感染根管治療について

August 18 [Fri], 2017, 18:07
感染根管むし歯が深くなり歯髄炎を起こしていてもそのまま治療しないでいると、歯髄の組織が細菌により殺されてしまいます。所謂、神経が死んでしまった状態です。こうなると、歯髄の細胞による免疫力が失われてしまっているので、根管内で細菌がどんどん増殖し、虫歯菌や歯周病菌だらけになります。また、すでに神経を取った歯でも、根管内に細菌が進入すると、同じような状態になります。

感染した細菌が根の管の中から歯を支える骨の中へ感染が広がっていき、根尖性歯周炎という病気を引き起こします。根尖性歯周炎になると、歯ぐきが腫れて、歯痛が出たり、骨が溶けて歯がぐらぐらになり、ついには抜歯してしまわないといけない状態になります。
根管診療器具で感染根管治療とは、歯の根の管の中の細菌や汚染物を取り除き、根尖性歯周炎を抑えていく治療です。抜髄と違い、すでに細菌に感染してしまっている状態から無菌的な状態を作り出していかなければいけないので、飛躍的に処置の難易度が上がります。

抜髄も感染根管治療も、根の管の中を無菌にし、根尖性歯周炎が再発しない状態にすることが成功といえるでしょう。

処置後のメンテナンスも重要です。抜髄・感染根管治療の処置が成功し、精度の高い土台やかぶせが入った歯でも、後々のメンテナンスが悪く、むし歯が再発してしまったら結局根の管の中に細菌が入り込んでしまいます。やはり定期的に歯科医院へ行って、歯科治療機器で検査してもらうほうがいいでしょう。

source:http://www.dentalhandpiecejp.com/2017/08/18/%E6%84%9F%E6%9F%93%E6%A0%B9%E7%AE%A1%E6%B2%BB%E7%99%82%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/miyoko123/index1_0.rdf