We are KinKi Kids Live Tour 2016 TSUYOSHI & KOICHI

September 29 [Thu], 2016, 22:47
久しぶりの冬じゃないコン。
 秋とはいうものの会場の温度は言葉通りに汗ばむほどに上がるのも当然だ。
 しかも20周年イヤーコンサートだ。20周年ではない。20周年イヤーコンサート。なんだそれは。KinKiちゃんて、5年ではアニバーサリー刻まないし、10周年は単発で一年後にツアーしてみたり、そこら辺一々裏をかいてくるのなんなの?べ、べつに私いつでも暇してるわけじゃないんだからね!
 つい、ツンデレてしまいたくもなるのだが、正直いって浮かれているし、久々のアリーナツアーに緊張もしている。以前つよっさん初ソロの時は真昼間からチューハイ飲んでほろ酔いで会場入りしたものだが、もうこの記念前祝ツアーの緊張をほぐすには命の白のシャルドネ浴びる程飲んでから会場に入ったほうがいいんじゃないか?…確実に3曲目くらいでトイレ行きたくなるから却下やな、うん・・・・
 そんなことを思いながら我々は大人しく開演まで席で身を固しくしながら顔だけにやにやしながらその時を待つのであった。
 
 薄暗い場内で、さて今回はどんな始まり方をするのかな?10周年の時は硝子の少年で出てきた瞬間に号泣した私だ。それまで泣いたことなどなかったのに、それ以来、ちょっとしたことで号泣しているが(それは加齢)
 
 Over Ture
 ぼんやりと場内が黄色と緑色と赤色がまざった光に包まれ、遠くからホイッスルの音が響く。そして物哀しいようなアルベジオ。
 そして、ステージには露出と羽根成分多めの衣装で現れる数十名のベテランダンサーが花道を埋だす。その光景は
『カーニバルやな』
『リオのやつやな?カーニバルの入り口ってやつやな』
『でもこのカーニバルは陽気なやつやないな?ミ・アモーレ的なカーニバルやな』
 そうなると、もう一曲目は決まったも同然

 薔薇と太陽
 この夏5万回聴いたけど、100万回聴きたかった!
 ステージは暗闇に再び包まれている中、ミ・アモーレ的な音が止んだ刹那に、ぼんっぼんっぼんっぼんっ
って赤い火の玉がステージ左から右へと順にあがる。
 そして真っ赤な照明の中に、相変わらず
え〜?いつ出てきたん?的唐突に悠然とおわすKinKi Kids.やばい!衣装がアラブ!!行き過ぎた異国情緒!光一さんオイルダラーみたい!イカス!つよっさんなんかわからんもん売ってる人風やな!足首んとこっきゅっとしぼってるの可愛い!ジャスミン気取りか?あ・ら・ぶーーーーー!!
 ステージ今回スッキリしてるな、って思ってたけど、とにかく赤いな。なんか赤と金の布凄い垂れてる。きんききっずのきんは金やで!といわんばかりの金の刺繍でロゴ入ってるのすごいな。
 そして 白のシャルドネ時に、ひゅ〜っと上がる悲鳴。
 シャルドネは白だがステージは赤い。ぼく羽根でいつも大量の羽降らすマシンも、赤い花びら型紙吹雪を激噴射。ただの小さい紙切れに、狂喜乱舞しながら、手を伸ばすオーディエンス。SNSにアップするんか?
 とかいいながらも、私も必死で花びらを!!二人から投げられるもんは全部欲しいんじゃ!

 ビロードの闇
 止まらない異国情緒と薔薇世界。きゃー!MVの指パチンやってーーー!!!
 再び薔薇の花びら紙吹雪噴射。

 約束
 ・・・止まらない逃避行感。この3曲に漂う、許されざる愛の逃避行。
 これ、約束にて不義の愛の終着迎えちゃったので、来世で逢おうね・・・

 naked mind カジュアル!異国の逃避行不倫地獄から、アーバンライフに戻ってきました
 暖色の照明に普段着系衣装で、二人の後ろで繰り広げられる創作ダンスも軽やかだ。
 
 モノクロドリーム 小芝居系創作ダンスでシティボーイみのある二人の衣装に前曲から変わってます。
 光一さんは例の如く化繊のやけに丈の長いストール巻かされて鬱陶しそうにしてるけど毎回そんなんなるんやから、いい加減、首に長いもん巻くの嫌やって言ってみたらどうだろうか?衣装出来上がってから、 いうからややこしいんであって、衣装案出るまえに言うとくべきやな。一方その頃堂本剛は、またしても入手手間取る謎のモチーフを身に着けているので、終演後に探索隊が一斉に入手方法を調査して市場から消えるいつもの流れ!

