カナダ横断 

May 26 [Sat], 2007, 5:38
してきました。

行ったところは、モントリオール、ケベック、オタワ、キングストン、ロンドン、キッチナー、ウィニペグ、リジャイナ、カルガリー、バンフ、レイクルイーズ、ジャスパー、エドモントン、バンクーバー、ナナイモ、ビクトリア、トフィーノ、ウィスラー、シアトルの計19都市。

グレイハウンド(北米を網羅しているバス会社)の乗り放題パスを使って今回旅に出ました。


友達にカルガリーで会って途中まで一緒にまわったりと旅は順調に進んでいったと思いきや、ラスト数日でトラブルが相次ぐ!

予約していたはずの宿が取れておらず、その宿は満室状態
→別の宿で宿泊

シアトルでいつも利用しているホステリングインターナショナルが改装中で利用できず、よってもう一つ唯一あるホステルが満室状態
→何度か電話を掛け、キャンセル待ちを当日移動中にゲット

まあこんなのはよくある話。


バンクーバーからシアトルへバスで移動中、国境でアメリカ入国審査。
団体の中で手続きが一番最後になってしまい、ちょっと焦る。
やっと済んで、さてバスに乗ろうと思ったら、バスがない!!
バスのドライバーに存在を忘れられ国境に置いてけぼり。

審査官の人に言ったら次のバスに乗れるようにグレハンに連絡してくれてよかったけど、これにはさすがに腹がたってバス代の返金を求めたけど使っていたのがパスだったからどうにもならず。


そして極めつけ。

シアトルからバンクーバーへ戻り、さてこれから2日と20時間かけてトロントまでバスで戻るぞと覚悟してたところ、なんとグレハンのストライキ勃発。

いつ終わるかわからない、すぐ再開するかもしれないし数週間続くかもしれない。
バンクーバーに寝るところもないし、もうすぐ日本に帰る。
そんな状況になってしまい、急遽飛行機でトロントへ。

最後まで貧乏旅行を貫くつもりが、これが残念だった。
2日20時間が4時間半に。
グレハンにまた文句言いに行かな。

私と全く一緒の立場だった韓国人女の子と一緒に空港まで行き、チケットを取って、ロビーでおしゃべりして、一晩越して、飛行機乗って。
こんな状況の中でも悪いことばかりじゃなかった。


いやーでもそんなこんなで無事にトロントに帰ってこれました。
カナダは広かったよ。

旅、帰国。 

April 20 [Fri], 2007, 11:21
今、モントリオールにいます。

来て1週間が経ちました。
最初の数日は今季最後?のスノーストームに見舞われました。
ブーツを持ってきていなかったので、スニーカーをびしょびしょにしながらのんびり街を歩きました。
昨日からはやっと晴れ間が訪れ、ここぞとばかりに歩きつくした!

雪、雨、強風、晴れといろいろなモントリオールが見れて良かったと思う。

今週末からはケベックシティー、オタワ、ニューマーケットへ。


それからまた1ヶ月カナダ中を旅します。

キッチェナー、ロンドン、ウィニペグ、リジャイナ、カルガリー、エドモントン、ジャスパー、バンフ、バンクーバー、ビクトリア、ナナイモ、シアトル

が予定だけど行くかどうかはその時の気分次第とします。
こんなことできるのって相当無い機会だと充分分かってるので、思い切り楽しみます!


そして6月1日に日本に帰国します!

無くして得るもの 

February 24 [Sat], 2007, 18:24
わたしをよく知っている人は知ってるだろうけど、
わたしはモノをよく無くします、落とします、置き忘れます。

今日も起きました事件が。

最近毎週金曜日はBloor Cinemaというトロントにある古い映画館(名画、ドキュメンタリー、特集上映などを上映している)にボランティアしに行っています。

去年のアニメーションスープのイベントに出演してくれたミュージシャンのフィルが「トロントにはプラネタリウムが一つもないんだよ!」と言って、たった一人、このBloor Cinemaで手作りのプラネタリウムを作り始めたのです。

先月末、フィルがその作りかけのプラネタリウムのテスト上映に招待してくれて、その時プラプラしていた私は「何か手伝う」と言い、それから毎週行っています。

そしてそして今日もいつもどおりに行ってライトを出したり作業をしてました。

ふと気付くと服の襟元に掛けておいた眼鏡がない!

一人で探すものの見つからない。
今日は30人のお客さんを迎えてのテスト上映があったのでバタバタしてて、結局ちゃんと探せなかった。

で、やっと落ち着いた頃フィルに「眼鏡なくしちゃったんだけど、どっかで見た?」と聞いたら「それは大変だ!」といって必死に探し始めてくれた。

結構くまなく探したはずなのに出てこない。
いつも物を無くした時はなるべく人に言いたくない。
一緒に探してもらうのが申し訳ないから。
なかなか無くてどんどん自分が情けないと思えてくるから。

「もう諦める」と言っても、フィルはまだ探し続ける。
そしてやっぱり無い。

「よく物を無くしてしまうんよ」と言うとフィルが「ミートゥ!」と目を輝かせながら話し始めた。

今までに無くしたもの、パスポート、免許証、ギター、まだまだ沢山あると。
「でも大丈夫。人間はいつか死んで物を失う日が来るんだ。今はその練習だよ」

そしてこんな事も。
「大きな事を成し遂げようとしている人のところには、神様がやって来てその分何か小さい物を奪って行くんだよ」

さらっと放った言葉だったけど心に残った。

その後、帰る時も「最後にもう一度探そう」と言って一緒に探してくれた。
なんかジーンときた。

かなり不注意な性格でいつも失敗ばっかりだけど、でも自分の経験から人を励ますことが出来る。
それは前から知ってたけど、それを直に受けた感じがしてなんか嬉しかった。


そして夜。

ふと気付くと片いっぽの手袋がない!

またやってしまいました。
一日に2アイテムもです。
でもこれは決して珍しいことではありません。
しかもおとつい買ったばっかりのおNEWでした。
そうです、新品程よく無くすのです。

一緒にいた韓国人の友達は
「今使ってない手袋があるからそれあげるよ!」
と言ってくれました。

延長戦 

February 23 [Fri], 2007, 14:21
去年の9月にビザを延長して今年の6月半ばまでカナダに居れることになった。
あれから早5ヶ月。

10月、11月はイベントの準備に追われ、そしてイベント成功。
12月はまた語学学校に通い、また友達が沢山できた。

そして今年1月。当初はボランティアを見つけて3ヶ月間働こうと思ってた。
もとが怠け者なので何も用事がないと寝すぎてダラケてしまうから、残りのカナダ生活を充実させるために何かしたかった。
でも年末からのパーティー三昧の生活からなかなか抜け出せずダラダラと過ごす日々。

ほんでもって2月。ボランティアを探すものの短期ではなかなか見つからず。
ボランティアセンターやコミュニティーセンターに行ったり、施設にレジュメを送ったりしたけど、対応は結構適当。
いつまでもこんなことしてられないと思い、今週で見切りをつけようと思った。
もし、見つからなかったらまた語学学校に通おうって。

そんな半分諦めかけムードだった今週、今日、ついに!
インターンシップという形で決定!!
トロントにあるビジネス系のカレッジで事務アシスタントの仕事をすることになったーー

はーやっと精神が落ち着きそうです。
明日から早速働きます。

11月 

January 03 [Wed], 2007, 8:29
今年も年が明けました。
去年12月の半ばくらいにかいた日記。
こっちでアップするのを忘れてたーー。
ちょっと内容古いけど。

*****************

今更だけど11月のことを書こうと思う。
長いようで短かった11月。



上旬、昼間にしていたクッキングのバイトもでやっと一段落。
(10月、ここで狂ったように朝から晩まで働いてた)

いよいよイベントの準備が本格的に始まる。
と同時に、9月から通っていたカレッジの映画史コースの課題、恐怖のエッセイ1500文字が迫ってくる。
とまた同時に、学生時代のバイト先の同僚・Mが日本から遊びに来る。

