【 更新情報 】

財布の特徴と使い心地

ゴヤールの財布は、男女兼用で使えます。使うたびに愛着のわくタイプで、とてもシンプルな使いやすさが特徴です。コインを多少多めに入れてもかさばらず、形も崩れません。柄がゴヤール独特の杉綾模様で、年を経るにつれ味を醸し出してくれます。若いうちには少し渋めでも使い続けていくうちに、それが似合うようになってくるので不思議ですよね。日本では最近になってブームになってきています。ゴヤールといえば、フランスでは名の知れたブランドで、いつの時代になっても創始者の意志を受け継いでいて、流行に左右されないところが凄いところです。ゴヤールの財布は版でで押したような模様が一面に描かれています。しかし、これは一つ一つがハンドメイドによるものだそうです。一つの財布を買うのにどれだけの手間と気持ちが込められているのでしょうか。想像するだけで、大事に使おうという気になりますよね。軽々しくはとても使えないような気品をもつゴヤールの財布です。長年お世話になった両親などへのプレゼントとして贈ったら、とても喜ばれることでしょう。日本ではまだ愛用している人が少ないので、先駆けとして使ってみるのもいいかもしれません。あなたの使い方から広まってゴヤールの知名度もアップしていくでしょう。

ボストンバッグの特徴

ゴヤールは1853年にパリで創業された老舗中の老舗ブランドです。旅行かばん用に製造されたのがきっかけで、その機能性のよさと、丈夫なつくりが定評を呼び今日に至っています。ゴヤールのかばんにはトーとバッグや、キャーリーバッグ、そしてボストンバッグがあります。熟練した職人が一つ一つ作っていきますので、少量しか生産できません。そのため希少価値が高く、なかなか日本でゴヤールのかばんを持っている人も稀なくらいです。ゴヤールのボストンバッグは35センチサイズのもので、普段からもてるものとしてもいいですし、旅行かばんに付け足すかばんとしても使えます。いずれも杉綾をモチーフにした模様がハンドメイドで施されています。職人が一筆一筆塗り上げたモチーフは温かみがあります、ゴヤールのバッグに機械的な美しさを感じないのはこういう手作業を重視している点なんですね。生涯の友としてゴヤールのバッグはあなたと色んなところに行くでしょう。その都度、飽きのこない落ち着いた風合いのゴヤールは旅先の景色を鮮やかに描き出すような気がします。

バッグ仕上げの良さ

ゴヤールのバッグはなかなか手に入らない貴重なものです。日本での浸透度も最近になってからでその丁寧な職人技に多くの人が賞賛の声を上げています。ヨーロッパでは上流階級の船旅で使われ始めたのが最初だそうで、当時からその頑丈でいつになっても変わらない普遍的な外観は一目置かれていたようです。ヨーロッパなどでは、ゴヤールのバッグを持っているだけでステイタスが分かるというほどの価値があります。旅なれた風格を醸し出すのでしょう。ここ2年の間で、日本でもゴヤールは広まりつつあります。やはり海外にはゴヤールでと思う御婦人や紳士方がボストンバッグやキャリーバッグを買い求める姿が見受けられます。ゴヤールは一生ものというブランド価値があるので、やはり入念に見極めて買いたいもの。使い込むほどに味の出るゴヤールですから、それをもつにふさわしい雰囲気をもっていきたいものですね。ゴヤールの本当の良さを知るには長い歳月が必要なのかもしれませんね。そういうことも考えると、ゴヤールというブランドの奥深さと興味を感じずにはいられませんよね。
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