Adobe、iPad向けにスケッチブックアプリをリリース / 2010年04月07日(水)
 米Adobe Systemsは4月5日、iPad向けのスケッチブックアプリ「Adobe Ideas」をリリースした。App Storeから無料でダウンロードできる。

 このアプリでは、iPadのタッチスクリーンをスケッチブックのように使って絵を描いたり、写真に注釈を付けることができる。描いたスケッチをPDFファイルとして電子メールで送信し、IllustratorやPhotoshopで編集することも可能だ。 4月7日18時59分配信 ITmedia News
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000047-zdn_n-sci
 
   
Posted at 23:33/ この記事のURL
ソフトバンク、カーナビ通信定額プランを提供へ 月額210円 / 2010年04月07日(水)
ソフトバンクモバイルは、自動車純正のカーナビに接続する場合に限りパケット通信料がパケット定額サービスの定額対象となる新サービス「カーナビプラン」を4月15日より提供を始める。

[関連写真]

カーナビプランは、パケット定額サービスのオプションサービス。現在加入しているパケット定額サービスの料金に月額210円の追加で、ソフトバンク携帯電話(Bluetooth接続)を利用したカーナビのパケット通信が定額対象となる。

また同社では、サービス開始日より 2010年6月30日までの期間、「カーナビプラン」の月額使用料およびカーナビのパケット通信料が無料となるキャンペーンを実施する。

カーナビプランへの申し込みは会員サイトの「My SoftBank」から可能。7月1日よりお客さまセンター(157)でも受付開始予定だ。

《レスポンス 北島友和》

【4月7日17時21分配信 レスポンス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000025-rps-sci
 
   
Posted at 22:02/ この記事のURL
信号トラブルで折り返し運転のJR南武線が運転再開/神奈川 / 2010年04月07日(水)
 7日午後4時20分ごろ、JR南武線武蔵溝ノ口駅構内で信号トラブルが発生。同駅と武蔵中原駅間の上下線で運転を見合わせ、川崎〜武蔵中原間と武蔵溝ノ口〜立川間で折り返し運転を実施していたが、同5時8分に全線で運転を再開した。

【4月7日17時30分配信 カナロコ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000018-kana-l14
 
   
Posted at 21:30/ この記事のURL
鉄鉱石2倍石炭50%値上げ  デフレ日本経済を直撃 / 2010年04月07日(水)
 日本の大手鉄鋼メーカーと海外資源大手の間で続けられていた製鉄原料の2010年度の価格交渉がほぼ決着した。大幅な値上げになり、今後、鉄鋼製品価格にどこまで転嫁できるかが注目される。デフレに苦しむ日本経済にとって、「悪い値上がり」がさらなる重荷になりそうだ。

 3月29日に鉄鋼大手とブラジルの資源大手、ヴァーレの間で、鉄鉱石の交渉がまとまり、10年4〜6月期は09年度より約9割高い1トン当たり約115ドルとなった。

■日本の産業界全体で負担増は3兆〜5兆円

 併せて、従来は年間契約だったのが、10年度は3カ月ごとに価格を改定することになった。いずれも日本側が渋々受け入れたもの。2倍近い値上げと、長期にわたって安定的に引き取ってきたこれまでの「長年の信頼関係」があっさりと覆された格好だ。

 これより前、鉄鋼大手と英豪系資源大手のBHPビリトンは3月初め、製鉄原料用の石炭の価格について、やはり3カ月ごとに決めることで合意、4〜6月期は09年度比55%値上げして、1トン当たり約200ドルとすることを、日本側は受け入れた。

 こうした大幅な値上げは、いずれも海外資源大手側の要求をほぼ丸呑みさせられたもので、日本に重くのしかかる。シンクタンクの試算によると、この値上げが10年度通年続き、09年度と同量を輸入すると仮定すると、日本側の負担増は鉄鋼石で7000億円、石炭で1兆円という巨額になる。原油など他の資源の値上がりも含め、日本の産業界全体では10年度の負担増は3兆〜5兆円にもなるとの指摘もある。

 こうした資源価格上昇を解くキーワードは寡占、中国の二つ。

 鉄鉱石の場合、資源大手のシェアは、ヴァーレ32%、リオ・ティント(英豪系)22%、BHP16%と、3社で7割を占め、石炭でもBHPが約3割を押さえるなど寡占が進んでいる。これに対し、需要サイドの鉄鋼業界は、わが国最大手の新日本製鉄で粗鋼生産のシェアは僅か2%余りにすぎず、交渉力は発揮できない。自社で鉱山を保有するなどの対応でも、日本の鉄鋼業界は世界最大手、アセロール・ミタル(インド)などに比べて大きく後手に回っている。