8日、M、来加。
前の家にその間だけ泊めさせてもらうことに。
アイスワインを久々に飲み、うれしかったー。

11日、誕生日だったため、友を呼んでパーティー。
来てくれたみんなありがとう。

12日、ナイアガラ3回目。
今回はJourney Behind the Wallsというのを試してみた。

13日、エッセイ提出日。
いつもぎりぎりにならないと動かない。バチがあたった。
課題には早めにとりかかろう。
助けてくれた方々ありがとう。

15日、M、帰国。
また大阪で会おうね。来てくれてありがとう。

21日、自主制作映画の現場に参加。
・・・大変だった。

22日、日本からミュージシャンのぷたぱちゃん、作家のおたぐちさん来加。
今回イベントに参加してもらったー。

24日、"animation soup in toronto"イベント当日。

一体どれくらいのお客さんが来てくれるか全く予想がつかず、かなりドキドキだったけど、76席の劇場に95人のお客さんが来てくれた!

立ち見が出た。信じられなかった。
劇場でお客さんが楽しんでくれてる様子が伺えて、やってよかったーっと心からおもった。

おたぐちさんのアニメーションとコラボレーションしたぷたぱちゃんの歌。
今までの疲れが癒されるようだった。

そしてカナディアンバンド、Phil 'N' The Dots。
ミュージシャンをどうしようとミーティングしていたセカンドカップ(コーヒー屋)でたまたま演奏していた彼ら。
声をかけたらトントン拍子で話が進んで、出演決定。
これも何かの縁。

きてくれたみなさんありがとう!
そして、D・なんなちゃん、しんしんさんお疲れさまでした。

"animation soup in toronto"
http://www.animationsoup.com/toronto/
http://www.bitslounge.com/a08_news/japan/j_061201_02.html


27日、新しい学校へ。
ここではビジネスコースを。
1ヶ月ここに通う。

30日、ぷたぱちゃんとおたぐちさん、帰国。
いろいろありがとー。



ってもう12月も中旬を過ぎてしまった。
来年どうしようかもくもくと妄想中。

コージー! 

September 12 [Tue], 2006, 13:41
いやいや、トロント国際映画祭(TIFF)が開催中ですよ。

留学前からボランティアは必ずしようと思ってたので、今やってます。
オフィスアシスタントと映画館スタッフ。なんてことない簡単な仕事です。

TIFF始まって4日目。
この日の夜は"All The King's Men"のプレミアでショーン・ペンがレッドカーペットに来るという事で、早めに会場に向かいました。

TTC(地下鉄)に乗っていた時、何が起こったか?
なんとQueenのへんから役所広司が乗って来たのです!!
しかも同じ車両。5メートルくらい先だった。
そうそう、"Babel"でトロントに来ていたのは知っていた。

一緒にいたさっちと大興奮!
すげー役所広司が電車乗ってるよ。しかもみんな気づいてない。
日本じゃありえない。

これはもう握手&サイン&写真してもらうしかない。
と準備万端でMuseumの駅で彼らが降りるのを待ち、ホームで勇気を出して声をかけました。

話しかけるやいなや、向こうから握手をしてきてくださいました。
しかも向こうから話をふってきてくださいました。
なななんていい人なんだ。

その時はマネージャーさん(?)二人と奥さんと一緒でした。
マネージャーのおばちゃんが気さくな感じの人で、「カサ・ロマはどこにあるの?」と聞いてきました。

カサ・ロマの場所知っててよかった。
まさか、役所広司に道を教えるとは思いもしなかった。

役所さんは約5年ぶりに電車に乗ったそうです。
5年前はベネチアでだそう。そりゃ日本では無理だろうな。
自らも楽しんで奥さんとホームで写真を撮っておられました。
なんか、腰の低い気さくな人でした。

ちゃっかりサイン、写真も終わり駅を出るところまでお見送り(勝手に)しました。

よいこともあるもんだ。

会場へ再び向かう。
ここから5時間半待ち。
途中でなんとサミュエル・L・ジャクソンが来ました。
みんなのサインに答え、私も頂いてしまった!
なんか面白そうな雰囲気の人だったな。

ほかにも映画スターたちが沢山きていた。
みんなキラキラですわー。

その日のメインだと思っていたショーン・ペンは足早に会場に入って行きちょっとしか見れませんでしたとさ。

ズッコケ二人組・バックパックの旅 

July 30 [Sun], 2006, 14:10
トロント来て以来初めての泊まりがけの旅に出かけました。

旅のきっかけは、昔少し住んでいたボストンを再び訪ねたいという思い。
一人で行く事も考えたけど、当時一緒に過ごした人と訪ねたらもっと楽しいだろうな、と思って親友の一人、英美子を誘った。
どうせなら、トロントにも寄ってもらって観光してもらってもいいかも。
どうせなら、ニューヨークも近いし一緒に行きたいな。
ということで、トロント4日間、ニューヨーク4日間、ボストン8日間という日程で回ってきました。


7/12 エミコ来加 約10ヶ月ぶりの再会!

