
景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。転職に際しては、まず履歴書にて選考を受け、これに通れば、多くの場合は面接という形になるでしょう。これまでの経験や職務について、志望動機など話をしたり、また質問されたりもすることになりますが、看護師としての能力と同様に、仕事仲間として適格な人材かどうか、人間性も観察されることになるはずです。技能や知識のみならず、人としての良い面をアピールできると、とても有利でしょう。医療機関で働く看護師は、病棟勤務か外来勤務のどちらかに就くことになりますが、外来勤務の良い所というと、日勤だけ、という部分が大きいです。特に子育て中のナースにとっては大きなメリットです。それに加えて外来勤務においては、嬉しいことに夜勤がない上、多くの場合、土日祝日が普通に休めます。勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、病院によりますが、例えば人気のある診療科だったりしますとたくさんの患者で待合室がいっぱいになってしまい、てんてこ舞いになりますし、待ち時間の長さのあまり、クレームを入れる患者もいます。勤務を続けていく上で、どういったスキルがあれば良いかはどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。一般的に、看護師が持つ悩みに多いものと言えば、職場での人間関係の難しさや勤務形態が不規則なこと等が挙げられるでしょう。どうしても、女性が多い職場になると、複雑な人間関係がつくられているところも多いのです。他にも、夜勤が必須なのも辛いものです。問題が改善されそうにない職場には、早いうちに見切りをつけ、もっと環境が良く、日勤のみの職場を探して転職するのも良いと思います。オン、オフの期間を調整できて、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを多くの中から選べるのが常勤ではなく、派遣という働き方を選んだ場合に得られるメリットです。働く期間も様々で、単発、短期、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて求職してみても良いのではないでしょうか。一般的に、看護師が持つ悩みとして代表的なものは不規則な休みでしょう。カレンダー通りの休みが取れる事はまずありませんから、休日に友人と遊んだり都合を合わせることが出来なくなるという辛さがあるようです。または、昨今の看護師不足の影響から忙しくて休みが取れないケースもあります。こうした勤務形態を離れて、規則正しい休みを取りたいのであれば、日勤で働ける病院に勤めれば良いので、思い切って転職してみるのも良いかもしれません。病院で病棟勤務に就いている看護師なら12時間交代の2交代制、8時間交代の3交代制によって夜勤勤務に従事することになるはずです。なくてはならない夜勤業務ですが、職員が大きく減ってしまい、また、夜中になって容態が急変した重体患者が出たりなど、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。そうした中で、通常の業務も並行して行なうことになり、全体の作業は、おそらく日勤を超えるでしょう。看護師が働く場所に、いろいろな診療科がありますが、中でも外科に勤務したときのプラス面とマイナス面について理解しておきましょう。これから手術を受ける患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、看護師としての技術が学べることです。良くない面を挙げると、担当患者が短いスパンで変わっていくため、長い間落ち着いて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。看護師は煙草を嗜む人が多くない印象がありますが、いかにもその通りで、看護師の喫煙率は平均を下回っているそうです。看護師は病気の患者と接しますから、煙草を吸って臭いが身体に残らないように注意している人が少なくない様子が理解できると思います。病院の統廃合続きにより、注目されているのが、医師や看護師が不足しているという問題です。日勤だけでなく夜勤でも働いて、不規則な毎日を送りながら急患対応も行い、看護師の大半は激務をこなしているのが実情です。男性看護師も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、ストレスに悩まされたり、看護師の中にはトイレに行く時間もなく便秘になってしまう人も多いというのも理解できる話です。色々な働き方ができる看護師なのですが、それでも、殆どの人は医療機関で働いているわけです。しかしながら、病院における看護業務の他にも、意外と看護師でなければできない仕事というのはあって、働く場所となるのは、介護施設、保育園、大きな企業内などです。こういった所で看護師として働く人は増えていて、競争率の高いところもあるようです。看護師はこんな風に働く場所も多いですから、ライフステージに合わせてより働きやすい環境を求めて転職する、といったことができます。