秋は語りの季節です 

2006年09月28日(木) 23時36分
うわぁぁ、夏以来の更新て。。。どんだけさぼりゃ気済むんやろな
ままま、スキンも秋仕様にしてまた頑張ります。んで、皆知ってた?
秋は語りの季節なのですよ?
いきなり寒くなって人淋しくなるとかならないとか。
ってのは、なつ子の入れ知恵なのですが

今回語りたいのは、あたしが人間として最も嫌いなタイプの人らについてですね
まぁ、一部の人間はこのあたしの語りをもう既に聞いたのでしょうが、
遂にこれをupする時が来たか!!!
ままま、早速始めようじゃないですか
簡潔に言うと、自分のことは棚に上げて、他人のことばかりにぎゃーぎゃー騒ぐ人
簡潔じゃねーな要するに弱音または文句を連発する人ですね。
何が嫌かって、あたかも「自分のせいで起こったことじゃない」みたいに振舞ってるとこですよ。
そして、聞かされる人の気持ちに全くなれない無神経さ。
誰も個人の「もうほんま終わってる」みたいなこと聞きたかないわけですよ。
どうしよう、って相談されてるなら、あたしもちゃんと聞いて、最善のアドバイスしますよ。
でも、こういうのって、自分悪くないと思ってるから誰の前だろうと文句言うわけやんか。
違い、わかる?相談文句
でもさ、よく考え。。なくたって、悪くないんなら何にも起こるはずないやん。アホかよ!!ってなる。
こういう自分の欠点見抜いて直そうとしない自称完全主義人間にはついダメ出しをしたくなる。
ってか、ダメ出しというより、それ自体が人間として尊敬できない要素に見える。
本当に、こういう人間はいくらオールマイティでもまじで軽蔑します。
って、何かラストの締めが思いつかないエンディングになってしまったから、こういうときはカッコ悪く

終わり!!!(って言いますw)

Time of Your Life 

2006年08月04日(金) 22時32分
Good Riddance
Greenday -From album "Nimrod"

Another turning point
A fork stuck in the road
Time grabs you by the wrist
Directs you where to go
So make the best of this test
And don't ask why
It's not a question
But a lesson I learned in time

It's something unpredictable
But in the end it's right
I hope you had the time of your life

何回聴いても泣きそうになるぐらい大好きな歌
人生の意味なんてわからなくたっていいのさ。
知ろうと思ったって知れるもんじゃない。
それを教えてくれるのはだけなのさ。
とりあえず、聴いてみます?

Don't Worry 

2006年08月03日(木) 20時56分
アメリカ行って、やっぱり大好きだな、っていう言葉が多いことを改めて思い知った。
ニュアンスが違うから、英語だからこそスキ。そのひとつがこれです。
Don’t Worry!
お気楽な感じだけど、言われると本当に不思議なぐらい気が楽になる
ほんまに不安なことが多かった私にとってはこれが魔法の言葉のように思えました。
心配しなくても大丈夫だよ!
たった2言でも、こんなに安心させてくれるのは何でだろう?
短い言葉の中にこそ、彼らの気持ちがたくさん詰まっている。
そう思えるのは本当にステキなことだと思う。
これからも、そんな魔法の言葉に出会えて行けたら幸せだなと、飛行機の中で考えた夜でした。

行きたくねぇぇぇ!! 

2006年06月24日(土) 15時24分
さぁさぁ。。。TIPまであと2週間と迫ってしまいました。
もう、今切実に言えることと言えば
まじで行きたくなぁぁい!!!
なにが嫌って勉強ばっかりなとこ
しかも何せ全部が英語だってこと
やってけるかっちゅうねん!!!
日本語に依存しちゃってる毎日なのに!!!
宿題まであるとか。。。あるとか!
ああ。。。もうきっと死んでしまうんだろうな。

If I put on my mask... 

2006年05月29日(月) 23時00分
If I put on my mask
I know what will happen
People use people to every kind of purpose
Even if you don't notice it...
Sad thing, but that is the reality

I know what's gonna happen
I'll use people to forget my loneliness
I won't put my mask on
cause I know what will come to me

To cure my loneliness
I will keep talking on and on..
----------------------------------
和訳 もしもマスクをつけたなら

もしもマスクを口につけて黙ったならば
何が起こるかなんてわかってる
人は何かを成すとき、必ず人を利用する
それは、自分がわかっていなくても
それが現実

何が起こるかわかってる
人がどんな時も人を利用するならば
私は孤独を忘れるのに利用する
私はマスクをつけたりしない
だって、何が襲ってくるかなんてわかってるから

孤独を癒すために
私はずっと話し続ける。ずっとずっと。。

ロストマン 

2006年05月17日(水) 22時39分
"君を忘れたこの世界を 愛せた時は会いに行くよ"

戻れないこの道を遡って
もう一度君に会えるのだろうか

選びそこなったかどうかもわからない道を辿ってきてしまったこの道から
間違わずに君のもとへなど行けるのだろうか

忘れてしまった君をもう一度思い出せるのだろうか

迷っていたら時間が経ってしまった
君は元気でいるのだろうか
僕の歌声がまだ届いていたらいいのにな

ぐずぐずしてても仕方がない
"どんな風に夜を過ごしても昇る日は同じ"
なのだから

とっくに気付いていただろう
いくら待っても君は帰ってこないのだということ
世界の鍵を握るのは僕だということ
そして、まだ手遅れではないということをひたすら祈っていたこと

