ーが12年とされたが、オーストラリア国内の研究

June 12 [Fri], 2015, 11:32
少女が18歳未満と知りながらホテルでわいせつな行為をして動画撮影するなどしたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反罪に問われた元奈良県葛城市議、吉武昭博被告(28)=懲役2年6月、執行猶予4年の判決が確定=の判決公判が11日、奈良地裁葛城支部であった。五十嵐常之裁判官は「悪質な犯行で、刑事責任は相当重い」として、懲役6月、執行猶予4年(求刑懲役6月)を言い渡した。
シリコンiPhoneケース

 五十嵐裁判官は判決理由で「学習塾の開業や高級車などで多額の負債を抱え、わいせつな動画の公開で利益を得ていた」と指摘。一方、一連の事件では有罪判決が確定し、母親が監督を誓約していることなどから、刑の執行を猶予した。
gaga 時計
中国新聞網は11日、世界10大都市の結婚事情について実施した調査で、結婚から離婚までの平均所要期間のランキングが明らかになったとするオーストラリア華字メディア・澳州網の10日付報道を伝えた。

ネットメディア・Hopes and Fearsがこのほど、世界10大都市の結婚事情についての調査を実施。
オークリー サングラス各都市における、結婚から離婚までの平均期間のランキングを作成した。

その結果、離婚率が43%と高いオーストラリアの代表、シドニーは結婚から離婚まで平均12年でトップ5の長さだった。
新品グッチiphone6 ケースなお、シドニーと同じ12年だったメキシコの離婚率はわずか15%だった。

最も平均期間が長かったのはローマ人の18年。
時計 レディース2位はオタワの13.8年、3位はパリの13年となった。12.2年で4位となったニューヨークは、米国内の他都市の平均より4年長かった。
ルイヴィトン6カバーまた、東京、ロンドン、ケープタウンが11年で7位に並び、最短はドーハの5.5年だった。

ランキングではシドニーが12年とされたが、オーストラリア国内の研究所は「多くのオーストラリア人は結婚から20年後に離婚を選択する」との報告を2013年に発表している。
ルイヴィトンiPhone6ケースその背景には、子どもが18歳になるまでは婚姻関係を継続するという考えがあるようだ。

(編集翻訳 城山俊樹)
 判決によると吉武被告は平成25年7月30日、神戸市内のホテルで18歳未満の少女とわいせつな行為をしたうえスマートフォンで動画撮影し、データをパソコンで複製して児童ポルノを製造したとしている。
人気iphone6ケース

 この事件をめぐっては奈良地検葛城支部が不起訴処分としたが、葛城検察審査会が昨年12月に「起訴相当」と議決し、4月に在宅起訴されていた。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mjhjtfh/index1_0.rdf