客観的とか 

March 07 [Tue], 2006, 20:33
初めてひとにいーえすをみてもらった。
あー、緊張した。
自分の性格として「いや、わかってたんですけどね、〜〜〜だと思って」
って言い訳が!多いよ!だめだー。
人に言われるとはたと気づくことが多いなぁ。
ねーさんありがとう(><)

以下覚書。
抽象的な言葉を使うのがいけないわけじゃない。その時に必要なのは抽象的な言葉のオリジナリティ。相手だってすごい枚数を見てるんだからはっとさせなきゃだめ。そのためにいかに人と違うものを作れるか。

たくさんPRしようとしない。優先順位をつける。

独りよがりな自分言葉は使わない

自分の説明を入れる。そのためには
@困難に直面したときどう思ったか

A変えようと思って動く家庭。気持ち

B結果(客観的なもの)

C自分がその問題に対してどう思ったのか。

ストーリーのリンク関係を大事に!

出し惜しみはしない

STORY

一年前 

March 05 [Sun], 2006, 21:44
考えてること大して変わってないなぁ

ようはさ。自分が何なのかがわからないってことです。
少なくとも中学生くらいからは記憶がはっきりあるのにね。
ふしぎ。
自分らしさってなんですか?おしえてくらはい。

ぴぴぴぴー。 

March 05 [Sun], 2006, 21:34
今日も今日とて巡業です。
自分は何なのかー。とか。
わからない。
ちなみに今日はとらのおとこのこの会社に行ってきました。
ふろくづくりとかめっちゃあついよ!!
あの頃はあんなに何気なくつかってたのに。
裏づけがこんなにあったとはね。
うーん。
むずかしゆぅ。

じょう。 

March 04 [Sat], 2006, 21:37
かっこゆー!!
じょうおだぎり!!!

忍者映画を見ました。レンタルルッル♪

悲恋物でした。ラストは微妙。
なんだかんだはっぴーえんどが好きだから。
結局みかどに踊らされてしまったということ??
絵的には殺されるとことか美しくってきゅんきゅうんだったけど。

でも、雰囲気とか色使い的にはめっちゃつぼ!
うつくしー。

さてー。今日はだいぶきがぬけてしまったが。あしたからまたやらねば。

気持ち的なもの。 

November 15 [Tue], 2005, 19:38
わたしの生活の生活の90%くらいを占めていた祭りが終った。最後のころは毎日2時間くらいしか寝れなくてしんどかったけど、終わってみるとやっぱり楽しかった、って思えるから不思議。多くの人と会って新しい発見があった。

今年は正門が見れた。企画をやっているさまを垣間見れた。

だけど、自分のことを考えると、今年は正直いってどこまでできたのだろうって思う。
今年は講堂前にメインステージを建てることと参加団体局をサポートしていくことが仕事だった。

だけど、ステージは結局協力してくれるサークルが人手を出して立ててくれました。参加団体局をすべての情報は結局は局長の所へ集まってしまうし、動かしていたのはこの1年間で大きく成長した後輩達だと思う。

誰かが今年はつっこみ担当なのですねと言っていた。でもそれって人の可能性をつぶしていただけなんじゃないかな?そこで言わなきゃ、そのまま暴走するかもって恐怖はあったけど。

やりたいことはやらなきゃいけないことに食われてしまった。
あのレジュメは結局パソコンの中で眠ってしまった。

感じだことは、私って無力だな・・・と。
もっと何かできたのではないかな、なんて中途半端なんだろう。


そのときできることはやった。
できたこともあった。
あの日あの時あの場所で。
だけど、気持ちは満たされてない。
どっちかっていうと後悔。


だから、今度は絶対こんな気持ちにならない選択をするんだ。
行き先を見誤ったらいけないって。

夜の砂漠。 

November 14 [Mon], 2005, 20:03
またも時間を見誤ってぎりぎりに到着する羽目になった。
どうしてスケジュール管理がうまくいかないのか〜・・・。
だめだ。

今日はメンセツでした。
みんな頭がよいっぽい切れのいい喋りをしていてだめだめでした。
学生時代にがんばったことって聞かれてみるとうまくしゃべれない。
しゃべってるとあ〜たいしたことないなって思えてきてしまう。。。

そんでその後大学へ。
なんとなく居場所がない。
友達が書いてた「夜の砂漠にひとり」って言葉はとてもうまいなと。
わたしは彼ほどのことは何もしていないんだけども。
いたたまれなくなってやることやったら帰ってきてしまった。
もうこうやって戯れられる日々は残っていないというのに。

ばかばかばかばかばか。

足が痛くて歩けない。 

November 13 [Sun], 2005, 20:09
まじで。
靴が足に合いません。
駅があまりにきれいだったのでくつを脱いで走り出そうかと思った。

でも同時にあまりにも誰もいなくて、あたりは街頭だけで。それなのに綺麗すぎて。
なんか発狂しそうになりました。
作り物すぎる世界に来ちゃっていきなりモンスターとかでてきても驚かないね。
なんかRPGの主人公。マップにひとりとかの図が思い浮かばれました。
昔やったバイオなんちゃらとか、はさみをもった男がなんちゃらってやつですね。
精神衛生上よくないよ、日曜日のオフィス街。

