医師の精神的負担

September 03 [Mon], 2012, 18:10
今の職場に不満を感じて転職を望んでいる医師は多いです。

激務の割には給料が少ないとほとんどの医師は感じています。
年収的に見ると普通に働いている人よりはいいのですが、人の命を預かる仕事と考えると少ないのです。
医師の精神的負担は想像以上なのです。
勤務先にいるだけでも相当な気疲れはすると思います。

転職情報を得たいのならネットの専門サイトが便利です。

医師の職場も一つとして同じ方針をとっている所はないので、思い切って職場を変えて転職してみるといいです。
同じ仕事の量でも職場の方針次第で精神的負担が軽減される場合があります。
医師の中には働いている職場とは別の医療機関でアルバイトとして勤務して、ある程度お金が貯まったら独立する人がいます。
その方がゆとりがありますからね。

医師でなくてもどの職業でもそうですが、精神的負担はかなりの天敵です。

気持ちが落ち着かないまま仕事をしてもまず上手くいきません。
ミスが多くなりとんでもない事態を起こしてしまいます。
そうなる前に転職を考える必要があるのです。

常勤できついのなら非常勤に転職してというのもあると思います。
給料的どうこうというより精神的ゆとりを持って患者さんに接することの方が大事だと思います。
それに自分を酷使しても良いことはありません。
体を壊したり心が病んでしまって休職せざるをえない人も結構多いのです。
中には職場復帰そのものが困難な人もいます。
そうなっては折角苦労して取った資格も生かされませんし、医師を頼りにしている患者さんも困ってしまいます。自分の自己管理は患者さんにも影響することなのです。

過労ならそれなりの休息が必要なのです。
その休息がとれないのなら仕事の量を減らすしかないのです。

自分の精神感情と向き合って合う職場に転職するといいです。
環境が変わるだけでも気分的に良くなる人も中にはいます。
それだけでもだいぶ働く気分が変わってくるのです。
精神的負担を考えて働く方が将来的にもいいのです。プラスになります。
プロフィール
2012年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mmmm3456/index1_0.rdf