 中国が世界で資源を買い漁っている影響も極めて大きい。今回の交渉でも、国際的な小口のスポット価格の高騰が響いた。スポットの多くが中国向けで、09年の中国の粗鋼生産量が前年比13%増の5億6700万トンと急拡大が続けていることが原料の国際価格を押し上げているのだ。

■大手鉄鋼は製品値上げに向かう

 増加する負担分を誰がかぶるか。大手鉄鋼は鉄鋼製品を値上げして負担を転嫁したい考え。すでに鋼材問屋むけには4月出荷分から20%程度の値上げを実施。さらに相対取引の大口ユーザーである自動車、電機とも交渉を進めているが、先行きは不透明だ。資源価格が過去最高になった08年度は、リーマンショックまでは自動車、電機は比較的好調で、トヨタが07年度比約3割の値上げを飲むなど、一定の値上げを受け入れる余裕がユーザー側にあった。ところが今回は大幅赤字が続出し、コスト削減に血眼になっており、簡単に値上げを受け入れるわけにはいかない。

 デフレの日本で、資源価格上昇に伴い物価がプラスになれば、デフレ退治にプラスのようにも思える。だが、デフレは需要不足(供給過剰)が主因。雇用不安や賃上げ低迷などで需要回復が見込めなし中で原材料だけが海外要因で値上がりするのは「悪い物価上昇」。需要不足だから、結局、小売価格は上げられず、生産・流通のいずれかの段階で資源高の分を吸収するしかない。実際、中小企業の多くが原料価格を価格に転嫁できず、むしろ一層の価格引下げを求められるという板ばさみに苦しんでいる(信金中金総合研究所などの分析)。

 資源価格上昇は、低迷する日本経済に一段と打撃になるのは間違いない。


■4月7日11時32分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000000-jct-bus_all
 
   
Posted at 20:29/ この記事のURL
【iPadレビュー】iPadのWiFi通信をテストしてみた / 2010年04月07日(水)
WiFiだけで大丈夫かな〜。

なにせ3GがないWiFiモデルだけしかない今、WiFiの性能はとっても気になるところ。iPhone 3GSから退化してないか、確認してみましたよ。

まず私がiPadを買ったのはフロリダ Tampaのインターナショナルプラザ・アップルストア。買ってすぐにショッピングモール内のベンチに陣取り、MacBook Proと iPhone 3GS、買ったばかりのiPadをいきなりWiFiにつなげてみました。

理由はいくつかあると思いますけど、iPadとiPhoneが検知したアクセスポイントは明らかにMacBook Proよりも少なかったです。さらにアップルストアのアクセスポイントに限っていえば、iPadが120フィートほど離れると電波が切れてしまったのに対し、iPhone 3GSはさらに10フィートほど粘って切れました。

家の近くでのレストランでもだいたい同じ傾向。iPhoneよりもWiFi電波をロストするのが早いです。とはいえ一度コネクションを確立して移動さえしなければ特に問題なく、他のアップル製品と同じパフォーマンスを発揮してくれますよ。


Rosa Golijan(野間恒毅)

【4月7日14時20分配信 ギズモード・ジャパン
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000311-giz-ent
 
   
Posted at 20:00/ この記事のURL
「鉄鬼」に新マップ「MOON-6」実装――アップデート記念イベントも / 2010年04月07日(水)
 ゲームヤロウは、オンラインメカニックアクション「鉄鬼」において、新マップ「MOON-6(ムーンシックス)」を実装し、同時にアップデートを記念したイベントを実施すると発表した。

【拡大画像や他のゲーム画面】

 「MOON-6」は、月面のクレーターに築かれた鉱物基地を舞台に、貴重な資源を巡った攻防戦が繰り広げられる。マップは、月クレーター内の中央を貫く橋によって拠点が区分けされており、橋の下には煮えたぎる溶岩が満ちている。そこに落ちると、機体は跡形もなく溶けてしまう。迷路のように入り組んだ坑道内をどう攻略するのかがカギとなりそうだ。

