日本三大薬湯・松之山温泉 

September 28 [Fri], 2007, 10:00
貝掛温泉の帰りに立ち寄り湯で利用したのが、日本三大薬湯として有名な松之山温泉・ひなの宿・千歳




立ち寄り湯で利用するには少し疲れるお湯でした。

泉温が高く、草津温泉のように湯船には湯もみ用の板が置いてあります。

その板でお湯をかき混ぜ温度を下げようとしたら、逆に汗だくになってしまいました。

それもそのはず、源泉は92度だとか。

なので加水しているそうですがそれでも熱かったー。

脱衣所が私の好きな畳敷きなのが良かったです。お風呂場まで畳ならもっと好きです。

ホームページを見ても伝わるかと思いますが、田舎の洗練されたお宿と言った感じです。

越後湯沢・貝掛温泉 

September 28 [Fri], 2007, 9:59
両親と貝掛温泉 へ行ってきました。
ここも私がいつも参考にするJRの地・温泉にリストアップされており、日本秘湯を守る会にも入ってます。
また日本で数少ない、目の温泉としても有名です。
昔は目薬の原料として使われていたようです。




建物は古いけど、綺麗にメンテナンスされていて清潔感もあり。古臭い匂いもせず。

お風呂の天井は高く、大きな梁が雰囲気を出しています。

露天も広くて綺麗。

泉温は低く、37度。加温した暖かい湯船もあります。

ただ、加温すると目薬としての効能はなくなるとか。

お風呂では常連と思しきおばあちゃん達が源泉の流れ出ている所へ行き、目を洗っていました。


花巻・鉛温泉 

September 27 [Thu], 2007, 9:48
花巻温泉郷の一つ・鉛温泉の一軒宿「藤三旅館 」。
いつも参考にする「日本秘湯を守る会」やJRのパンフレット「地・温泉」にもリストアップされている宿です。

源泉4本を所有する加水・加温なしの完全なかけ流し。


自炊部(湯治客用)と旅館部に分かれていて、昭和16年築!かなり古いです。

邪道ですが、私たちは増築した新しいお部屋を取りました。

ですが、部屋を出てお風呂へ向かう廊下などはやはり古く、秘湯の雰囲気は出ているのですが、かび臭いニオイが気になりました。

ここの名物は深さ1.5mある立ち湯。
天井が高く、とても気持ちよく入浴できます。

そして泉質は単純泉のわりにツルツル。


奥飛騨・福地温泉 

August 04 [Sat], 2007, 8:41
元湯孫九郎

ナトリウム炭酸水素塩泉

夫が出張だったので両親と泊まりに行きました。
かなーり気に入りました。
お湯も、建物も、お料理も、サービスも、温泉街全体も。
福地温泉自体が作り出す雰囲気が私好みでした。

まずお湯、エメラルドグリーンがかったにごり湯は私が好きなお湯です。

建物、私が宿泊したのは本館ですが、ここは木造で剥き出しの梁が目を惹きます。
田舎の豪農の家という感じ。
将来はこういう家に住み、自給自足生活を送りたいものです。

そして囲炉裏端で食す食事はただの田舎料理にあらず、洗練されたお味でした。

福地温泉はそれぞれの旅館が同じような木造の民家風で統一された景観を作り出していて、夜になると明かりが灯り、それはそれは幻想的でした。

塩原温泉 

August 04 [Sat], 2007, 8:22
明賀屋本館

ナトリウム塩化物泉

夫と有給取って行きました。
ちょうどJRのパンフレットで”地温泉”というのが出ていて、その中からチョイス。

鹿股川のほとりに位置し、露天に行くには急な階段を川沿いまで降ります。
そこでは、どっちが川なのかお風呂なのか分からぬほど、湯船から手を伸ばせば川に届く距離。

ちなみに露天は混浴です。
女性専用時間もあったはず。
但し、うちらはシーズンオフの平日に行ったので、誰も居らず恐れることなく入浴できましたが。
泉温が高いので、誰も浸かってないとやたら熱く、不本意ですがかなり加水しないと無理。

冬だったので空気が澄んでいて、星がとっても近くに見えきれいでした。

伊豆・観音温泉 

August 04 [Sat], 2007, 8:02
観音温泉ピグマリオン

強アルカリ単純泉

女将さんの娘さんが夫の同僚でよくして頂きました。
結婚したばかりの頃、うちの両親&弟、私たち夫婦で宿泊。
部屋に露天風呂付きで、そのお風呂にも源泉が引かれていました。

大浴場は広く様々なお風呂が有り飽きることはないのですが、部屋風呂がすばらしかったのでそちらばかり利用していたくらい。

ホント泉質は抜群で、肌がつるっつるになります。
PH9.5超軟水だとか。
基礎化粧品も何回かリピートし、しばらく愛用してました。
ミネラルウォーターも美味しい!

ここのお湯は私のベスト10に入ってます。

お料理もすばらしく、お気に入りのお宿の一つです。



伊豆・寝姿山より

箱根・芦の湯温泉 

August 04 [Sat], 2007, 7:35
松坂屋本店

アルカリ性硫黄泉

箱根17湯の一つとしてはマイナーですが、何より古い建物に惹かれ家族で宿泊しました。
お部屋もかなり古くぎしぎし鳴るくらいでしたが、大正建築好きの私には興味深い体験でした。
古くても、手入れの行き届いた綺麗なお部屋です。
それに皇室縁のお宿でもあるみたい。



泉質もすばらしく、エメラルドグリーンがかった乳白色で、もちろん源泉かけながし、加水もなし。
私の好きなお湯ベスト10に入ってます。

鳴子温泉 

August 04 [Sat], 2007, 7:04
鳴子ホテル

硫黄塩泉、硫酸塩泉、ナトリウム塩化物泉

結婚して初めてのお盆、両家の両親&うちら夫婦で宿泊しました。
お義父さんはここの常連さんで「ここは朝、お餅を撞くんだ!」と前の日から楽しみにしてた。
東北ではお餅、たくさん食べるんですね。

お湯の色は気温や天候の色で変わるらしく、私が宿泊した日は鳶色のにごり湯でした。
かけ流しで、ぬるっとしたお湯です。
うなぎの湯と知られる温泉も近くにあるが、ここもその表現があっている気がした。

父は源泉かけ流し温泉を多々入浴してきたが、ここのお湯が一番いいかもなーと。
私もベスト10に入るお湯だと思いました。

草津温泉 

August 04 [Sat], 2007, 7:02
上州三名湯の一つ、草津温泉は小さい頃から20回以上泊まりに来ています。

酸性硫黄泉


奈良屋

徳川将軍お汲み上げのお湯と銘打ってる名旅館。
本当いいお湯です。

湯畑のすぐ近く、西の河原へ歩いていく途中にあって、夜のお散歩も楽しい。
レトロな雰囲気と温泉の質がリピーターにさせます。

大滝の湯

日帰り温泉施設です。
他の温泉(伊香保とか四万)に泊まって帰りの立ち寄り湯でよく利用。
広々とした浴室、露天もサウナもあります。
大浴場の泉温はそれほど高くなく、長湯できる。
地下には合わせ湯というもの有り、5つの温度の違うお風呂を順々に入っていく。
一番熱い湯は46度、とても入っていられない。
男女入れ替え制。

奈良屋以外にも色々な宿に宿泊してますが、やはり草津だけあって温泉の質はどこもすばらしいと思います。


四万温泉 

August 04 [Sat], 2007, 6:39
鐘寿館(しょうじゅかん)

石膏食塩泉

上州三名湯の一つで、無色透明、無臭のお湯です。
鐘寿館はJRの”地温泉”というパンフレットからチョイス。

ここは温泉街からやや離れているものの、それがより自然を感じさせてくれます。
四万の水は本当にキレイ
川の水の色もダムの水の色もイタリア・カプリ島の青の洞窟さながら。
(私がカプリ島行った時は強風で洞窟まで行けなかったケド

古式風呂という家族風呂が3つあり、予約なしで利用できます。
大浴場と同じかけ流しで、しかも古式第一の湯は源泉に一番近いらしい。
ヒノキの香りに包まれて、かけ流しの湯を独り占めできるのはホント幸せで天にも昇る心地。

お料理も洗練された味付けで、どれも美味しく頂きました。
滅多に「美味しい」と口にしない父が「うん、旨いな」とつぶやいていた。

写真は古式風呂。
P R
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:mk
読者になる
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

Yapme!一覧
読者になる