水上先生の日々ブログ

2016年11月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像伊東真吾
ORE予演 (2016年03月22日)
アイコン画像にし
サックス修理 (2015年05月09日)
アイコン画像杉澤
ITI Study Club 秋田 (2010年06月08日)
アイコン画像大橋 忠秀
ITI Study Club 秋田 (2010年05月28日)
アイコン画像まっさん
AIZEN (2010年03月14日)
アイコン画像匿名
豊橋のS歯科クリニック (2010年03月07日)
アイコン画像Drummer
豊橋のS歯科クリニック (2010年01月29日)
アイコン画像杉山 豊
仙台 (2009年12月30日)
アイコン画像志保
仙台歯科医師会学術講演会 (2009年10月24日)
アイコン画像 Akihiro Kojima
NPC (2009年04月13日)
パタゴニア #31390 / 2016年11月23日(水)
院長の水上です。いよいよ冬の季節、スノーボードシーズンがやってまいりました。
アルペンボードから乗り換えて3シーズン目をむかえます。ということで、今年はパタゴニアのウェアを買い替えようと
思っておりました。希望の色は「赤」

今年のパタゴニアのラインを確認すると

今年のパウダーボウルジャケットには赤のラインが存在しません

では1年落ちでも構わないので、ネットで「パタゴニア #31390 2015」と入力

ありました

価格は¥23,552と超破格。フレンチレッドのSサイズを発注。
メールにて、ゆうちょ銀行へ振り込み指示をいただいたので、泉菅野郵便局から振り込み手続き。

ところが…相手方の口座が「事故」扱いで送金できないとのこと。

再度連絡したところ、今度はイオン銀行へ振り込むようにとのご連絡。


ということで、医院の昼休みを利用して秋田銀行寺内支店から送金。
送金時に、窓口の行員さんから「先生は中国の方とお知り合いなんですか?」との一言が気になりましたが…


午後の診療時間となり、診療していると寺内支店長からお電話をいただきました。
振込先のイオン銀行から返金されてきたとのこと。

いわゆるネット詐欺ですな。実害は振込手数料の¥648だけでしたが、皆さんも気を付けましょうね〜
 
   
Posted at 13:29/ この記事のURL
コメント(0)
冬の秋田 / 2016年11月23日(水)
院長の水上です。先日、母がベーカリートラのあんパンがおいしかったとの話をしておりました。元々は秋田市にあったパン屋さんなのですが、数年前に男鹿市船越に移転してしましました。営業日は火曜日〜土曜日の午前6時半から午後2時までなので、平日はなかなか伺うことが出来ずにおりました

今日は祭日、ということで小雪の舞う中、男鹿市へ
男鹿大橋を渡りきると前方に赤色灯

軽自動車が道路中央で横転しています。

反対車線では…



電信柱に正面衝突していました。

大事に至らなければ良いのですが。
これからの季節、十分運転には注意しなくてはと心底思った次第です
 
   
Posted at 13:07/ この記事のURL
コメント(0)
支部選抜 / 2016年11月08日(火)
院長の水上です。6日に山形で開催された日本顎咬合学会・支部学術大会から無事帰ってまいりました
会場は山形県歯科医師会館。


まずは9名の先生方による会員発表でした。

秋田からは、一水会所属の斎藤隆輔先生が御登壇なさいました。


午前中の会員発表後は、昼食休憩となるのですが、その時間を利用して理事会が開催されました。


議題は多岐に渡ります。


その中でも大事になるのが、来年度の年次大会における「若手歯科医師の登竜門 支部選抜発表者」の決定です。
これは理事全員一致で、斎藤隆輔先生を推薦することに




今回のプレゼンテーションも素晴らしかったですが、来年度の年次大会ではさらにエクセレントなものになっていることでしょう

いや〜、それにしても一水会における、若手のホープの一人である斎藤先生が選ばれて本当に良かった。

斎藤隆輔先生、おめでとうございま~す
 
   
Posted at 16:07/ この記事のURL
コメント(0)
懇親会 / 2016年11月06日(日)
院長の水上です。昨日は日本顎咬合学会東北支部の懇親会でした。

会場は山形グランドホテル。


木村先生のご挨拶から懇親会スタートです


八戸の理平先生から先日のフロム長崎とのコラボの様子のご報告を伺ったり盛り上がりました。


そうこうしているうちに

こんな状態に
さらに会場は大盛り上がりでした。

二次会は、暴走機関車こと洋司先生の仕切りでさらに盛り上がったことは言うまでもありません。


支部学術大会はこの後、午前9時30分からスタートです。
まだ決めかねている先生方は、急いで山形に向かってくださ〜い
 
   
Posted at 08:42/ この記事のURL
コメント(0)
日本顎咬合学会・東北支部学術大会 / 2016年11月05日(土)
院長の水上です。明日は山形で開催される日本顎咬合学会・東北支部学術大会に参加いたします。

