きちんと供養をして幸せになろう 

2006年02月17日(金) 13時13分
水子の理由はどうであれ、そのままにしておくことはいけません。

なぜなら、普通の人間なら死んだ時、供養します。お葬式をします。

水子さんも供養しなければなりません。

ご供養をしなければ成仏していないままです

やむを得ず水子になってしまったときには、
丁重にひとりの人間としてきちんと供養しましょう。

きちんと成仏させなければ、意味がないのです

精神的に「赤ちゃんにかわいそうなこと、悪いことをした」とくよくよ悩んだり、

何もせず放っておいては、
あなたも水子さんも苦しみから救われないのです。

水子さんを「不成仏霊」ままにせず、

きちんとした供養の出来る寺院で

正式な水子供養をいたしましょう。

そして、安心して幸せになりましょう。

千葉子安地蔵尊の水子供養について

ご先祖供養についてはこちら

>>関東水子供養霊場特別札所
千葉子安地蔵尊

0475−55−8545



水子供養についての疑問 

2006年02月04日(土) 10時28分
「亡くなってから時間がたっているのですが・・・

「3年以上たっているのですが・・・

「結婚前(旧姓の時)の水子なのですが・・・

供養したほうがよいのでしょうか

というお問い合わせを受けます。

皆さん
『ずっと気にかかっていたが、どうしたら良いのかわからなかった。
という方がたいへん多いのです。

ご供養をされていないのであれば、
今あなたの子供さんは「不成仏霊」のままです。

この気がかりな存在を放置して何も良いことはありません。

できるだけ早くきちんと正式にご供養をして、
浄土に送ってあげ、わが子を安楽へと導き、
苦しみの世界から救い出してあげなければなりません。

そして、もし亡くなられてから時間が経ってしまっていても、
必ずご供養してあげてください。

「お地蔵様に手を合わせるだけ」では何度しても同じです。

水子さんを成仏させてあげるのが、正式な水子供養です。


ご供養のお申込電話 0475-55-8545

千葉子安地蔵尊 (千葉厄除け不動尊 境内)

水子供養は正式に! 

2006年01月26日(木) 14時14分

「水子のご供養は正式なものでなくてはなりません。」

生まれることができなかった命も生まれた命と同じ。
きちんとしたご供養をしてあげましょう。
この世にいれば何度その子の名を呼ぶことでしょう。
生まれずともわが子であることには変わりありません。

他の人は供養してはくれません。
親であるあなたが供養をしてあげましょう。
供養をしたつもり、手を合わせたから、お線香をあげたから
といってご供養したとはいえません。

思い立ったのなら早めに供養をして救ってあげましょう。
正式にご供養していないのなら、今はあなたの子供さんは不成仏霊です。
安らかな安眠の浄土(天国)に送って苦しみから解放してあげなければ。


きちんと正式な本当のご供養をしていますか?

水子供養に関するお問い合わせ・ご予約は、
        0475−55−8545
   受付午前9時〜午後6時

欠席供養受付こちらから

忘れていませんか?わが子のご供養 

2006年01月26日(木) 11時39分

「この世に生まれることが出来なかった子供も
 この世に生まれ来た子供と同じ命です」


後悔のないよう、正式なご供養のできる、子安地藏尊で
ご供養いたしましょう。

水子供養をした方々の多くが、
「ずっと気にかかっていたが、どうしたらよいかわからなかった」
と言われます。

不幸にして生まれることの出来なかった子供は、
親は子を見ることも無く、また子は親の愛を受けることなく
暗闇の世界、苦しみの世界に落ちてしまったのです。

これから当山の水子供養について、案内してまいります。

お急ぎの方は、当山ご案内HPこちらご覧下さい。

関東水子供養霊場 特別札所
千葉 子安地藏尊
0475−55−8545


2006年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mizukokuyo
読者になる
Yapme!一覧
読者になる