 星見ル振リ そして、シティボーイたちも旅立ちの時を迎える。

 ここから、バクステは移動
 危険な関係 
 ギラ☆ギラ
  2曲使ってステージ移動

 @D
 since1997
 TIME
 Plugin Love
  アンドロイドダンスターイム
 旅立った先はサイバーシティだったのです。
 二人は20年前にドクターキタガワが造り出したアンドロイドだったのです。
・・・という感じなコンセプトみのある加工み溢れる演出が最&高にサイバーでハイバーだ。世界で一番緑色のれいざービーム似合うわぁ。あと、女性ダンサーやたらでかいのもサイバーに拍車かけ過ぎ。

 夜を止めてくれ
 このまま手をつないで
 Summer〜僕らのシルエット
正面ステへ移動。こんだけ手を繋いでソングなんだから、それはもう手を繋いで移動しろよという我々ファンの期待を毎回見事に裏切ってくれる俺たちのKinKi Kidsは右と左に分かれてなんやダンサーさんとかとじゃれながらメインすてへお戻りになられました。
 
 ホタル
 冬のペンギン
 陽炎〜kageroi
 SPEAK LOW
控えめにいってあの世タイム
 祭りの縁日で、キツネの面をつけたつよっさんに導かれて鳥居くぐったら戻ってこれないよね、
という妄想を秋口にするのが性癖なのですが、上記はその私の性癖を限りなく満たしてくれる演出でした。
 なんで冬のペンギンまぎれてんのか?・・・たぶんホタルの氷の上をすべるペンギンにつられたのでしょう。

 鍵のない箱
 KING PROTEA
 鉄塔の下で
 雨音のボレロ

クレーンで高所、スタンドのお席の人達へのご機嫌をうかがいますよタイム・・・なんだけど
クレーン高すぎじゃね!?スタンドにいるのに、首痛なるまで見上げなあかんってこれどういう状態??
光一さんなんて、もはや天井の梁の模様みてね?それともその位置に歌詞出てんのか?

 夢をみれば傷つくこともある
 ね、がんばるよ
 なんねんたっても
解ってたで・・・君たちが白い衣裳を纏っていることに気づいた時から、ここが本編の終わりなんだったことは識っていたで・・・
 この、披露宴みたいな挨拶をすることわかってたで!このパターンでなんねんたってもいくんやもんね!
 

 EC
  愛のカタマリ
なんぞ!?このファンファーレバージョンなんぞ???
盛大すぎない???
 アンコールこんな盛大な壮大な
・・・あ、二人で練習したP−ボーンを披露したかったんやね。
・・・披露宴み強すぎるんですけど、えぇよ、楽しそうやから。

 硝子の少年
逆に!?このピアノバラッドバージョン???
 アンコールこんなしんみりしてて大丈夫???
 アンコールでそんながっちりバレエ風ダンスってDO YOU こと?

W EC
 Secret code
 せやな☆


 っていうのになればいいなぁ〜予想です。
・・・なれば、いいのか?
 最後の方もう完全にアレなんですが、私の初日は大阪なので武道館から数日間この記事放置しておく謎の罰ゲーム状態が辛いですが、コンサート楽しみですね!
 エンジェルはあえて入れませでした。来年の7月に聴けると信じて。

ゲームセンターあらし

September 08 [Thu], 2016, 23:37

 名探偵コナンになんかアレな感じではまっているという話を数度ブログで漏らしているわたしであるが、この写真が、噂の安室くんのぬいぐるみだ。
 わぁ!キラキラした石と一緒にビニルでラッピングなんてかわいー!!
とか、思いますか?なんか、小学校の時のお楽しみ会みたいに心温まるラッピングやよね、これ。
 
