枯山水

May 24 [Fri], 2013, 13:13
庭園

枯山水は水のない庭のことで、池や遣水などの水を用いずに石や砂などにより山水の風景を表現する庭園様式。

例えば白砂や小石を敷いて水面に見立てることが多く、橋が架かっていればその下は水である。

石の表面の紋様で水の流れを表現することもある。



抽象的な表現の庭が室町時代の禅宗寺院で特に用いられ発達した。

従来の庭園でも技法として庭園の一部に用いられ、寝殿造庭園でも枯山水の部分を含み大名屋敷に造られていく回遊式庭園も枯山水を含んでいることがあったが、禅宗寺院で用いられて以降、独立した庭園として造られるようになった。

日本庭園は水を得られる場所に築くものであったが、枯山水様式の登場後は必ずしも水を使わなくとも造園が可能になった。



西芳寺(下の方は池のある池泉回遊式庭園で上の方に枯山水庭園がある)や大徳寺の庭などが有名である。

龍安寺の石庭は草木を用いず塀に囲まれた庭に白砂と15個の石組のみで表現した特異なもので、どの角度から見ても石は14個しか見えないという構図になっており、その解釈を巡っては様々な説が唱えられている。

人気の美容化粧品情報

以上はいずれも砂庭を基本とする枯山水であるが、太山寺の安養院庭園のように砂を用いず石組だけで風景を表現する枯池式と呼ばれる枯山水も存在する。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ひなたr1y9
読者になる
2013年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mn0k8v0a/index1_0.rdf