3原因はPTA市場を誘発していつでも開き直ります

March 07 [Wed], 2012, 10:26
TA1109契約が2月中旬に12508時の歴史の高い場所に到着した後に下を向いて向きを変えて、当面戻る幅は2000数時すでにあって、それでは、後期に市況はどのように演繹するか?筆者は、2月中旬から調整PTA戻る市況は以下の3時(点)の原因があります:1つは国内の大口の商品の全体は戻って、たとえばゴムは戻って10000時を上回って、銅は6000時戻って、PTA関連性最も強い綿と6000時戻りましたと思っています。二つは紡織の企業は資金の圧力に遭遇して、企業の紡ぎ糸の在庫はかなり高い程度を保持して、紡ぎ糸は売れ行きが悪くて増大して圧力に帰って、続いてPTA、綿などの原料の仕入れに対して努力が足りないことを招きます。3は昨年楽観的に市況を当座貸越しにすると予想するので、多くて株価の上昇に有利に市場を刺激して一致して先高の見込みになってPTA、PTA市況が早めに爆発することを招きます。

3原因はPTA市場いつでも“開き直る”を誘発します

そのため、後場PTA市況の発展の態勢は以上の3原因の発展する過程にかかるべきです。

まず、商品のブルは終わりましたかどうか?黄金と原油を除いて、その他の主流の大口の商品の騰勢は遅くなって、後場の走向は多く主流国家の貨幣政策にかかります。国際市場から見て、現在ヨーロッパのインフレの圧力はすでにはっきりと現れて、ヨーロッパ中央銀行はすでに探索が金利を引き上げることを始めました;米国の経済回復は比較的に安定的で、しかし失業率は依然として高位にあって、弱者のドルを維持して米国の利益に合って、特に来年は米大統領選で、貨幣の比較的にゆったりする政策は持続的に見込みがあります;日本はデフレと地震の影響を受けて、拡張性の貨幣政策の短期の内で変化のことはでき(ありえ)ません。国内となると、CPI“5破れる”とGDP数字10近くので状況で、インフレをモンクレールジャージ制御するのは政策の優先する力をかける場所であるで、これは短期の内に政策がきつい情勢から変化のことはでき(ありえ)ないことを意味します。

筆者は、現在貨幣の情勢がな外に松の内で締めること、経済回復の初期の大口の商品の上昇の温床今なお、全体のブルの構造は変えていないで、国内輸入の依存度(度合)のわりに大きい商品、その振る舞いは強くて大勢でと思っています。

その次に、紡織の企業の資金は流れていつ好転しますか?国内の貸付けの環境の短期の内でリラックスのことはでき(ありえ)なくて、企業のキャッシュフローの改善は紡ぎ糸のに寄りかかって在庫に行くことしかできなくて、買って膨張して下落する商業の習慣に買わないため、暖かさを取り戻すようやく効果的にエキサイティングな紡ぎ糸の販売のことができる紗価格がだけあります。紗価格は暖かさを取り戻して大体また綿価格にかかって下落から上昇に転じることができるかどうか、綿の当面最大の問題は、内外の綿の価格は大幅に逆さまにかかって、輸入は滞りがなくありませんて、最新の3月に綿の輸入量は27.6万トンで、2月に比べて大幅に反発しますが、しかし依然として大幅に去年同時期のレベルより低くて、前の段階から美しい綿は情況を調印して見にきて、続いて2ヶ月の綿輸入の数量はまた低い位置を保って、輸入の不足は綿の供給が年度の後期まで越えるのがもっと緊迫(緊張)していることを招く。

後期の綿の供給と需要の構造は逼迫しますが、しかし当面このような状況は表していないで、原因は紡ぎ糸と綿価格が絶えず下がるに状況でで、紡績工場のとる策略は在庫の綿を使うことを主としてで、少量は必要に応じて仕入れて、できるだけ在庫を抑えて、超過の買いだめする需要がありません。平均的に1ヶ月の綿の在庫量は計算して、5月に紡績工場の綿の在庫を左右して使い果たして、綿価格は大規模倉庫を補う下にあるいは反発して、このエキサイティングなな紡ぎ糸は販売して、紡工場は紡ぎ糸の市況で盛んなことの、資金を回転して状況で好転を流して、同じく綿と短くて細かい仕入れに対して増大して、それによってできる間接的にエキサイティングなPTA価格は反発します。

最後、PTA供給と需要が逼迫して客観的存在ではありませんか?先に直接な需要を見て、14月までポリエステルは新しく110万トンぐらいで生産能力に着手モンクレールコートして、PTA国内の新しくなっていませんプロジェクト、、その上45月に装置は検査と修理を集中して、この必然はPTA供給と需要が緊迫(緊張)していることをもたらします。再び端末の需要を見て、第1四半期に中国の織物の服装は累計で486.27億ドル輸出して、同時期と比べて23.96%増加して、価格要因を取り除きだして、量の上から少なくとも7%の―8%の増加を見ます。端末の生地が方面の振る舞いを販売するのがとても悪くなくて、4月に中国軽紡城(600790)は生地日取引が成立して600万メートル/日の以上のレベルまで(へ)回復して、歴史の同時期のレベルを上回ります。

筆者は、現在から情勢は見て、1000時の1つの石段で推定に来て、PTA戻る極限の1万時頃、深く下落する可能性が大きくないことを継続しますと思っています。PTA市場はいつでも“開き直る”の市況が現れて、価格は下落から上昇に転じます。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:モンクレール 青山
読者になる
2012年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/mkoert/index1_0.rdf