そんなこんなでこれはメンセツに言った日の話なんですが。
も〜緊張した。そもそも印刷ミスってやりなおしてもらってしかも受けつけ順さいごです。
だめすぎる。。

あのときはいいと思っていても人からつっこまれると色あせて感じられます。
おもしろさっていうのはとても難しいと思った。
あんなに短い時間でもぱっとそれは伝わってしまったことだろうかと。

何かを伝えるっていうのはとても難しい。

無力さ。 

November 12 [Sat], 2005, 20:14
サークルとの祭りごはじめての会議でした。

ありがとう。申し訳ない。頼りまくりでした。
結局なにをしていたのか?何ができたのか?
そう問われるのは当然の結果なのではないかと私も思います。

来年はもっといい関係をつくっていけるように。
残せるものは残す。それだけがわたしにできることです。

でも感謝してもしきれないくらいお世話になりました。

雨の日。 

November 06 [Sun], 2005, 19:54
気持ちが負けたのか、そんなことはないだけど雨が降った日。

朝から昨日の反省を肝に銘じでずっと諦観してた。
もう、こうするしかないのだと。
警備は予想以上に混乱していてなしくずしに封鎖が行われているようだった。
シーバーもあまり役に立っていなかった。

午後の講堂企画は私が知る限り初の満員になっていた。びっくりした。
入りきらないため断るという事態が起こっていた。
実に来る人におばちゃんが多いということでわりかし秩序は失われていて立ち止まり放題だった。
とりあえず撮影用タワーが倒れなかったからよいか・・・相しておこうか。

が、ぽつぽつといやなものが降ってきてそうはいかなくなった。
大丈夫ですか?まだいけます。
大丈夫ですか?そろそろ危ないですね。
大丈夫ですか?シートをかけます。

そんな会話をしている間にどんどん雨は強くなっていった。
私ができたことは現状をシーバーに流すことだけだった。

前々日に頼んだテントが役に立つ日が来てしまった。
ステージの機材がどんどん取り外されていく。
テントを頼んだのはいい選択だったね。
後日談だから今はそんなことが言えるけど。
あのときはやるせない気持ちでいっぱいだった。

ついに「撤収します」という言葉を聴いて、それをシーバーに流した。
まだEDが残っている時間だった。
サークルは機材を守るために必死で撤収作業を行っていた。

あっという間にすべてはなくなってしまった。
かろうじて残っていたのは箱だけ。
そこで情報は錯綜し始めた。
走り出したパレドはどこへ戻ってくるのか
EDはないのではないのか。

誰もが突然の雨に混乱をしていた。


放送事故の日。 

November 05 [Sat], 2005, 19:42
天気ももった5日。祈りの力だと思った。

朝はすることないので本日の動きを確認してバミりとかのお手伝い。

さてさて、うららかに始まったかと思いきや、バミってる間に意外と人が来てしまう。
おや?おやおやおや?なし崩しに警備が始まる。
シーバーの使い方がわからなくてテンぱった。
全然関係ないとこの担当の先輩にシーバーの使い方を教わる。だめだめ。
しかもなんか調子が悪くてだめだめ。

OPに結構人がきて盛り上がりめでスタートよかったよかった。

やっぱり今日も無力さを実感しながら階段に着席観覧。
あとはそのへんをぷらぷらして。
していたことといえば音量の大きさをチェックするくらい・・・・やっぱ必要ないわ、私。

のんきに警備の人と話していたら放送事故が起こりました。
あーーーーーーーーー。あああぁぁぁ。
あわててステージ前に走るものの袖に言って直接止めてくださいとのこと。
ぐる〜っと走って反対側へ。その間にも自体は悪化してました・・・。
袖から叫ぶものの聞き入れてもらえず。
アナの人は自分たちの決断では動けないとのこと。
あああぁ。見えちゃってるし。
結局アナを唐突に出して打ち切り状態で企画終了ーーーー。

ってそれに一息ついたら次のパフォーマーもまた問題だった・・・。
禁止事項のオンパレードになってしまい。。。
同様にして終了ーーーーーー。

その後はふつーにおもしろい企画だったものの。
団体に説教をしたという経験をしました。
行き違いとかじゃなくてね、ほんとに説教だった。
団体だけが悪くない、ほんとに悪いのはパフォーマーだっていうのはわかるけど。
責任者は責任を取るためにいる。不条理さ。

この案件はあとにひいて結局本部お持ち帰りにまでなった。

その後はもう一度団体企画を洗いなおしつつ警備とか引き続き音量チェックとかしてた。
でも、そのことが結局後で連絡系統がごっちゃになるということで苦情がでた。

だめだめだ・・・・。

2006年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像ひでっち
» ほしいほしい (2004年11月01日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mizoguchi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる