まさるでサラ

January 17 [Sun], 2016, 22:30

引っ越し会社の用意するプランは色々あります。梱包から運搬、開梱まで全てを任せるタイプの引っ越しを選ぶともちろん、サービス分お金がかかることになります。



運ぶ荷物があまりない、単身の引っ越しは、単身パックというような、そういった方向きの引っ越しパックやコースを利用すると良いようです。



こうしたコースを選択するだけでも、引っ越しコストはかなり抑えることができますし、その分、新しい生活のため使うようにしましょう。引っ越し専門業者として伝統もあり、全国レベルの実績を上げているのが引っ越しのサカイですね。





支店は全国に170社以上あり、自社の保有車は3500台超で、その機動力を生かした引っ越しを行うことが可能です。





幅広いニーズに応えられるよう、どのスタッフもきちんと仕事をしているので安心して引越しを任せることができます。今回の引っ越しで見積もりを出した際、えっと思うようなことがありました。液晶テレビの運搬に限って特別な保険が必要だと言われたのです。


荷物の中には40型の液晶テレビがあったので、30万円以上の購入価格であれば、運搬する前に保険をかけなければならないと言われました。



業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、本当に必要な保険だったのかずっと疑問に感じています。




冷蔵庫みたいな大型家電を、引っ越し作業の人が運搬するのを見ている時には、落としたりぶつけたりしないか、ヒヤヒヤします。



段差に引っかけて落下させてしまい、壊れてしまったといった風になってしまうとガッカリしますから、可能な限り、丁寧な仕事をしてくれそうな業者を選びたいと思っています。


私自身は、仕事の都合で何度も引っ越ししていますが、大体いつも業者と一緒に作業をしており、私が目の前で見ていることもあってか、これまで荷物を荒く運ぶ業者はいませんでした。でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償を受けられる仕組みがありますから、自分でせっせと傷をつけながら運んだりせず引っ越し業者にやってもらった方がいいかもしれませんね。引っ越しが一段落つきましたが、引っ越し当日までに大変な労力を使いましたね。それまで住んでいたのはマンションだったので、引っ越し業者に大きい荷物を移動してもらいました。



けれども、それ以外の荷物はお願いしていません。


自分で運べそうなものを残しておいて引っ越しの前日までに台車に載る分だけなんとか移動できました。


台車の力は侮れません。特に、引っ越しに慣れていないような人にとっては、費用がどれくらいかかるかというのはわからないでいると、少々心配になってしまうかもしれません。



しかし、そういった情報はインターネットの利用により容易に聞いたり調べたりできるはずです。




いくつもの引っ越し会社からいっぺんに大体の見積額を教えてもらえるシステムもあるので、どの会社を利用するべきかどうにも判断しかねている場合はそういった簡易見積もりをとれるサイトを訪れて、利用してみてはいかがでしょうか。いよいよ引っ越し、という時に様々な荷物を箱などに詰めていく梱包作業は、自分で行なうことにしている人が殆どのようです。



しかし、業者にもよるものの、梱包作業も業者が行なう引っ越し作業の一つとして依頼できるコースがあります。


そういったシステムなら自分でいろいろさわらず、業者に任せてしまった方が間違いがないでしょう。



作業に習熟したプロに任しておけば、間違いはないでしょうし、なんらかの事故が起こってしまった時に責任は作業をした業者にあるとして弁償するケースもあるためです。





引っ越しの中でも、一人暮らしの方なら引っ越しサービスも通常のパックではなく、単身者向けパックを使うようにすると引っ越し費用を抑えられます。




こうしたサービスは専用コンテナを使うことが多く少しの荷物しか運べないという思い込みがありますが、結構多くの荷物が収まるものです。



収めきれなかった荷物があれば他の宅配サービスで送れば良いのです。



荷造りが大変なものはいくつかありますが、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。




その多くを占める割れ物は、包み方や詰め方も細心の注意を払わないと運搬中に壊れてしまったら泣くに泣けません。





最近のグラスは、薄いガラスで作られたものが人気でもあります。





それならば、内側に丸めた新聞紙を入れて補強し、外からも包んで業者に用意してもらった専用の箱に入れるなど、厳重に包んだ上で、保護して運べるようにすれば途中で壊れてしまう危険性はだいぶ減るでしょうね。



引っ越しを何度繰り返したとしても、その準備の大変さには慣れません。




初めての引っ越しであれば、さらに辛いと思います。この負担を軽くするためのコツですがまずは、引っ越しの計画が余裕のあるものなのか確認し、そのうえで、計画を大まかに進めるということです。


もちろん、人によってはきっちりと計画通り出来る方もいらっしゃいますし、それが出来れば一番ですが、引っ越しには何かと手続きが煩雑なため、家の中の作業は滞りがちなのです。



立てた計画を大雑把にでも実行しておけば、ある程度の計画のズレであっても、問題なく引っ越しの準備に取り掛かることが出来ますよね。転勤が多いので、他の人より引っ越しの経験は多いのですが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。



ちょっと大手の引っ越し業者に運んでもらった荷物のうち、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。それらが、自分で作った陶器だったため、とてもショックを受けてしまいました。とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、クレームを入れたりはしなかったです。


これから先の引っ越しでは、繊細な工芸品などは必ず、自分で運ぶようにしているのです。ライフスタイルが変わってテレビでNHKを見ることがなくなったなど、NHKに解約を申し込んでも、NHKの受信機がないことを証明させられるなど、思わぬ手間をとられます。



加えて、受信料を自動引き落とし契約にしていると、NHKとの間に解約が成立するまで容赦なく受信料が引き落とされます。他の手続きよりも早めに手続きに取りかかってください。先日引っ越しをしましたが、自分たちで運べないものだけ業者にお願いし、後の細かいものは自分たちで動かし、お金を節約しました。



荷物の移動が一段落したところで、住民票の移動も済ませました。どうしてもばたばたするものですが、誰かがどこかで助けてくれてずいぶん助けてもらいました。



両隣にも挨拶に伺いました。


荷物を整理するのはこれからですが、少しずつやっています。


引っ越しをする場合、ぜひアート引越センターの利用を検討してみて下さい。





こちらであれば複雑な準備作業も順調に完了できるでしょう。




必要な分の段ボールや引っ越し当日の家具の梱包や運送まで、引っ越しが完了するまでありとあらゆる作業を支えてもらえます。


重量のある家具や荷物の運送も信頼してお願いできますので、当日もトラブルなく引っ越せます。荷物の整理などと平行して、新居の住環境も整えていかなければいけませんが、中でも必要になるのはライフラインの整備であり、特に水道は、とにかく水洗トイレが使えるようになりますし引っ越し前から新居に出入りするなら、大変重要です。




そうすると、いつ頃水道を使えるようにしておくと都合がいいかというと、目安としては、引っ越し日の前辺りはバタつきますので避け念を入れて、引っ越し当日の一週間程前に水が出るようになっているなら、一番良いです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウナ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mm3tsiusbyeoye/index1_0.rdf