"破り損なった手作りの地図"
まだ破らずに僕の手の中にある
現在地はついている
コンパスも動き出した
"さぁ、行こうか ロストマン"

僕は必ず君にもう一度会いに行く

"間違った旅路の果てに"

引用:ロストマン/BUMP OF CHICKEN様

偶像崇拝について 

2006年02月28日(火) 22時24分
長いこと更新してませんでしたねぇもう、我ながら呆れるぐらい
その分何か今日は長いエッセイが書けそうな予感がするさぁ

今回のテーマは偶像崇拝です。はい、国語です(笑
魯迅の“故郷”って話読んで意味を知りました。しかも言葉ノートで
軽くおさらいすると、「絶対的な権威だと盲信すること」from広辞苑を手短にしたもの
もっと簡単に言うと、自分が思う絶対的なもの(偶像)を信じこむことだね
これの対象は結構いっぱいあると思う。妄想とかオッカケとか(笑
でも、偶像崇拝ってのはもっと身近にあるもんやと思います
そもそも人間というのは自分の宇宙の中からは一生出ることの出来ないもので
相手と心が通じ合うなんていうのも勝手な思い込みかも知れない。
だとすれば相手が必要になってくるもの、恋愛、友情なんてものも
単なる偶像崇拝になるのではないか、魯迅が言うように。
そうは言いながらも人間はこういったものに溺れて
時に勘違いとか別れとかまた新しい出会いとかがあって
そんなことには逆らえない自然の定理をひしひしと感じますねぇ

あんまり長くならん上にまとめが微妙やったとかいう感想
今更ってぐらいわかってるんで結構ですよ
ほいじゃあ寝るわ〜

続!とりつかれ名言集 

2006年01月09日(月) 18時10分
長いこと放っといたけど、名言また書きます


Bridget
"In this place it seem nothing will happen
you know..."
「嫌なことを全部忘れられるから」
ブリジットはサッカー好きで、この夏
サッカーキャンプに来ています
いつも明るく振舞うブリジットだけど、その裏には
母親が自殺したという暗い過去があります
*これは、彼女がサッカーのコーチに
 「何故そんなに走るのがすきなの?」って聞かれて言った言葉で
 彼女はいつも嫌なことがあると走って忘れようとします。
 でも、本当に彼女に必要なのは、立ち止まって
 考えることだってことを、この夏知りました。
 嫌なことを忘れることが出来ないぐらい追い詰められてるのに
 それを明るさに変えていけるブリジットはめっちゃ強い子やと思う。

Carmen
"I feel like I'm a stranger that doesn't belong to you anymore"
「透明人間になったみたい。誰も私のことなんて見えないの」
カルメンは、この夏離婚して離れて暮らす
パパのところに遊びに行って、過ごす予定でした。
でも、パパには婚約者がいて、
カルメンはパパの家について初めてそれを知りました
カルメンはひねくれて、婚約者やその子供に嫌味を言ったり
とにかく彼らに迷惑をかけて過ごしていました
でも、誰もカルメンの気持ちを分かってくれません。
*わかる、うちもたまにこんな感じ(笑
 最後はカルメンはパパに電話で気持ちをぶつけます。
 パパは泣いて謝って、自分は愛されてるって自覚して
 パパの結婚式にも出席できるぐらいに自信を持てました。
 そんな大切なことを教えてくれたカルメンに拍手


まぁ、私の「トラベリングパンツ」の研究はそんな感じです。
小説も面白いから、ぜひ読んでみてな

皆無 

2005年12月12日(月) 22時31分
へぇ〜ふぅーんほぉぉ

ってえっ!?

あなたのビッチぶりにびっくり仰天
そこまで嫌なやつなんだ
それで「自分が嫌や」とか、たわごと抜かしてんの
その皆無な夢が実現しないに100万円賭けるわ
性格いい doesn't mean 誰にでもいい顔する you know?
そこまでして自分を正当化したいあなたがわからない!
ある意味fuckin mouthよりひどいよあんた

瑞樹流詩の書き方 

2005年12月10日(土) 14時59分
これはエッセイと言えるものなんだろうか。。
でもでも、うちがエッセイって言ったらエッセイやねん(誰
NUTSのリクがいつまで経っても終わらないので、
原点に戻ってみようと言うことです(笑
皆さんも、これを機会に瑞樹流の入門でもいかがでsy・・・

色々パターンありますが、most typicalなやつで
@音楽に影響され、気に入ったフレーズを書き出す
A書き溜めたフレーズで似たようなものを組み合わせる
ここで原型が完成
B原型(?)に合ったシチュエーションを考える
大抵経験したものがベース
Cの全部を組み合わせて文章にする
完成

これが実はかなり難儀なワザなのですよ
もう、朝から晩まで考えて最後は死にそうになってたり
ちょっとネタバレしちゃったけど、これを繰り返し、
ボツを作って食って寝て
今までに出来たのがたったこれだけ。。。ということです
mmnの888番!絶対メールしてな!
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mmn-essay
読者になる
Yapme!一覧
読者になる