ある日の腹筋

February 29 [Fri], 2008, 14:04

先生は冷静デス。

巾着を作る

February 24 [Sun], 2008, 14:48

バレリーナ柄の布で巾着を作ってみました。


シソンヌちゃん入れかー!?


いえいえ、ポワント入れでしたっ。
巾着ごときに2時間もかかってしまった…

着物写真イロイロ

February 23 [Sat], 2008, 17:30

紬にアンティークの羽織。
思ったよりスッキリしててなかなか良いかも〜。


まきちゃんの妹さんのお友達の展覧会に行った時の姿。
だいぶクドイコーディネートで熱心にポートフォリオを拝見。
多摩美で日本画を勉強されてて、大学院卒業後には修復の仕事に就くとか。
いやぁ、絵を観ただけで分かりますが、相当優秀な方ですぞっ。
ジャンルは違いますが、私も頑張らないといけません。

結婚式で司会をしてくれた脇本カオルさんの舞台に行った時の姿。
家で撮ったらドンヨリした背景になっちゃいましたけどネ…何か変な霊でもいるんだろか…
しかもコーディネートがクドすぎて、前からは見せられませんっ!
って後ろから見ただけじゃ羽織しかワカランですけどね。
いやぁ〜、写真で見たらなんだか気持ち悪くて〜(←ってどんなコーディネートだ!?)
で、舞台の方は「間違いの喜劇」を元にしたお話で、歌アリ、踊りアリ、で楽しかったっ。
前に小栗旬バージョンを観ましたが、アレは双子を小栗旬二役でやってたんですが、このお芝居はいさぎよく別々の俳優さんがやってたので、こういうやり方もいいなぁと。
というのも二役でやってしまった場合、最後に2人が出会うシーンで、「アンタ、誰?」的な俳優さんが出てこざるを得ないわけで。
となるとちょっと興ざめなのよネ。



そしてまきちゃんのお姿。
お美しぃ〜〜!

ニャンニャンニャンの日

February 22 [Fri], 2008, 13:55
というわけで、母から送られてきた画像。

ギャー!!!オバケェーーー!!!

じゃありません。
実家で溺愛されてる子です。
まこもビックリのブサイクっぷりだ…

本を読む

February 21 [Thu], 2008, 18:10
ミヒャエル・エンデが好きなんですが、エンデが書いた本はだいたい読んじゃったので、今度はエンデについて書かれた本、エンデが影響された本を読んでみよう〜!というわけで、そしたらやっぱシュタイナーははずせないでしょっ!というわけで読んだ本が神智学

2,3行読めばすぐ眠くなれますよ…(←何の宣伝?)

いやぁ〜、でも「難しい本を読んでる自分」に酔う事ってないですか?え?無い?
もしくは、ガツーーンと来る本を読破した自分に酔う、とかネ。(←どっちにしろ酔う)
三島由紀夫の「豊穣の海」シリーズを読み終えたときのあの充実感…というか満腹感!
もうしばらく三島ノーサンキュー的な。

…ただのMかしらん…

ようやく「神智学」を読み終えても神秘学概論 も借りちゃってまして…一冊で満腹なのに。
でも頑張りますけどねっ。

エンデ関連ではM・エンデが読んだ本 は、一筋縄じゃいかない難解なモノが多くてこれまたガツン系、ミヒャエル・エンデ―物語の始まり は、エンデが若かりし頃どんな人だったのかが良くわかって、エンデズキなら最後まで興味深く読めます。
他にもちまちまとエンデ本を読むぞっ。

エンデと関係ないけど鈴木晶先生のバレエへの招待 を読んだらとっても分かりやすくて面白かったので、勢いでバレエ誕生を読んだらこれが実はガツン系…というか教科書でしょコレ…。
一方で、自分としては珍しく、最近の作家さんのを読んでみたところ(山崎ナオコーラ人のセックスを笑うなとか長嶋有猛スピードで母は とか)、
とにかく読みやすいっ!
特に「人のセックスを笑うな」なんて30分で読めちゃいました。
速読か!?
読みやすいのを読むとガツン系が恋しくなります。
でも実際なかなか進まなくて疲れるし、読みやすそうなのをいっぱいこなすのもイイかも…交互に読むか!
それにしても、全く脈絡の無いチョイスだな

友達の赤ちゃん

February 13 [Wed], 2008, 21:58

去年お友達のるりかけすちゃんが男の子を産みまして、ちょくちょく遊びに行っていじってるわけですが、もうほんっとに可愛いっっ!!!!
泣いたり泣きやんだりを繰り返してるサマを見て
「泣かないでっ!泣かないでよぉ〜!泣いちゃうのぉ〜?もぅ〜〜バァ〜〜〜〜〜〜〜〜
なんてやってる自分の姿は世界のナベアツよりアホになってます。
全く無責任にいいトコ取り出来る立場ってのは美味しいわっ。
親は本当に大変でしょうけどねぇ。

写真はこないだ作った布人形。
着せ替え、頭替え出来ます。

February 12 [Tue], 2008, 22:54

今年は雪が多いです。
というわけで、漢字ランド最新号。
ホームページに載せてる作品がどうにも古くなってきたので、色々追加しようと思ったらっ!
容量がギリッギリでもう追加は出来ず、入れ替えせねばならない事が判明…激しくめんどくさいので、ひとまずこっちに載せてみました。

演劇に対する独り言

February 10 [Sun], 2008, 0:41
少し前の話ですが…
MODA・MAP「キル」二回目、うっかり涙腺が緩んでしまいました…妻夫木クンなのにっ!
いや、やっぱり作品が素晴らしいですからねっ。
「俺はまだ、産まれていないのか?」
という台詞を聞いた時のあの何とも言えない安堵感…
ハァ…(←余韻に浸る)
ただ、野田氏の声が枯れてたのにはビックリ…
残念というより、ただただビックリ、です。
そんな事もあるんだ…と。

で、こんな本を読んでみました。
80年代小劇場ブームの熱気が存分に味わえます。
この頃から今現在まで、野田秀樹が常に第一線で活躍してる事に改めて驚愕!!
しかも、今だにあんなに可愛く子どもを演じられるなんてっ!!
役者としても他の追随を許しませんねっ。(私ってば、完全に野田信者かー!?)

この本を読んでると、色んな俳優さんの名前が続々出てきますが、知らないな〜と思うと概ね「その後姿を見ない」とか「その後消えた」とか「役者を辞めたようだ」とか、世知辛い記述が…厳しい世界よのぉ…。
で、思いました、自分がひとつの劇団の栄枯盛衰を見たのはやっぱり惑星ピスタチオ(←佐々木蔵之介クンがいたとこ)だよな〜と。
で、ついつい、平和堂ミラノ(←誰も知らない?)今どうしてるかな〜?と検索してみたら、5年前に亡くなってた…

サヨウナラ、私の青春。

なんてつぶやいてみたり。
(あ、こないだもつぶやいてたな、そう言えば。)
いやぁ…ほんとにショック。
勢いよく東京進出してきて、パワーマイムが一世を風靡、ピスタチオの役者さんが客演すると、どこでもパワーマイムをやらされてたあの時代。
凄い熱気だったわぁ〜。
その後のあからさまな転落ぶりもある意味鮮やかだったわけですが。

思うに、最近の自分の観劇数激減の原因を考えてみると、良く芝居見てた頃の劇団やらユニットやらが、今現在開店休業状態のとこが多いんですよねぇ。
時代は流れます…。
(まぁ、それだけが原因じゃないですけど)
だからと言って、新しい劇団を開拓する気力もなし。

なんていう、グチともつかない独り言、デシタ。

絵本「シンとらくだ」

February 02 [Sat], 2008, 16:33


2冊目の絵本、出来ましたっ。
とは言え、出版社が残念な事になりまして、仕上がった絵本も作者のもがみさんに送ってもらった次第です。
このまま幻の絵本となってしまうのでしょうか…?
「サバンナの金メダル」「かえるのケロップの物語」はまだアマゾンで買えるようですが、「シンとらくだ」は全く流通してません。
池袋画荘もつぶれるし、世知辛すぎます…。
万一絵本ご要望の方がいらっしゃいましたらご一報下さい。




2008年02月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
アイコン画像はせべ
» プレゼント用バレリーナ人形 (2012年03月22日)
アイコン画像akane
» プレゼント用バレリーナ人形 (2012年03月22日)
アイコン画像はせべ
» 何ヶ月ぶりかに…更新。 (2011年04月17日)
アイコン画像宇悪魔ll
» 何ヶ月ぶりかに…更新。 (2011年04月16日)
アイコン画像はせべ
» お知らせ (2010年10月26日)
アイコン画像まかりん
» お知らせ (2010年10月25日)
アイコン画像はせべ
» 妊婦生活中… (2010年05月26日)
アイコン画像29
» 妊婦生活中… (2010年05月25日)
アイコン画像はせべ
» 妊婦生活中… (2010年05月12日)
アイコン画像宇悪魔ll
» 妊婦生活中… (2010年05月11日)
http://yaplog.jp/mmk/index1_0.rdf
Yapme!一覧
読者になる