ひさしぶり〜3

June 12 [Thu], 2014, 1:11
予報通り良い天気〜
サイコーのお散歩日和です〜


ここ何年もF山に通いつめているむらちゃんに付いていけるはずもないが、まぁ、そのときはその時〜

軟弱ノブを気遣ってゆっくりと歩いてくれるむらちゃんに感謝〜

とはゆ〜ものの、日頃の運動不足と、睡眠不足自業自得ではいかんともし難く、と進むしかなく、むらちゃんははるか彼方〜

体力温存で、写真撮り撮り疲れない様に登る。

きっととっくにむらちゃんは山頂ボウルを滑っていってるだろうなと思って、いい加減遅れて到着するとなんと待っていてくれた。
そんで、そんなにヒトを待たせたに関わらず、カラ元気〜


山頂でむらちゃんの知り合いも合流含めて4人で滑ることになる。
ノブ以外の3人はあっという間に山頂よりボトムにかっこいいなぁ〜
ボウル中間部のスナップ〜


一方ノブめはというとめったに見ることのない長閑な景色を満喫しながらモタモタと滑り降りる〜

これまた、カラ元気ですぅ〜


エキスパート3人衆は、もう一本滑るといって登り返していった・・・
軟弱ノブは、一人日本離れした、景観のなか、まったりとを美味しく頂く〜
それにしてもこんなに風もなく暖かいのは大変珍しいと思う。



登り返す途中むらちゃんたちがクールに今日2本目のスキーをかっ飛ばしていった。。
そして、今日二度目のピーク


遠くの山がかっこよく見えていました〜


・・・でお待ちかねのスキー


気持ちいい〜


みなさんかっ飛ばしていきます〜


最後はガスの中スキー終了〜
エキスパートむらちゃんのお陰で地形の特徴に乏しいF山を存分に楽しむことができました。

ありがと〜

ひさしぶり〜2

June 12 [Thu], 2014, 0:17
しばし、思い出話に話に花が咲き・・・・
ありゃりゃ〜日帰りの予定をお泊りに急遽変更〜
Yさんにお泊り許可の電話を掛ける駄目なオヤジが一人・・・
(Yさんはむらちゃんも知っているので表向きは快く許可くださった
翌朝、一緒に登ることを約束し(・・・って言っても今のノブの軟弱ぶりから言って付いて行くことはかなりムズカシイ・・・)その場はお別れ〜
宿泊用食料買出しに、下界へと車を走らせる。〜
・・・でもって、良い子にご飯を食べたら寝てれば良いのだけど・・・
寒気も抜けた後は、とっても良い天気!
当然も良く見えるのです
という訳で、再び車を走らせ、の綺麗に見えそうなところに移動〜
今日は雲もなく満点の星空が広がり、天然のプラネタリウムを満喫する

お約束の夏のいて座銀河〜


F山と天の川〜


画像が荒いとかピントが甘いとか色々突っ込み所満載の写真ではありますが、そこは暖かな目でスルーしてやってくださいまし〜

しかし、夏銀河とは、今年の冬の大雪だからこそのレアなの光景と言えるのかもしれません。

てな感じでをしっかり満喫しちゃったら寝てる暇なんぞありません・・・・

げっ寝不足じゃん〜登れるのか

ひさしぶり〜1

June 11 [Wed], 2014, 23:33
いやぁ〜忙しさにかまけて太ったふとった・・・
運動不足解消に、F山に行ってみることに・・・

ただヤマに行くだけでは勿体無いので、見も兼ねてね・・・
深夜到着、、下界の雨雲を抜け一瞬、素晴らしい星空が広がるも、雲が湧き上がり見えそうで見えない・・・
・・・明け方仮眠を取ってなんてしてたらありゃまぁ〜寝過ごし出発は10時・・・
登山客はとうに出発して早いヒトはもう頂上についてますな・・・
日頃の疲れも取れないないので取り合えず飽きたところが山頂大作戦です〜
今年のF山は残雪が多くスキーが楽しみです・・
晴れて登山日和なんだけど、足取りが重く、体力の衰えは隠しようがありませんな・・・
最初晴れていた天気も中腹で怪しくなり、寒気の雲が湧き上がり、雹まで降ってくる始末・・・
必殺名誉ある撤退攻撃しようかとも思ったけど、折角なのでちょっと先の丘まで行って考えよう〜
(運がよければ気温が下がって気流が安定する可能性もあるし・・)
で・・ヨタヨタと登って行くと視界が晴れ山頂まで見渡せる様になる
アイゼンを利かせ、ゼイコラゼイコラと・・・
山頂までたいした距離ではないのだけど、これがなかなか、都会暮らしになまった体には、堪える登り、
しかも、リミットまであまり時間もない、けどまぁ飽きたところが山頂大作戦なのでまぁ気楽なもの・・・
なんだかんだ、リミットぎりぎり一応稜線まで行くことができた〜
稜線からはダイナミックな景色が広がり、最終ランナーの特権である静寂を独り占めです

明日はもう6月というのに気温は氷点下、風も強く、休んでいると寒いです。

でも、だけは忘れないノブなのであった・・・
いつまでもゆっくりしていたいところだけど、あんまりのんびりし過ぎるとてなことにもなりかねないので、急いで下りましょ〜


傾きかけた陽の中、クラスト雪を掻き分け、よくわかんあやしげタ〜ンでずっこけながら降りるのであった。。。
日が沈むころようやく下山、とぼとぼと車道をあるいているとなんと十数年ぶりに山仲間(むらちゃん)に再会
まだ若かったあの頃よく色んな所に滑りに行きましたね〜
■プロフィール■
■お名前  ノブ■
■趣味 テニス、BCスキー■
■いくつになってもワクワクを忘れずに・・・
お便りはこちらから...
■片手バック保存会■
いまや絶滅の危機に瀕している?らしい片手バックハンドを楽しんじゃえとあにさんが提唱して発足?片手バックを打てる方ならどなたでも入会できます。初代会長?は丁稚さんらしい。
2014年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
Yapme!一覧
読者になる
P R