 ところで、このぬいぐるみの入手手段の話なのだが、いわゆるプライズというものにあたる。
 ゲームセンターなんかでクレーンゲーム等の景品として流通している。
 アニメにはまると、なんでもかんでもアニメイトか京アニショップで手に入れていた私にとっては鬼門、ゲームセンターの景品なのだ。
 映画公開時にゲーセンに現れ、あっという間に姿を消した(らしい)のだが、大好評につきこのたび再びクレーンゲームに登場することになったのだ。
 上記の状態だった為に再登場が決まるまではなんとかだらけとか、ほにゃらら堂とからし○ばんなんかでは高額で売り出されていたわけだが、どうせ金かかるんなら、自分の手で捕まえに行きたい!夢withYOU(本庄裕二)と狩猟本能が真っ赤に燃えてしまったので、本日定時で仕事を終えて、激戦区であろう梅田や日本橋を避けて、エキスポシティへ向かった。

 エキスポシティはポケモンショップがあるので、さぞや名だたるモンスターが狩れるのでは?とかなり期待して赴いたのだが、こらったとポッポがちょろちょろ出てくるだけだったので、そりゃないぜピカチュウさんよぉ!?
と膝を折って泣いた時の画像が下記のやつ。

 出そうじゃん?ポケモン!田舎に帰省した時よりも出なかったよポケモン!

 話を戻すと、まあこの大阪ホイール置いてる施設のゲーセンにぬいが入荷してるっつーんで足早に現場に向かったのだが、こんなただの商業施設でも、道に迷う私・・・!行先をなくした旅人みたいさ!早くカーニバルの入り口にとりまねいて!!と施設をウロウロしながらようようたどり着いたゲーセンでも、目当ての機械を求めてウロウロ
 ここで白状しておくと、私はクレーンゲームをするのはおよそ20年ぶりくらいなのだ。KinKiちゃんがデビューしたころには、もうそんな遊戯(当時はUFOキャッチャーといっていた)に金を費やすことなどなくなっていた。なぜなら私は壊滅的にゲームが下手だから。こんなもん取れる気がしない、と20年前にはあきらめていたので、寄り付きもしなかった。
 そんな人間がとりあえずクレーンゲームの祭屋台の中を練り歩くこと10分
あれ?そのぬいぐるみの入った機械なくね?もうなくなってしまったのか、まだ入荷してないのか?わからんけど、とにかく見当たらんわい。
 でも、こんな観光地みたいなところまで足を運んで手ぶらで帰れないと思い、情報を求めてインフォメーションへ向かうと「現在2台稼働しております」
・・・・???見つけきれなかったよぉ!という哀れそうな表情をすると機械まで連れて行ってくれた

 「・・・・・・これーーーーーー???みつけられるわけなくね?」
 私の知ってるクレーンゲームって、なんかガラスの筒ン中にみっちりみっしりぬいぐるみが詰まってるってやつなんだけど、案内された機械は、四角い水槽みたいなんに、アクリルの石がいっぱい敷き詰めてあって、背景よろしくポケモンのぬいぐるみが奥に並んだなか、ちょっこーーーーん、と2体のぬいぐるみが鎮座してるのだ。
 え?ぽけもんは完全に飾り。この2体が欲しいんだろ?じゃ、ま、頑張ってチャオ☆
 と、いう様式。
 そしてその水槽みたいなんの前で一人の女性が格闘されているのだ。
・・・これ、絶対時間かかるやつやん。時刻は7時前、閉店は9時。突如としてそわそわする私に、5分後店員さんが
「もう一台稼働しましたのでご案内します」
 ・・・ゲーセンってご案内してくれるもんなの?なんかよくわからんがへこへこと付いていくとやはり四角い水槽の中に、安室くんと赤井さんがちょこーーーん。
 どうでもいいが、今回再販されてるのってコナン君とか犯人とかあったと思うんだけど、これ完全におめぇはこの2体の為にはるばるやってきたんだろ?状態。

