知っていると役立つモテる服のハナシ

January 04 [Mon], 2016, 12:54
普通の組み合わせは様々な場面で役立ちますし、デニムやカーゴ、チノなど幅広いボトムスでお洒落に着こなせるので有用ですよ。穿くものを変えるだけでもかなり印象が変わります。
コットンを素材として使った物は染めやすいため、カラーが沢山用意されていますが、色落ちすることも珍しくありません。そのため、意識しておきましょう。コットンのニットのアイテムは水洗いをすることでデザインが崩れるということもあります。
近くにある店舗では簡単には購入できない国外ブランドの新作や1点しかないヴィンテージなどもネット通販なら自宅まで商品を配達してくれるのは非常に助かりますね。
野性的で粗暴な空気感の強いデニムのトップスでも、ユーズド加工などがされた後の物だと身軽な色合いで使いやすい。デニム素材はしっかりしているので長期間にわたって活躍してくれるのも魅力ですよね。
ボウタイはその日の着こなしにいっぺんにインフォーマルさを混ぜてくれる製品。ボウタイという呼び方より蝶ネクタイと呼んだ方が分かりやすいかもしれません。
男性らしさを加えたい時には、人気のジャガードデザインがオススメです。一見無地っぽいですが、よく見ると分かるネイティブじみた織目が勇猛さを加えてくれます。
秋冬のために紺のジャケットやコートを購入する際に使われている原料はウールのものを選びましょう。長く着るつもりなら、カシミア混のものが最適です。使われている原料品は着用するものを選ぶ上で無視できないポイントですよね。
取り外しもできる裏地になっていることも。これをライナー(liner)という風に呼びますが、上着を選ぶ時には見逃せない要素です。場合によっては取り外せるので、秋から春まで長期間にわたって使える実力派アイテムです。
現在はスーツの上にオフの日にも合うコートを纏っている人も珍しくないです。しかし、基本としてそういったコートはタイトなフォルムで、ジャケットの代わりに着ることを想定して製作されています。
カーゴがよく使われるのはシャツスタイル。黄色など鮮やかなTシャツなどを首元から見せると、こなれたイメージが出てカッコよくきまります。野性味と軽快さのどちらも取り入れたい人に。
スタイルを気にせず着られる長め丈のコートやスーツは見逃せないアイテムの一つ。特にチェスターコートは注目が集まっています。しっかりとした感じのチェスターコートはロング丈とオーソドックスさに惹かれます。
二つ折り財布は紙幣や硬貨をたくさん収めるとポケットに入れた時、服のシルエットが崩れてしまいます。ポケットに収納した時にぽっこりとした膨らみが出来て、着こなしに手を抜いていなくてもシルエットが崩れてしまうことも。
デートの時にも抜群に好評なシャツはカジュアルからキレイめ系ファッションまで色々と着こなせるため使い方を知っておくと重宝します。爽やかさや大人っぽさ、ワイルドさ等々、シャツによって色々な要素を演出できます。
着ている物にも妥協しない大人の男にとってジャケットは無くてはならないアイテム。安定感のある気配を使いたい理由です。土台は基本的なデザインで、裏地にほんの少しデザインが施されていると素敵です。
蝶ネクタイにかしこまったシーンで着用する印象が存在する人も、近頃は沢山の種類があってすぐに取り入れられます。蝶ネクタイはこれまで少し練習が必要だったので敬遠する人も少なくありませんでした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Shizuku
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ml0et7shsveesm/index1_0.rdf