 また、アップデート記念イベント「MOON-6 占領作戦」では、期間中に「鉄鬼」にログインしてプレイすると、全サーバーで獲得経験値とポイントが20%アップする。実施期間は、2010年4月9日(金)〜4月11日(日)/4月16日(金)〜4月18日(日)午後7時〜午後10時の時間帯。また、4月10日(土)と11日(日)午後7時〜午後9時に、ジェイムス中隊長が作るルームに入室して、中隊長と一緒にプレイした人の中から「ジェイムス中隊長の独断と偏見による」抽選で魅力的なアイテムが贈られるイベントも実施される。

【4月7日17時54分配信 ITmedia Gamez
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000034-zdn_g-game
 
   
Posted at 19:30/ この記事のURL
イ・スファン、シュートボクシング「維新」参戦 / 2010年04月07日(水)
【ソウル7日聯合ニュース】総合格闘家のイ・スファンが、11日に東京・後楽園ホールで開かれる立体総合格闘技シュートボクシングの25周年シリーズ「維新−ISHIN−其の弐」に出場する。
 イは日本の前スーパーウェルター級王者・金井健治と対戦する。先月から日本で訓練を続けているイは、マネージメント会社を通じ「試合まで時間があまり残ってないが、良い結果を出せるよう努力する」とコメントした。
 延世大学体育教育学科出身のイは「K−1 FN KHAN 2007」でチャンピオンとなり、格闘技界で注目を受けている。
japanese@yna.co.kr 4月7日18時52分配信 聯合ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000028-yonh-spo
 
   
Posted at 19:02/ この記事のURL
<自転車>日本初! 親子で楽しめたロングライドの「親子ブルベ」 / 2010年04月07日(水)
 東京都自転車競技連盟が運営する「TCF親子ブルベ」が4月4日、埼玉・荒川サイクリングロードを中心にして開催された。1回目とあった参加したのは13組の親子だったが、40kmの距離を速い親子は2時間強の時間で、遅い親子でも制限時間を少しオーバーする4時間半強で完走した。

 ブルベとは長距離サイクリングの実力認定制度。日本のブルベを統括するオダックスジャポンでは世界基準の200km、300km、400km、600km、1000kmなど長い距離で実施するため、日本では子供の参加が認められていない。
 そこで同連盟の普及委員会では、親子でも楽しめる距離40kmのプチブルベを企画したのだ。
 早く到着した親子には、ボトル拾い、肩を組んでのスラロームなど、普及委員会の自転車教室におけるいくつかの課題をこなしてもらう。協賛企業のアキコーポレーションからの協賛品などを参加賞として渡して、さらに当日はキリスト教の復活祭ということもあって、草むらに彩色したイースターエッグを隠して子供たちに探させるゲームもした。
 普及委員会では、今後も自転車競技普及のために、各種イベントやスクールを予定しているという。今回は自転車に乗れる子供なら年齢制限はなかったが、自転車学校でも2つの流れがあり、京王閣におけるトラック走路を使ったもの、下総フレンドリーパークにおけるロードレースのシリーズ戦も予定している。
 子供ブルベも、秋には里山を使ったステップアップ版を予定しているという

●ルート
「秋ヶ瀬公園」羽根倉橋側10:00スタート→CP1「ホンダエアポート」(CPクローズ予定12:00)→CP2「榎本牧場」(CPクローズ予定13:00)→「秋ヶ瀬公園」(クローズ14:30)

【4月7日0時58分配信 サイクルスタイル・ドットネット
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000000-cyc-spo
 
   
Posted at 14:49/ この記事のURL
NumLock問題対応、USB2.0機器を2台つなげるUSBテンキー「BSTKH02シリーズ」 / 2010年04月07日(水)
 バッファローコクヨサプライは4月5日、側面にUSB2.0対応ポート2つを備えるテンキー「BSTKH02シリーズ」を5月中旬に発売すると発表した。シルバー/ホワイト/ブラックの3色が用意される。価格は2090円。

 キーピッチは19ミリで、デスクトップ用キーボードのピッチと同じサイズ。多くの電卓で採用されている「00」キーを採用している。大きさは、88×130×18ミリ(横幅×奥行き×高さ)、重さ110グラム。

 NumLock問題にも対応している。これは、USBテンキーのNumLockをオンにすると、接続したパソコン側もNumLockがオンになってしまい、キーボードの一部が数字キーになってしまうという問題。BSTKH02シリーズでは、本体側とUSBテンキー側のNumLockを同期させない設計になっている。