 とにもかくにも一安心。さて、いくらかかるかしらんが、頑張るぞ!ちゃりんちゃりんちゃりんちゃりんちゃりん・・・

 何分、不慣れなもので、家に帰ってネットで検索してから知ったのだが、このお楽しみ会ラッピングは女性へのプレゼント仕様などでは決してなくて
「ビニルというつるつるした梱包での滑り」
「アクリルストーンを入れることで重さを増しクレーンで遠くに運べなくする仕様」
「敷き詰めた石にアームがかかると、とりあえずつかみにくい」
 という、店側からの高練度ゲームセンターあらしに向けてのチャレンジングだそうですね。
 重ねていうが、私は21世紀に入ってから、クレーンゲームなんてしたことないのだよ。
 でも取りあえず、位置がずれたら店員の兄さんを呼びつけるということがアリなんだという近未来ルールについてはまなんだ。
 あと、先に格闘されていた女性が、凄く助言してくれた。
 ついに、考えたくもないほど100円玉使って安室君をゴールに放り込んんだ時には、
「はぁぁぁぁーーーーー!!やったーーー!!」」
と叫んでへなへなとレバーに縋りついたし、順番待っていてくださった人達からも安堵の声が(ほとほと申訳なく)
残ったかね(いや、金は全然残ってない。手をつけてはいけない封筒の金を両替した)で赤井さんにちゃれんじしたが、数回で集中力もきれたので撤退することにした。

 せっかく滅多にこない施設にきたので、なんかうまいもんでも食って帰るか、と駅についた時は思っていたのだが、とてつもなく疲れて、早く家に帰って風呂に入りたかったので、とっとと帰宅(といっても1時間半はりついていた)し、チキンラーメン食べた。

 赤井さんは、もうこういうの取ってくれるプロとか雇いたい。
 
  

夏の思い出

September 05 [Mon], 2016, 22:39
 電子機器を信じていないので、いまだに手帳は冊子のものを持ち歩いて、予定が入ったらザクッと記入している。

7月はコナンを5回観に行った。
遊戯王の喝采上映を一回とキンプリの応援上映梅田最終を観に行った。
あと、ガンダムのサンダーボルト。
アニメではないのは
TOO YOUNG TOO DIEを7月16日に。
 くどかんx長瀬のあのはちゃめちゃっぷり。

 予告を観ての予想は、バス事故で死んだ男子高校生が鬼とバンドやって、なんやかんやで現世に戻ろうとする話
 最後はハッピーエンド☆
だと思ってたんだけど、輪廻転生、予想外にシビア!畜生道のターンはまだ笑えてたんだけど、人のターンしょっぱすぎ。
 あと、あの世と現世で時間の流れが違うっていう設定は後半じわじわと効いてくる。
 地獄のターン観てると、馬鹿ばっかりやってるんだけど、現世に転生すると、人の一生てとてつもない速さで流れていて、神木くん演じる主人公がどんどん置いてけぼりをくらってるのを感じてすごく焦るのだ。
 流れていく時間を止めることは、神様でもできないのだ。
 そのうえでどうやって落としどころつけるのかな?というのがこの話の肝だったのかと。
 とはいえ、天国での「ビーフの上!セックスの横!!」が、この映画の結論だったのではないかと思いました。(作文)

 8月は、ゴーゴーボーイズ ゴーゴーヘブンを観に行った。
 夏だし、阿部サダやし、岡田将生くんやし!めっさバカバカしいらしいっぽいし!
と笑う気満々で守口へ。
 めっさ笑ったし、ずっと美少年(とかおっさん)がセクシーダンスとか踊ってくれるんだけど、結末はただの松尾スズキやった。
 幕が降りた瞬間の
ですよねーーーーーーーーーーー!!!!????
感といったら、清々しいわ、いっそ。
 生岡田将生くんは美しかったし、本当にIQ2っぽい雰囲気も最高だった。

 夏休みは、12日始発で東京へ。
 夏コミで夏を満喫して、13時頃に秋葉原でお友達と落ち合ってごはん食べて、14時過ぎに新幹線に乗って山口へ帰省。無駄に忙しない。

 山口は、コダックがたくさんいました。
 あと、我が家がカモネギの巣だったのだかなんなのか、ぽけごー起動する度にカモネギ現れて、カモネギ別に進化するわけもないから、もう、コイキングとかでええんやで?っという気持ちに。
 そりゃそうと、田舎なのでポケスト全然なくて、これが地域格差なのか!?と驚愕。

 そして、夏休みを一日勘違いしていた私は、16日出勤だと勘違いし大阪へ戻るも、17日から出勤だったという。
 なんか!もう!!バカ!!
  