今流行の「街コン」では、たくさんの出会いがありますがこのイベントに参加する看護師の方は少なくありません。同僚の大多数が女性、ということも多く、男性と出会う機会が少なく、結婚したいと思っている看護師をはじめとして、街コンへの参加は珍しくありません。看護師という仕事は、街コン参加者の中でも人気の高い職業だと言えます。ただし、せっかくいい相手が見つかっても、後々になって仕事が規則的でないということが原因で、上手くいくケースばかりではないのが現実です。最近では男性も増えていますが、女性が看護師として働いた場合、給料面においては他職種より恵まれていることがほとんどでしょう。それと関係があるのか、おしゃれな人が多くいるように感じられます。しかし、時間的余裕の少ない職業でもあります。ほとんど休めない様な病院もあって、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけというようなことがあるようです。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのがベストな形だと思います。一口に看護師と言っても様々な違いがあると思うのですが、やはり収入の面で恵まれている印象を受けます。現場においては、人の生死に関わるオペや変則的な勤務形態など大変な仕事ですが、給料で見れば平均して高水準を続けられることが特徴として挙げられます。また、景気や経済に左右されにくいことも、看護師の安定性に一役買っています。これらの高給や安定性を重視するならば人気のある職業に看護師が挙がる理由も分かりますね。仕事を続けながら、妊娠を継続させている看護師は大勢いますが、気を付けてほしいことはとにかく、放射線被曝には注意しなければいけません。エックス線撮影でも放射線治療でも、手順に従っていれば看護師が被爆する危険など、通常ほとんどあり得ないのですが、油断は禁物です。もう一つ、薬のことも病院で患者に接する中、薬にふれる機会も数限りなくありますから、気をつけないといけません。そして、立ち仕事や交代制勤務など、ハードワークで知られた業界であり、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。仕事に励みつつも、妊婦である自分の身体を守るため、必要な休憩を取るようにしましょう。多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によってどうしても体が慣れずに体調不良になる場合、日勤のみが可能な職場もあります。注意点ですが、今までの夜勤手当といった割増賃金が入らなくなるので、どうやっても夜勤のある看護師と比較して収入が減ってしまう事が多いようです。今の収入を減らしてでも、転職するのかどうか、後悔しないようにしっかりと計画する必要があります。普通、看護師としてキャリアを積んでいくと階級も上がっていきます。婦長といえば比較的想像がつきやすい役職ですよね。でも、また別に主任などの役職があるのです。最近では、学生やパートの看護師も珍しくなくなってきましたから、国家資格を持った正看護師の立場ではそれだけで役職が上がっているといえるでしょう。もちろん、役付きになればそれだけ給与が優遇されることは間違いありません。看護師資格を取ろうと思った場合、気になるのがその難易度です。実際にはどのくらいだと思いますか?資格を取得するための看護師国家試験の合格率は、毎年90%前後のようです。内容も学校の授業を勉強しておけばそれほど苦労なく合格できるものですから、それほど看護師の資格を取るのがものすごくキツイということもないみたいです。近頃は、看護師は足りていないと言えます。看護師の免許を持っていても、現在は看護師として勤務していないという方も多いです。では、看護師不足の原因はなんでしょう。それは、看護師は離職率が高いという現実に起因するものだと思います。常勤看護師のケースでは、離職率が11%を超えています。職場の大半を女性が占めており、結婚、出産を機に退職、となることも多くありますが、それ以外にも、労働環境の過酷さも、離職率アップに加担しているのではないでしょうか。看護師の職は「特殊な仕事だ」と考えられる方もいらっしゃいますが、やっぱり、いわゆる労働組合のようなものが存在しなければ下手をすれば不適切な雇用条件で勤務することになるなど、患者にも悪影響となる場合もあるかもしれません。看護師というものはストライキをすることも難しく、看護婦を雇う側がちゃんと考えてくれることが重要だということは言うまでもありません。看護師の帽子といえば何をイメージされますか?あの帽子は、看護師を目指す学生が意識を高めるための式の一場面でつけられる帽子です。料理人も帽子を被ることがありますが、より重要な意味を持ったものが看護師の帽子といえるでしょう。ですが、近頃では徐々に看護師の制服も変わってきているのが現状で、この帽子が特別ではなくなってしまう時が来るのも間もなくかもしれないのです。単に髪の毛をまとめるためのものという奥行きのないものになってしまうことも残念だと思いますが、こういったことも時代の流れなのでしょう。入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。