【 更新情報 】

スポンサード リンク

お宮参りのしきたりに振り回されないで!!

お宮参りってお祝い事ですよね。

しきたりなんて基本的に関係ないと思うのですが。

しきたりよりも親であるあなた方が、親としてどう大切な自分の子供に、お祝してあげたいかでは

ないのでしょうか?

大切な自分達の子供じゃないですか。

ご両親の子供ではないのですよ。

しきたりに振り回されない様に。

一生に一度しかないお宮参りなのですよ。

大切な子供の宮参り記念の日です。

決して後悔のないように…

自分達の気持ちで、したいお祝いをしてあげる。

それにご両親をご招待してあげれば、それはすばらしい

お宮参りの記念日になるのではないでしょうか?

素敵なお宮参りになります様お祈りしています。

宮参りの衣装

お宮参りには何を着せるの!!

赤ちゃんには里から贈られた初着(うぶぎ)(産着)を掛け衣装としてまといました。

男児には熨斗目(のしめ) 女児には柄模様の晴着を着せました。

社前に御神酒と赤飯を供え、赤ちゃんをつねって泣かせ、神様の印象に残し、将来の加護を祈ったそうです。

この事から、宮参りの熨斗目は着物になります。

熨斗目には紐がついていますよね。

赤ちゃんに着せるのでは無く、抱いている人が、その紐でおおうそうです。

着物とは少し違う仕立てになっています。

それを、七五三のお宮参りで、3歳になってから着せる時に、

袖などを直し、着物に仕立て直し、着せるそうですよ。

ここ最近では、お宮参りする家族によって様々だそうですよ。

どうしても気になるようであれば一度お宮参りする神社で聞くのも良いですね。

お宮参りで初めての大切な記念写真

お宮参りの写真撮影の時

初めて宮参りに行く頃、私も産前の洋服は胸が大きくなり

着られなくなりましたので写真撮影時には新しくスーツを購入しました。

宮参りに行く前に、家族写真と子供のみ(着物・ドレス)の写真撮影をお願いしました。

写真のポーズについてはあえて希望は言いませんでした。

家族写真では、私がイスに座り子供を抱いて、夫がその隣に立ちました。

宮参りの為に購入した私の洋服は子供の着物で覆われていて全く写真には、写っておりませんでした(苦笑)。

正直言って買わなければ良かったと思いました・・・?

ワンピースにカーデガンでも悪くは無いと思いますが、せっかくの大切な、大切な、子供のお宮参りです。

初めての記念に写真を撮るのですから、お金をかけて撮って戴く写真なのですから、少し気合を入れた方が、

良いのではないのでしょうかと私は思うのですが・・・

初めての長い外出となるお宮参りですのでくれぐれも風邪など引かさない様にしたいですね。

宮参りでは、お風邪などひかないようにね

お宮参りで赤ちゃんを抱っこするのは、お祖母さん?

赤ちゃんが生まれて産土神にお宮参りする行事のことを言います。

赤ちゃんが氏子入りをする儀式ともいわれています。

おそらくは、氏子入りを目的とする事からでしょう。

赤ちゃんの父親の母親、という事でおもに「おばあちゃん」が抱くようですね。

家に入るということならば、

おじいちゃんでも良いのではないのかしらとも思いますが・・・

おそらく昔からふるくあるものなので

育児(赤ちゃん)に関して男性は、

ほとんど関わっては、いなかったのではないでしょうか。

最近では家を継ぐ、氏を残していく、その家に入ると言う事も

あまり難しく言わなくなったのではと思いますし、

近くにおばあ様がいらっしゃらないという事であれば

ご両親だけでお宮参りするのも、特に問題はないと思いますね。

おそらく赤ちゃんが、初めて長い外出をされる事と思いますので、

くれぐれも、赤ちゃんがお風邪などひかないように、気をつけてあげてくださいね。

初めてのお宮参りですお祝いの行事です。

大切な赤ちゃんの為にご両親が心からのお祝いをしてあげる事が大切では無いのでしょうか。

宮参り七五三の祝い方

お宮参りとは本来、日本の風習で、「かぞえ」でお祝いを行ないます。

満3歳になった年、とも言われていますが、これは最近の傾向でのお話です。

子供が、「我慢」がきく年齢になれば、宮参りを、落ち着いてお祝いする御家庭もあります。

風習どおりに執り行わないと実家方面の攻撃が酷いため、仕方なくかぞえで宮参りをする所もあります。

その他に、上の子・下の子と一緒にやるため・・・たとえば、

上の子:数え5歳の男児

下の子:満3歳の女児

こんな感じで、一緒にやっちゃうなんてことも・・・。

私の子供は、去年幼稚園の年長組だったんですが、

・お誕生月が早く、11月には6歳になっていたため、年長の秋に七五三(7歳)の宮参りのお祝いをした女子。

・早生まれのため、11月はまだ5歳半なので、年長の秋に七五三(5歳)の宮参りのお祝いをした男子の両方がいたんですよ。。

お誕生月が早い男子は、年少の11月にはもう4歳(数え5歳)でしたので、年少で宮参りをやった子もいたんですよ。

つまり、学年単位で考えると、男子は3年間にわたり、七五三(5歳)の宮参りのお祝いがあったことになるのです。

お参りの神社は、初宮参りでお世話になった神社でするのが一般的というより、自宅の地域を管轄する氏神様の所に行ってしまうのでしょうね。

初宮参りも七五三もお世話になる為、必然的に同じ神社になってしまうと言う事が現状なのかもしれませんね。

いずれにしてましてもご家族で良く相談し、解からない事があれば、神社にご相談すると

言うのも安心なのでは無いでしょうか・・・

いずれにしましても大切なお子様のお宮参りです。

素敵な記念の一日になる様お祈りしています。