 KinKiちゃんのブルーレイは、デュアルモニタールーム借りてお友達と鑑賞会。
 3人でデユアル必要あるのか?とは思うけど、気持ちが大事
 小さい部屋に、デュアルモニターだから音量最小でも爆音。このシステムは大きい部屋向けなのね、きっと。

 8月25日はサンデーSとかいう雑誌の10月号を探しに探しまくって結局手に入れられずに、は?、漫画?なんじゃそりゃ?のお友達にまで連絡して見つけたら買っておいてくれと、連絡を方々にしたものの手に入れられず、くたくたになったのだけど、今日取り合えず同雑誌の11月号で目当てのものは概ね手に入るとの発表があったのでとりあえず安堵している、そんな夏の終わりです。
 
 

19周年おめでとう 薔薇と太陽無限リピートマン

July 21 [Thu], 2016, 23:08
 KinKiちゃんのデビュー20年に向けてイヤーにまったりと想いを馳せる予定だったけどなんっかもう昼から落ち着かない。
 
 元旦で「コンサート!増えるって名言した!期待!!」
だったのが
 3月くらい「そんな気配みじんこたりともなくね?」
 GW「つーか、とりあえずデビュー日はなんかリリースあればよかったねくらいの予定なし具合」
 6月「わかったわ!どうせ12月頭から5都市ツアー復活でなんか増えたねよかったねってなるんやろ?」

 ここらあたりで、あきらめて、秋の予定をめちゃくちゃいれた。
 運がいいのか悪いのか、名探偵コナンにはまったので、同人誌即売会にもめちゃくちゃいく予定にしたし、舞台観に行く予定も入れた。

 昨晩「はぁ〜〜〜。これはよ生で観たいなぁ。私このmv12月まで何億回観るつもりなん?」
薔薇と太陽特典垂れ流しっぱなしで寝落ち。

 で、今日の昼休みのアレ。

っはぁ〜〜〜〜〜!!???
 私、どこの会場申し込める?いつなら大丈夫??どうせなんもねぇーわって家にスケジュール帳おいてきたからまったく秋の予定がわからん!!あ!赤ぶーの予定は検索できるわ!

 KinKiちゃんのアリーナツアーの日程が出て、ものっそいテンション上がるが、肝心の自分の予定がわからないので友人の予定を確認するだけの作業で小一時間の昼休憩が終了。
 もう、本当予想してなかったので、メール来た瞬間はすごく浮かれたけど、だんだん
「あれ?もしかしてこれ悪質なスパムメールだったりする?本当はこんなメール他にはきてなくてなんか騙されてるんじゃない?」
 と、友人に連絡→返信あるまで不安になったわ。

 そんなこんなで、脳内で右往左往していただけで、どこを申し込むかまだ決定していないのだけど、なるたけ!沢山の Va・Cu・Vanがみたいんや!
 アリーナクラスだと防振買わなくても大丈夫よね?ドームで使てる双眼鏡で大丈夫よね?
 コンの前に髪切りたいしパーマあてたいし色も入れたいし服も買いたい
 それなのに、チケット料金なんで大胆な値上げかましてくれてんの?
はぁ〜、とりあえず振り込み締めが給料はいってからでよかったわ。

 さーよならをーいうたーめだけのーーーゆーーきちでぇもぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(尚、愛されたことはない)

キンプリカフェとハイボールバー

July 13 [Wed], 2016, 13:46
 今日ならキンプリカフェフリー入場ですよ
と連絡をもらったので、急きょ仕事終わりに心斎橋で関口さんと待ち合わせすることに。
 ちょっと時間あったので大丸のセール除いたら、ビビアンの鳥が交尾している1ポイントが入った攻めてるタイツを購入。
 若者のファッションビルOPAの1フロアはすっかりアニメショップがひしめきあうフロアに。
 コナン君の脱出ゲームもやってるからそのうちいかねば。

入店〜。かなり空いていたので好きな席を選べたのでユキ様とタイがの席。
 ほんで、メニューはドリンクが5種類くらいとあとはフードがオムライスと火を通して甘みが出たセロリの入ったスパゲティ。デザートはアップルパイととアイスの盛り合わせみたいなやつ。
 カウンターでダラダラ迷っている私たちにもニコニコ付き合ってくれる優しい店員さん。込み合ったマクドなら殺害されるレベルであーでもないこーでもないと悩む。 

私はスパゲティとアップルパイと、とってもさわやかだと店員さん談のカヅキ先輩のドリンク。
せきぐちさんのオムライスにはLOVEと書いてある。
アップルパイはコウジの尻から発射されたに違いないはちみつが!
料理は普通に旨かったです。あったかいし。コラボカフェの中だとなかなか上出来。

店内では、キンプリの映像が流れていて、つい見入っちゃうよね〜とかいっていたら
EZ DO DANCE終わったあたりで
「続きはDVDでね!」
驚きの販促DVDだったらしい。
それにしては、内容半分くらい流してた。逆にすごいサービスじゃ。

ちょっと、秀に思いを馳せてバーボン一筋党へのあしがかりとして、一年ぶりくらいに梅田のハイボールバーへ

メーカーズマークをハイボールで。
すっきりしてて飲みやすい。

イワシサンドが復活ということだったので、オーダー。燻製盛り合わせも食べたかったけど、私らさっき普通にカフェで飯とデザート食べてるからね。そして、テーブルチャージに含まれる瓶入りミックスナッツを際限なくつまんでいたからね・・・
 でも、食べたかったイワシサンド。理由は旨いから。

 バーボンとチョコレートソースがけバニラアイス
 アイスが結構ねっとり系で、チョコソースもとろっとろで、バーボンが絡んで最高オブ最高でした
 バーボンとチョコレートソース→愛しい褐色の恋人!

 







TREASURE CANDY GRANRODEO LIVE TOUR 2016に行ってきた

July 11 [Mon], 2016, 23:16
 7月9日 土曜日 17:00開演 大阪城野外音楽堂

 野音久しぶり。
 ほんで、野外は私本当雨の思い出しかなくて、今回も天気予報で大雨だっていうんで100均でレインコート買って向かったのだが、蓋を開けると、開始時間は日差しで肌がじりじりと焼けるような天候に。立見席だったのだけど、野音の立ち見って、席ありの後方に人口芝生敷いてあるピクニック席みたいな感じなので、結構自由に動けて楽しかった。おにぎりとか食べたくなるよね。

 入場時に風船もらったんだけど、どっかのタイミングで膨らますのかと思っていたら(阪神の7回のアレとかTOKIOのアレみたいな)特にそういった催しではなく、最初から膨らまして手に持っておかなければいけなかったらしい。
 グラロデ、ここ数年はキンキちゃんとB’zの次くらいにはLIVE行ってるのに、相変わらず
「OK OK なんとなく知ってるぜ!なんとなくわかってるぜ!」
というノリで参加するので、すんません、セットリストとかはわからんです
 わからんけれど、知ってる曲がたくさんあるし、しらん曲も置いてけぼりくらわないので、楽しいのだ。
 夏で野外なので、通常携行品として持っていた扇子と長めのタオルが役に立った。
 毎回
そうや!なんか扇子振ってたよね!
そうや!タオルって振るよね!
 とその瞬間がきて気づいて、まぁ、もってないわけだが・・・・と残念な気持ちになるのだが、今回は持ってて嬉しい扇子とタオル。
 後はキンブレ持っていってれば忘れ物無し!だったので次回は覚えておかなくては。

 あれから二日。
 二の腕とふくらはぎの筋肉痛が緩まないのだが、この筋肉痛までもがライブのお土産と思えば楽しい。

 
 
  

遊戯王 THE DARKSIDE OF DIMENSIONS  大喝采上映会に行ってきた

July 10 [Sun], 2016, 22:30
 アニメ大好きMY LIFE

 水曜日 コナン純黒(6回目)
 木曜日 ガンダムサンダーボルト
 金曜日 遊戯王
 土曜日 グランロデオ野外ライブ

・・・我ながら、よく外に出向くオタクであるなと思う。元気が一番。


 さて、遊戯王であるが、これまた全く知らないのだ。
知ってる知識は
「俺のターンだ!」「もうやめて!なんとかかんとかのライフはゼロよ!」っていう決め台詞があるんだろ?
てことくらいだ。コナンでいうとこの「せやかて工藤」くらいの汎用性なんだろ?
 カードゲームもしたことないし、なんやったら主人公の声が風間君ってことも、木曜日にせきぐちさんから聞いて知った。

 じゃ、なんで行ったん?ってことだが、
「大喝采上映ってすごいらしいよ」
ってきいたから(いつもそんな理由だ)

 大喝采上映、光る棒もって振ったり、コスプレしたり、声だしたりしていいっていう、キンプリで言うところの応援上映だ。
 ただし、キンプリと違って遊戯王ってかなりメジャーなジャンルだし、長いことやってるわけだから、上記のような知識しかない人間が行っても楽しめるのかな?という不安と、まぁキンプリだって、話題になってから参加しだしたんだし似たような状況やろ、とたかをくくった気持ちと半々くらいで臨んだ。

 まず客層は、男女半々くらい。もともとジャンプ系だし、カードゲームなので昔少年だった男性と、圧倒的海馬社長ファンらしき女性たちとでそこそこ席は埋まっていた。
 映画の本編の前の提供でありがとー!と声をかけたり、お約束のようなところでつっこみが入るのは、予想の範囲内だったが、ちょっとキンプリでは見ない謎の行動をとる人が数名いた。

 舞台は海馬社長が牛耳っている街(なんだと思う。よく知らんが)とエジプト(なんだと思う。よく知らんが)なのだが、そのエジプトのターンに入ったころあいに、すんげー長い帽子をかぶった人がゆっくりと・・・ひどく存在感のある雰囲気で暗闇の中を登場したのだ。
 その時は、正直
「え?ライオンキング的演出?上映途中になんか劇団員なにか始めるの?流石やな」
と思った。週末で思考が動いていなかったのかな、私。
 戸惑って様子をうかがってると、ゆっくりとその長い帽子は私たちの前を横切り、席に・・・・ついた。
ただのコスプレイヤーだった。
 いや、ただのコスプレイヤーというには帽子長すぎる。
 運の悪いことに、せきぐちさんのド真ん前に座ったので、帽子とってもらったが、そのときはただの遅刻かなと思っていた。

 無事帽子もとってもらったので、映画に集中していたのだが、物語の中盤に獏良くんという少年がピンチを迎える。
 私の隣に座っていた男性コスプレイヤーは彼のファンらしく、しきりに何やらたくさん叫んでいた。
 おぉ、多少危険な性癖みを感じることを叫んでいるが、相当好きなんだな、と思っていると、その男性はそっと席をj外したのだ。
 お、トイレか?好きなキャラの登場まで我慢していたんだね。頑張ったな、ゆっくりしてこいよ。
 余計なお世話だろうが、そんなことを思いながら、映画を見ていたが、その隣の彼は一向に帰ってこない。
 よほど腹の調子が悪いのだろう、と思っていたのだが、数十分経過後、獏良くんの再登場シーンと共に戻ってきた。そして、また何やら獏良くんにむかって叫んでいるのだ。
 
 推しキャラの登場している間だけ席について応援するスタイルらしい。
 そして獏良くん、結構長いこと不在のシーンあるので、映画半分くらい彼は席をはずしているのだ
 こういう文化なのだろうか?
 彼は席をはずしている間、どう待機しているのだろうか?
 暗闇でもわかるくらいのコスプレ姿で、中の様子に聴き耳をたてて待機しているのだろうか?
 こういった風習は当たり前に行われれいるのだろう?
 なんとも不思議な気持ちになった。

 映画の内容は、初心者でもなんとかついていけるようにしてくれていた。
 獏良くんが消えた!と友人に家から連れ出された遊戯くんが、海馬くんと対峙している時に、ヘリの上から意気揚々と海馬くんの弟が
「家の戸締りならしておいてやったぜ!」
と割って入ってきたのが、なぜいま、その報告!?
っていうか、何人の家勝手に戸締り!!??
 と不意を突かれて大笑いしてしまったのだが、もしかして遊戯王界では当たり前の流れなのだろうか?