7/13 トロント市内観光
     ブルースのライブをみる
     私のトロントの友達も入れてうちの庭で夜中まで話す

7/14 ナイアガラの滝 私は2回目だったが、霧の乙女号には初めてのった!かなりおもしろかった。
     家の近くのセントクレアウェストのストリートフェスティバルに行く
     ハーバーフロントのレゲエのライブをみる でもレゲエじゃなかった。
     エミコに髪を切ってもらう トロントに来て初めての散髪。

7/15 たこやきパーティー エミコは疲れがでて途中で帰宅。私はたこやきがまわせて満足。

7/16 ブルージェイズvsマリナーズ戦を観戦 内野ライト側の一列目!イチローがすぐそばだった。すごい炎天下でゆでタコ状態。
     夜行バスでニューヨークへと出発 12時間くらいだったがほぼ寝ていた。

大失態。 

May 29 [Mon], 2006, 7:00
昨日、友達の送別会に参加。

一件目のパブでいつもどおりビールが進む、進む。
かんなりの量を飲んで、次はコリアンタウンで二件目。

そこで、ソジュ(韓国の焼酎)登場。

その後またビールに戻る。そしてまたソジュ、ビール。。

かんなりよい感じに出来上がり終電で帰宅。


で、ふと目を覚ませば、、ここはどこ??

気づけばそこはトイレの中。
そう、トイレの中で寝てたのです!!

便座に座ったまま寝てたとかじゃなく普通にトイレの横で仰向けになって寝てた。器用に足も組んで。
しかも半裸状態。

気がついたときは何が起きてるか理解できなかった。
日本でも酔った時の怪奇行動があったけど。
家に帰るまでの記憶はあるのに家に入ってからの記憶は全くない。
怖い。

前は一人暮らしだったからよかったけど今はルームメイトもいる。
トイレに入ってきてたらど〜しよ〜といきなり焦る。


で、翌朝ルームメイトに確認。
トイレには来なかったそうだ。
よかった〜。

それから、すごい二日酔い。
いつもなら昼過ぎ2時くらいにはすっきりするのに全くよくならない。
4時からのバイトの前にあった予定のために家を早めにでたけど、やっぱり気持ち悪くなって予定はキャンセル。
結局地下鉄に乗り続け関係のない駅で降りて、トイレで時間をつぶす。

バイト中もなかなかよくならず、食べ物見るのもきつかった。

こんなに長引いた二日酔い、初めてかもしれない。
トロントに来てから飲む回数も飲む量もかなり減ったからいきなりきたのかも。
ビールとソジュのちゃんぽんでこんなことになるなんて私も弱くなったもんだ。


日本の居酒屋に貼ってあったビールのポスター下部の注意書きを思い出す。

「※お酒は何より適量です。」

心にしみるなぁ。

白テントとのこぎりと野球 

April 19 [Wed], 2006, 14:07
先週の日曜日、The Singing Saw Shadow Show with Grand Carousel というライブに行ってきました。これはトロントのimages festivalの中の1つのイベント。

のこぎりの影ライブ。
会場はカントリーちっくなライブハウス。
どんなステージになるかと、どきどき。

数本の映像作品とパフォーマンスの後、いよいよセッティングが始まった!
何やら大きな白い布が運ばれてくる。それで演者を隠して影にするのね。と思ったら、それは大きな白いテント!
会場の真ん中にテントが建てられる。そしてその中に楽器(のこぎり)を持った演者さんたちが入る。

ステージとなったテントの回りをお客さんが囲うように見る。
そのテントは一部が開いてくるくる回るので、曲の間、生で、影で演奏を見れる。

こんなの初めて見たから感動した。
のこぎりの音色もとてもきれいだった。
もっと影がきれいにテントに映ったら言う事なしだったけど、でも、いい。

それにしても客は結構入ってた。すごいマニアックな感じなのにどうやってあんなに人が集めれたのだろう。カナダ人はこういうのが好きなのか?それとも身内?

そういえばここはトロント。エンターテイメントの町。
最近トロントを抜け出したい気分だったけど、ここでもっとおもしろいものに足を運ぼうと思う。

トロントにお住まいの方、おもしろイベント情報あったら是非教えてください!

:::::::::::::::::::::::::::::::

そして、今日メジャーリーグ観戦に行って来ました。
全く予定してなかったのだけど、昨日急に知り合いからフリーでチケットを譲ってもらえることに!

トロントブルージェイズ VS. ニューヨークヤンキーズ

松井を見た!
しかも結構いい席。前から30列目。一塁側。

野球はわりと好きだし、雰囲気もあって楽しかった!
今回はホームランやヒットがバンバンでて盛り上がってた。
結果は10−5でブルージェイズが勝った。
松井はノーヒットだった。

野球自体も良かったけど、1イニングが終わるたびに大スクリーンに映し出される観客を見るのもよい。
自分が大画面に映ってるのにびっくりして、興奮して思いっきり手を振る人。恥ずかしくて顔を隠す人。ほのぼのする。

満足満足。

グッドフライデー 

April 15 [Sat], 2006, 13:48
今日は、グッドフライデー。
キリストが処刑された日。
クリスマスみたいにどこの店も閉まってお家で家族でパーティーしたりするみたい。

今、一緒に住んでいるカナダ人Normaのお姉さん、Albertaとその息子Alexがオタワから来て、その他の兄弟みんなで集まってパーティをした

いつもここの家族はそれぞれが料理を持ち寄ってパーティーをする。私もお呼ばれしたからスナックとお花を手みやげで用意してたけど、何か簡単なものでも作ろうと思って冷蔵庫に入ってた野菜で巻き寿司を作った。

いざ、パーティー会場のお家、Normaの弟Johnの家へ。
AlbertaとAlexとは初めて会うし、沢山人がいるからちょっとドキドキだったけど、二人ともとっても話しやすい人で一安心。トランプで遊んだり楽しかった。

寿司は大好評!めちゃくちゃ簡単なのにあんなに感動してくれるなんて。なんぼでも作るよ〜。
カナダ人は日本食が大好きです

その後、アイスホッケーを見に行こうということになりJohnとJohnの娘EmilyとElizabeth、Alexで近くの学生ホッケー会場へ。
ホッケー見るのは初めて!今シーズンはもう終わったと思い込んでて来シーズンまで待たないとと思ってたから嬉しかった。プロではないけど見応えあり。
ちなみにAlexはNHLの下のリーグのホッケープレイヤーらしい。すげ〜。

で、帰宅。
Albertaは私たちの家に泊まり、AlexはJohnの家でお泊まり。
お酒を飲みながらNormaとAlbertaとおしゃべり。
Alberta、すごく暖かい人だ。いつでもオタワに来てねと言ってくれた。実現するといいな。

Normaはヘビースモーカーで酒もよく飲む。
いつものように今日も酔っぱらっておかしくなってた。
そんなNormaにAlbertaと私は大笑い。

よい一日、グッドフライデーでした。
2007年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像Yumi
» カナダ横断 (2007年06月26日)
アイコン画像mika
» 旅、帰国。 (2007年05月26日)
アイコン画像Yumi
» 旅、帰国。 (2007年05月21日)
アイコン画像mika
» コージー! (2006年09月20日)
アイコン画像TOMIKO
» コージー! (2006年09月20日)
アイコン画像mika
» コージー! (2006年09月19日)
アイコン画像Yumi
» コージー! (2006年09月16日)
アイコン画像Yumi
» ズッコケ二人組・バックパックの旅 (2006年08月29日)
アイコン画像morito
» ズッコケ二人組・バックパックの旅 (2006年07月31日)
アイコン画像morito
» 大失態。 (2006年06月28日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mk_ymn
読者になる
Yapme!一覧
読者になる