春探し。 

2008年02月29日(金) 9時12分
ヒト気の無い路上で
ネコが日向ぼっこ。

そっとそっと近づいてみると、
遊ぼうよと言いながらも
ちょっとずつ
離れていった。

黒い猫だから
陰と同化して
写真に写らなかった。

黒い猫だから
別れた後に
三歩下がってから、
また歩いた。


そもそもの目的は近所の家の庭に咲いてるピンクの梅の匂いを嗅ぎたかったからで、
でも昨日は若い男の子がスケボー、
今日はオバサンが洗車。
ムー
邪魔だ。


ふわりと風に混じる花の匂い。
蕾がぷくりとかわいい。
いいねー!
春だねー!!

桜もいいけど、
梅の匂いの方が好き。

小さな頃から家の窓に入り込んでた。


ピンクとアカとシロの混じる花桃はもっと夢。
69号線の春に会いに行きたい。


音が心にふれて
風と一緒に消えていく

ふわりふわり。


ふわりふわりと。






水。 

2008年02月26日(火) 1時32分
キラキラ尖るナイフの先に、
ギラギラ光る太陽の光。


誠実ゲンザイ空、戯れ。
現実ミライ其処、夕暮れ。


鈴の音鳴らして真夜中徘徊、
自由を纏う月影の猫。


誠実ゲンザイ空、戯れ。
現実ミライ其処、曙。


雨のおと。 

2008年01月23日(水) 18時32分
さっきまでチラチラ降っていた雪は
いつの間にか雨に変わり
積もったわずかな雪を
溶かしていく。

あたしといえば
吐息が白いほど寒い部屋の布団の中で
猫のように丸まっている。

見たくない
思い出したくない
嫌いなもんを連れて
鬱々としている。

変わった人
変えた人
変わってしまった人
それらがぐちゃぐちゃにまわり
楽しい記憶と
楽しそうな想像が疑問にかわり

それが
何故か
悲しい。


Have you ever seen 

2007年10月01日(月) 14時13分
the rain。

いや、rainbow。

そっとヒントを
囁く。

昨日買った本を、
洗濯の合間に、
つまらないニュースの合間に、
あったかいココアを飲みながら、
煙草に火をつけながら、
あったかい布団にくるまりながら、
トイレまで持ち込んでたら、
発行された日付が
印刷されてるページになった。

心の底で
何かが蠢き始めてるところだったのに
もっともっと
そのリアルな想像と
幕の張られかけてた
純粋な気持ちを
イメージしていたい。

ネバーエンディングストーリーも、
ビックフィッシュも、
溜め息が出るほど大好きだけど、
リアルな世界の
夢の中が一番いい。

前とはちょっと変わった
理想の生活を
想像していく。
スピードの比較はせずに
一生はまだ残ってるからね。

例え雨が降っていても
部屋が洗濯物しか居なくても
好きな音楽を聴いて過ごそう。

好きな物と愛を並べて暮らしていたいから。


1ミリも進歩していないような毎日にも
ヒントは落ちている。

平凡の中に
幸せが
落ちているように。

 

2007年10月01日(月) 13時59分
虹色の海に溺れたい

夕陽に泳ぐ魚が見たい

羽根のある猫に乗りたい

旅をする

限り有る世界の
柵の無い想像と。


昨日がゴミでは無い

明日が夢では無い

今日が全てでは無い

無い

何も無い

何も無い無限。



トゲ。 

2007年08月02日(木) 2時04分
忙しない毎日
結局巨大なフリーダムでありながら
日々確実に
追い込まれている

時間欲しいと思う事が
自分にとって夢中で幸せだと分かっているのに
フニャフニャの精神がついて来ず
絵に描いたような
身体異常に悩まされております

ココで辿り着いた、
このトゲトゲに
よし、まだイケると
思うのです

まるまったら
そこで終わり

止まってしまったら
そこで死


今日の1ページ、
嫌いな言葉
明日があるさ
それが
今日一番笑えた事。

毒がまわっても
かかってこいという感じ
そんくらい
イライラしている

イメージが
イメージを呼び

もつれに
またイライラするのだ

よし
いい感じ

好きな事に
期限が着くと
厭になるからね

適当目指して
ブッチギリ!









ロシアンルーレット 

2007年07月11日(水) 0時29分
死にたかねーけど
死ぬかもよ?

今日は雨だから
川の音、
…激流!

昨日は14時間寝て
脳みそがイザって
一人でどうしようもなくなって
夜がくる前にって
海まで走った。

いつぶりかなあ?

寄り道はブックオフ。

原点はいつも
音楽で。
虚無はいつも
ロックで。
共鳴はいつも
パンクな言葉。


トンネルを抜けた瞬間の水平線は
やっぱり少し心を満たして
潮の匂いも
波の音も
平穏な心をそっと分けてくれた
‥ような気がした。

右側の離れたところに
ポツンと人が座ってた

そんでも世界は一つだったし、
水平線の曲線を眺めていたら
世界なんか小ぃせぇでやんのーって感じで

沸いてきたあれやこれやを整頓しながらの帰り道の事は、
よく思い出せない。

いつの間にか
見慣れた町についた。

帰って
6時間DVD見て
泣いて
1日が終わった。
けど、
悪くはなかった
別に
悪くはなかった。

ハッピーなんて
自分の手の中にしかないから
やっぱり
イメージ通りにやらなくちゃ


オレンジの皮。 

2007年07月09日(月) 0時25分
オレンジの皮って
キライ。
果肉だけ食べたいのに
うまくいかないもん。

ミカンの皮も
飲み込めなくて
どんどんミカンの味じゃなくなっちゃうから。

静寂化した部屋の窓から
花火大会が終わった絵が見える匂いがする。
それに誘われて
猫も逃げていった。

さっきまでの事が
もう思い出になっていて
あたしを支えていく、

なのに今は
寂しさを連れてくるんだなあ。

理屈や理由を並べて
世界を言葉で作ると
不必要なモノまで
形になってしまう
さっきまで空気だったものが
チリになって心に積もってしまう

寂しいと言えば
寂しくなるみたいに。


Photograph 

2007年07月07日(土) 3時01分
扇風機の回る音だけがしてる
たまに猫の鈴がなる
なんだかムズ痒い部屋。

回転しすぎた能ミソが
ゴロゴロ鳴りだす
午前三時。

この心を剥いだところで
またピンクが育つだけなの。
ミスターマリックの傷口
脳内カラフル
体外モノクロ。


息をするのを忘れる感覚、
遥か遠くに流れる星の川
記憶の片隅に
残っている幻。


七夕はなんか好きな日。
Milky Way
Miyuky Way
でへ
でも今夜も曇り、、
彦星とやらは何処?
高速の上か。


今日は友達の結婚式のDVDを制作してたらこんな時間。
良いモンが出来ました。
今までのphotographを並べてさ、
これからも一緒に思い出作ってきたいのにな

大事なモンが
増えてくのかな

両手しか
無いから。

昨日の絵を思い出して
眠ろう

明日も頑張ろう
愛する人に捧げよう

7月の風。



(無題) 

2007年07月04日(水) 1時18分
白で着飾り
黒で生きる。

白で感じ
黒で知る。

妄想と
現実。

至福と
闇。

未来と
過去。

他人と
自分。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:miyukiralinda
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1月10日
  • アイコン画像 血液型:AB型
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-ろっくんろーるしゅぎしゃ
読者になる
2008年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる