市販の薬の服用や、時間の経過で回復

June 04 [Tue], 2013, 9:29
胃の痛みは、かなり一般的な症状と言えます。ほとんどの人が食べ過ぎや飲みすぎ、タバコ、過労、ストレスなどで胃を荒らすと胃の痛みを経験します。また、胸やけ、胃もたれなども、よくある症状です。これらの胃の痛みは、市販の薬を飲みしばらくすると治まってきます。しかし時には、治療を要する病気のこともあります。


単に胃の痛みといっても、空腹時の痛み、満腹時の痛み、そして、激痛、重い痛み、軽い痛み、キリキリ痛むなど様々な症状があります。また痛みには、胸焼け、胃もたれ、むかむか、吐き気、スッキリしないなどの症状を伴う場合が多くあります。さらに、痛みの原因によって、脇腹、下腹、みぞおち、背中などが痛みます。


胃の痛みに苦しむ原因として、急性胃炎や胃潰瘍、ストレス性胃炎、急性胃粘膜病変、胃酸過多、胃がん、胃腸虚弱などがあります。また、突発的な食あたりや食中毒、食べ過ぎ飲みすぎも原因となります。さらには、急性膵炎、胆石症、胆のう炎、十二指腸潰瘍など、胃の病気ではないこともあります。


食べ過ぎや飲みすぎ、ストレス性胃炎などの胃の痛みは、市販の薬の服用や、時間の経過で回復します。しかし、ノロウイルスやピロリ菌などの細菌による場合は、早急に治療を受ける必要があります。また、胃の疾患だけでなく、内臓やその他の臓器の病が懸念される時は、早めに精密検査を受けましょう。


気になるサイト>>アルコール依存症の薬物治療と副作用情報
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:日川
読者になる
2013年06月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mjgjg/index1_0.rdf