なので、病棟勤務の経験しかないのであれば、転職して別の病院で働くことにしても、勝手知ったる病棟勤務に就くことになりそうです。それから、採血が上手くできるなど、採用時に雇用側に言っておくと、考慮され、それを活かせる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。また、夜勤が性に合うので希望する、等と伝えれば、まず間違いなく、病棟で働くことになります。大体において、業務の中身に見合った給料が支払われることになるでしょうから、とにかく希望することなどがあれば、言っておくべきです。看護師の資格を取得するには一般的に二つあり、看護大学と看護専門学校がそれです。授業の内容などはそこまで変わらないのですが違いを挙げると、大卒ではキャリアアップに有利なことが多いという点と専門学校に行った場合より、少し高い給料をもらえることが多いです。そして、専門学校のいいところは何かというと、大学より安い学費で学べて、実習が多いので、実習を生かして、即戦力となれる場合が多いことです。この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。そんな訳で、もしも職場を変えたい等を望むなら、それはかなり容易なはずで、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、自分の希望に沿う仕事先も、発見できるかもしれません。近年においては、ウェブ上のサービスとして看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどがたくさんありますから、活用しつつ、ぜひ充分に吟味を重ねて、相性のいい職場を見つけてみてください。以前はそれ程一般的ではなかった、看護師各々の能力評価ですが、これを行なう病院がかなり増えました。個人ごとの能力を測り、評価できるように、評価基準を独自に作って利用している所もあるそうです。この評価は、病院により月一のこともあれば、一年に一度だけということもあります。自分の能力評価を受け続けることで、自分がどれだけ能力があがったか、次は何を目指すか、というように考えることができますし、自分の仕事に正しい評価を得られる喜びもあり、現場では好評のようです。看護師にとって当然のことですが、やめてしまいたくなることも往々にして起こります。重要な仕事で失敗してしまったり心ない患者さんの発した言葉に傷ついたりといろいろです。しかし、やりがいがあると実感することも多々あるのです。先輩からの励ましや優しい言葉など、周囲の人々にサポートしてもらっていることを実感する日々です。勤務中の看護師というのは常に神経を使うことになりますし、こうした生活が続くと大抵、大きなストレスを感じることになるはずです。ですから、身体に負担がかかる仕事である上に、メンタル面にもつらい部分があると言えます。溜めてばかりだと良いことは少しもありません。解消の仕方を探し出せるかどうかというのは、ハードな仕事である看護師を、長く続けていきたいなら見逃すことのできない点になるでしょう。病気になって気落ちしていると看護師の支えは力強く「白衣の天使」のように見えますよね。ですが、勤務実態を見ると過酷な労働状態になっていることも少なくありません。たくさんの覚えなけばいけない事やチェックを繰り返し、酷くストレスを感じていると言えるでしょう。こうした仕事のストレスから、看護師の中にはうつ病になっている方も今では珍しくありません。看護師に多いのですが、真面目で責任感が強いタイプやストレスを溜め込みがちな方は、あまり考え過ぎないように、また気持ちをうまく切り替えられるように意識してみましょう。あまり知られていませんが、看護師で公務員になる方法があります。それは勤務先を国公立の病院にすることです。看護師は長期にわたって務められる業種で高い人気がありますが、さらに加えて、公務員の待遇もあればもっと安定性が高まりますよね。安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は何よりも魅力的だと思います。看護師さんとお医者さん。この二つの異なる点といえばなんでしょう。端的に言えば、医師は患者さんの診察と治療、予防のためのアドバイス、薬を処方することが仕事とされています。対する看護師の仕事は、お医者さんに従い、医師が診療を行う際に、その補助をすることや患者の看護を行います。私の仕事は病院事務です。日常的に、仕事上で看護師の方と接することはあまりないのですが毎日お忙しそうにしていますね。仕事と家庭の両立はただでさえ大変なのに、夜勤もあるので育児に関してはなおのことだと思います。けれど、私の心配とは無縁に、忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、自分の子供と一緒に参加している看護師さんが少なからずいらっしゃるんです。先生方も喜んで迎えられていてアットホームな雰囲気でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウト
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる