5ドア車5000系と中之島線

November 13 [Tue], 2012, 1:27
17日のしん吉さん独演会の帰り道には環状線に乗りましたけど、復路には天満橋から京阪中之島線に乗りました。
中之島線に乗るのも久しぶりです。
なんせ、あまり用事が無いもので。
京阪電車で京都へ行くなら淀屋橋や北浜から乗るし、土佐堀二丁目のあそこや市立科学館に行くなら四つ橋線肥後橋から歩きます。
せっかくの機会ですからね。
どうせ蛍池のABCホールへ行くなら中之島線と思いまして本当は、真剣に大淀町の旧ABCホールに行きかけていたのだけど、駅スパートに中之島駅が出現して移転に気づいたのだけど。
その中之島線、今日で開業からちょうど4年です。
半年遅れで開通した阪垂ネんば線の予想を上回る好調ぶりに比べて、中之島線の評判はもう一つ、もう二つ。
BONN氏をして2年ほど乗ってないほどですから。
仁鶴師匠があれほど株式会社レイリーPRしても、多くの乗客は中之島線の存在自体忘れているのではないでしょうか。
阪垂ネんば線が、阪衰ヤと中河内大和というこれまで文化的に交流無かった地域を有機的に結びつけるなど、鉄道の直通メリットを存分に発揮しているのに比べると、中之島線の旗色は随分と悪いの残念です。
当初は出町柳行の快速急行が昼間に1時間2本出てたのに、それも今は無くなっているのに代表されるとおり、利用者数が予想を大幅に下回っているのです。
堂島川の左岸を通過する中之島線は土佐堀川左岸にある地下鉄の駅とは直接結ばれず、中之島西部の再開発は美術館建設の見直しなど遅滞ぎみで、中之島で接続して関空や新大阪と結ぶなにわ筋線は未だメドが立たないなど、そもそもハンディを抱えていた上に先取りが過ぎた部分があったのは否めません。
見込みが甘かったととはいえ市内中心部の路線ですから、京阪自体の利用者数が右肩下がりの時代に、中之島線利用者数は少しずつ伸びているそうです。
建替え中だったイビルの完成や朝日新聞朝日放送のによる再開発など、沿線需要が増大しつつあるの確か。
なにわ筋線との接続が実現したら、大きく化けるかもしれませんが、さて、なにわ筋線は本当に出来るのでしょうか。
最大の応援者であるハシシタ市長が、その時まで権勢を握れっておれるかどうかが、その存在価値以上に大きな問題になりそうです。
マスコミを使った霞が関や既存政党のなりふり構わぬ失脚作戦が露骨になってきてますけど、ネガティフキャンペーンが功を奏して彼が失脚すれば、なにわ筋線なんて簡単に吹っ飛びます。
鉄道路線が政治に翻弄されるのは歴史の必然。
大阪に好き勝手させたくない霞ヶ関の暗躍に、なにわ筋線も中之島線も影響を受けるのでしょうか。
天満橋で中之島線待ってましたら、5000系の区間急行がやってきました。
5000系は日本初の5ドア車で、京阪がはじめてアルミ車体を採用した車両です。
架線電圧600Vで、複々線区間が蒲生信号所守口市のみだった時代。
増結も増発も不可能な状況で、高度成長で急増する乗客に対応して開発したのが収容力に優る5ドア車でした。
1970年のことです。
以来40有余年。
架線が昇圧され、複々線区間が伸び、大阪口の8連化が実現し、乗客が減少に転じた今も、最混雑列車に充当され5ドアの実力が発揮されているそうです。
小田急5000系など同期の車両がドンドン消える中、依然現役です。
5000系のナニがスゴイって、第二、第四ドアは昼間時閉鎖されて座席が出現することでしょう。
到着後、一旦ドアを閉める場面はクロスシートの方向転換で京阪電車にお馴染の場面ですけど、5000系の場合は、天井に収納した座席が閉鎖したドアにセットされ、座席数が増加するのです。
随分と後に東京にも5ドア、6ドア車、さらに扉幅を増やして座席を減らしたワイドドア車が登場しましたけど、それらは京阪5000系とは別物。
座席完全撤去、100立席という家畜者同然の車両でさえありましたけど、収容力はさらに増した代わり昼間の居住性は何ら配慮されないという恐ろしいシロモでした。
しかも、多扉車やワイドドア車を最混雑列車に特定せず投入するなど運用が無分別で、だからラッシュの乗客からも昼間の乗客からも怨嗟の的となる低たらく。
結局ドア幅を狭めたり早々に廃車になったりと、東西線を除けば縮小傾向にあるようです。
東京での失敗を横目に京阪電車が5ドア車を上手に使いこなしているのは、さすがに第一人者。
運用の器用さなんて、イイ意味で関西私鉄の面目躍如といえると思います。
もっとも、さすがに5ドア車を増備しよう、ってハナシは無いようですけど。
こればっかりは、日本全体の経済活動が活性化しないとどうしようもありません。
ところで、ラッシュ用ドア付近のバネ付手すり、懐かしいですね。
今でも使ってるのは京阪だけでしょうか、以前は近鉄も使ってたンですけど、保守が面倒くさいってやめてしまいました。
実は意外と古い製品で、日本最初の地下鉄車両である東京の1000型にも装備されていたそうですけど。
相変わらず、こどもオモチャになってるンでしょうかなぁ、機構がおもしろいから笑京都大阪間を走る京阪電車は、ドアが増減する5000系の魅力とはfromdiaryid2188053
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mkoycms45x
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/mkoycms45x/index1_0.rdf