本日は午後5時から山形グランドホテルで懇親会が催されるため、午後から出かけてまいります。

しかし、やっぱり山形は遠いですな〜

車で3時間半

先日、木村支部長から事前参加登録人数が少なくて困っているとのメールも頂戴しております。
ただし、今回の支部会は盛りだくさん


理事会での若手選抜も行わなくてはなりません。


当日参加もなので、ぜひ皆さん山形へお出かけください。
では、行ってまいりま~す

 
   
Posted at 12:09/ この記事のURL
コメント(0)
一水会 / 2016年11月05日(土)
院長の水上です。2日は一水会でのプレゼンでした

内容はNPCでの発砲とかぶっていましたが、マイクロスコープによる直視化の重要性や

感染根管処置時のガッタパーチャの除去方法

私自身のラーニングステージについてなど

多岐に渡ってお話できたと思います。

やはり今の歯科臨床にはCTは欠かせません
術前に十分なCT診査を行って、病態を3次元的に把握し


必要とされる処置を段階を追って行うことで


ホープレスと思われるような歯の長期保存が可能になります。

もちろん、術後CTを撮影して、患者さんと情報を共有することはもちろんです

我々は歯のお医者さんなわけですから、やっぱり天然歯の保存に腐心すべきですよね

ということで、午後からは山形で開催される日本顎咬合学会東北支部大会に出かけてきま〜す
 
   
Posted at 08:17/ この記事のURL
コメント(0)
藤本研修会LOTコース / 2016年11月04日(金)
院長の水上です。29日のNPCプレゼン後、上野から関内へ移動
藤本研修会へ到着。


加治初彦先生によるLOTコースの受講生の先生方へプレゼンテーションです。


まずは通常の全顎矯正症例の解説。






しかし臨床現場ではPTM(病的歯牙移動)症例が達す存在することをお話して


実際の症例へのアプローチを呈示させていただきました。






コース終了後は、恒例の日本一早い忘年会
場所は関内の「天吉」さん。

サザンのハラボウの実家ですな。


一次会終了後は二次会へ移動

これまた大盛り上がりのなか、横浜ナイトは更けていくのでした〜
 
   
Posted at 13:53/ この記事のURL
コメント(0)
第32回NPC / 2016年11月04日(金)
院長の水上です。先週の29日は第32回NPC(直志ぺリオクラブ)でした。
会場は上野にあるヨシダ東京本社ビル。


発表者の一人目は八戸の夏堀礼二先生。


夏堀先生に引き続いて、私の発表でした。


タイトルは


歯根端切除術を行った術後8年目の症例や


初診時に歯性上顎洞炎を惹起しており


歯性上顎洞炎に外科的対応を行って術後5年目を迎えた症例など

外科的歯内療法を中心にプレゼンテーションを行いました。
その後のディスカッションでは、鋭いご指摘やアドバイスを頂戴し、またまた勉強になりました。

私は発表後、上野から横浜の関内に移動して、藤本研修会の受講生の先生方の前で「GPにおける矯正治療を考える」というタイトルでさらにプレゼンテーションでしたが、その件はまた後ほどにしま〜す
 
   
Posted at 13:36/ この記事のURL
コメント(0)
一水会 月例会 / 2016年11月01日(火)
院長の水上です。先週末はNPCでのプレゼン、藤本研修会でのプレゼンで上野と横浜を行ったり来たり
そして明日は、一水会の月例会でのプレゼンです。本来は来年2月の予定でしたが、発表予定の先生の都合がつかず、急遽私が発表者になりました。


タイトルは「根管治療を考える〜外科的歯内療法を中心として〜」

ということで、





これらの症例について考察を加えたいと思っています。
明日も熱いディスカッションになることを期待しています。

NPC,藤本研修会のお話は別の日にアップします。
今週末は山形市で開催される、日本顎咬合学会に出かける予定ですが、その前にスタッドレスタイヤに
履き替えねば

まずは明日、頑張りま〜す
 
   
Posted at 20:08/ この記事のURL
コメント(0)
NPC & 藤本研修会 その2 / 2016年10月28日(金)
院長の水上です。NPC終了後は横浜の藤本研修会に移動です
加治初彦先生主催のLOTコースで受講生向けにプレゼンテーションを行います。


不正咬合にもいろいろあるのですが、例えば骨格性のV級咬合。


診断と加療手順が適格であれば…

スタイナー分析でインサイザルアングル131°を得ることが可能になります。

ただし、日常臨床では歯の欠損を伴った歯周病症例を多く経験します。
そのような場合、我々一般開業医はどのように対応したらよいのかを中心に、お話しさせていただく予定です。



矯正治療と歯周治療は非常に相性が良いので、以下のような症例でも

次のような治療結果を得ることができます。


ほかの症例でも

経過観察時のCT所見では

良好な経過を示しています。

オーディエンスは受講生の先生方なので、あまり難解な話にならぬよう肝に銘じなくては
 
   
Posted at 15:14/ この記事のURL
コメント(0)
  | 前へ  
 
 Powered by yaplog!