 また、本体側面に2つのUSB2.0対応ポートを装備している(パソコン側がUSB1.1の場合、USB1.1ハブとして機能する)。【岡田大助】

【4月6日20時39分配信 誠 Biz.ID
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000068-zdn_b-sci
 
   
Posted at 13:33/ この記事のURL
ツイッターのドメイン  日本企業の取得認めず / 2010年04月07日(水)
 日本支社を設立していない米ツイッター社がまだ取得していなかった支社想定のドメイン名「twitter.co.jp」。これを日本のほかの企業が取得し、紛争処理パネルの裁定にまで持ち込まれるトラブルがあった。その背景には、支社を設立しないとドメインを取得できない制度そのものの問題もあるようだ。

 ツイッターのドメイン名は、日本語版でも「twitter.com」になっている。ところが、米ツイッター社は、日本支社に当たる「twitter.co.jp」はまだ取得しておらず、それが東京都内でITコンサルティングをしている日本企業に取得されていたのだ。

■約260万円で譲りたいと連絡

 これに気づいたツイッター社が2010年1月28日、日本知的財産仲裁センターの紛争処理パネルに裁定の申し立てをした。しかし、ドメイン名を登録していた日本企業は、提出期限の3月3日までに答弁書を提出しなかった。結局、パネルは同31日、ツイッター社にドメイン名登録を移転するよう日本企業に命じる裁定を下した。

 裁定によると、ツイッター社は「TWITTER」「ついったー」で商標登録しており、日本企業取得のドメイン名は混同させるほど似ている。また、この企業は、ツイッター社と業務提携関係などはなく、同社が商標使用を許諾したこともなかった。

 さらに、この企業は、ツイッターの「おすすめ」ユーザーへの推薦を募るような投票サイトをツイッター社名で開設。ドメイン名を09年11月25日に取得してから1か月ほどしか経っていないのに、ツイッター社に2万ユーロ(約260万円)で譲りたいと連絡してきた。そして、企業の社長は、自分を「おすすめ」ユーザーに加えてほしいと言ってきたというのだ。

 ドメイン取得費用は高くて1万円ほどのため、これは商業上の利得を得るため、不正の目的で登録したと断じた。

 今回は、ツイッター社が日本支社想定のドメイン名についての裁定で勝訴した。とはいえ、日本でもツイッターが2006年から利用できるようになったのに、なぜ「twitter.co.jp」を早く取得しようとしなかったのか。

■取得企業「余っていたので取った」

 ツイッター社の代理人をしている鈴木康仁弁理士は、こう説明する。

 「汎用の『twitter.jp』については、日本に連絡先があればいいので、取得しました。しかし、法人用の『twitter.co.jp』については、要件が厳しく、日本支社を設立・登記していないと取得できません。これから取得しようと考えていたところ、先に取得されてしまったということです」

 まだ日本支社を設立していないが、裁定が出ると、特例で「twitter.co.jp」を暫定的に保有できるという。日本企業に対しては、「ドメイン名を取得する必要性はないはずです。何かのビジネスをしようとしていたなら、業務提携を申し込むなどしてほしかった」と話す。

 一方、敗訴した日本企業の社長は、取材に対し、こう弁解する。

  「ツイッター側は、最初買い取りたいという話でしたので、譲渡額をユーロで言いました。しかし、ユーロの換算ミスで、ケタ数を間違えて伝えてしまいました。その後、裁定の申し立てをされ、こちらは何の手立てもありませんでした」

 答弁書を提出しなかったのは、締め切りが1日ずれて間に合わなかったためとしている。裁定はやむを得ないとして、裁判所への不服申し立てはしないという。

 日本支社でもないのに、「twitter.co.jp」を取得しようとした理由については、こう言う。

  「twitterのほかのドメイン名はみな取得されており、余っていたので取ったということです。売買目的ではなく、堀江貴文氏らの有名人を取り込みながら、ツイッターユーザー自らも有名になれるサイトを作る新規事業のためでした。ツイッター社の名前を使ったのは、同社と無関係との一文を入れるにシステム構築がまだ間に合っていなかったからです」

 いずれにせよ、海外企業がドメインを取得する制度に抜け穴があった面は否めない。鈴木弁理士によると、同様な申し立てや相談が相次いでいるといい、何らかの環境整備が今後求められそうだ。


■4月6日21時22分配信 J-CASTニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100406-00000006-jct-sci
 
   
Posted at 12:55/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
  | 前へ  
 
Powered by yaplog!