 KCという会社、ガンダム00でみたような大気圏外にいってるエレベータあるし最終的には海馬社長、次元を超えてライバルに会いに行ったのだが、これあくまで余談っぽいのが凄いなと思いました。

機動戦士ガンダム サンダーボルトを観た

July 10 [Sun], 2016, 21:21
 6・25からのたった2週間のイベント上映。
 宇宙世紀ということらしいが、CM観てると、タイガーアンドバニーみたいねっていう雰囲気。
 ジャズが凄いかかってるし、ガンダムにはやっぱりジャズだぜ!ってセリフもあったし。
なんか、小粋な会話とかオシャレガンダムなのかな、と思っていたのだ。観る前は。

 原作は現在連載中とのこと。
 配信で始まったアニメシリーズは、いわゆるシリーズの1部といわれている「宇宙篇」。
 設定は、一年戦争の末期。
 一年戦争の『末期』なのだ。

 戦争の末期の泥沼状態。辺境の宙域で、連邦もジオンも人はいない、物資もない、希望もない状況で、どーしようもない。
 オルフェンズのアインの時も、「あぁぁぁぁぁぁぁ!」ってんったのだけど、ダリルの最後の腕を切り落とさせて、サイコザクの搭乗は倫理もくそもないな!と思うけど、ジオンやしな!!とも思うのだ。
  とはいえ、連邦は連邦で、少年兵大量に送り付けてきて、採らされる方法なんて最悪のものしかない。

 かなり重めな話に、割と生々しい戦闘に、見ごたえはあるMS戦。
 大音量で響くジャズでかなり救われるえど、話の内容は救われないまま終了

 2話は地球に降りるみたいなので、また続きが配信されてイベント上映するのを待ちます。
 

薔薇と太陽のリピートがとまらん。

July 05 [Tue], 2016, 21:59
 宵っ張りの光一が、さよならを剛に言いにやってくるのは、決まってよく晴れた朝日の中だ
 「良い肥料を作るための資格を取るために、ここからしばらく東の方に行ってくるよ」
 いまより剛の体の棘が、細くするどくとがっていたころに、
 「美味しい水を作る専門家が弟子を募集しているというので修行してくる」
と出かけていった先の弟分から、美味しい水を見つける専門家の資格を取ったお祝いにともらった帽子は長年こればかりを愛用しているせいで、穴は空いているし色もくすんでいるのだが、光一は気にした風もなくいつものようにそれをぎゅっとかぶると、その帽子から靴の先まで真っ黒な色で身を包んで、カンカンと照りつける日差しの中を、暑い暑いといいながら旅立っていった。
 
 それならもっと涼しい色のものを身に着ければいいのに

 小さくなっていく後ろ姿を見つめながら、剛はずっとずっと昔、真っ白な薔薇だったころの光一の姿を思い出す。
 あのころは、光一の体にも、数えきれないくらいの棘があって、つるんとした蒼緑の葉っぱは生き生きと茂っていたし、何より朝露を纏って柔らかい光の中で頭を上げていた白い花弁の輝きは他のどんな薔薇よりも涼しげで美しかった。
 お前の花びらはザクロの実のような色をしているね、とおじいさんに撫でられるのをくすぐったく思いながら、隣でつんと澄まして立っている光一の白い花を誇らしく思いながら、どこへ行っても、何度生まれ変わっても、光一の隣で自分は真っ赤な花を咲かせていようと思っていたのだ。

 それなのに、いつのころからか光一は変わってしまった。
 白い花びらも、瑞々しい茎も、鋭い棘も捨ててしまって、旅をするようになった。
 あくまで旅なので、剛の元へ戻ってくる。
 旅の目的は、資格なのだという。

 いつでもお前が咲いていられるようにと。
 剛には理解不明なさまざまな資格を手に、戻ってくるのだが、こんな砂漠で庭師にでもなるというのだろうか。

 そんなものはどうでもいいので、剛はただ、自分の弾くギターに合わせて光一が踊ってくれることの方が大事だというのに。
 そうやって楽しく過ごしていたら、いつまでも枯れずに美しく咲いていられるのに
 どうしてそれがわからないんだろう?
 
 もう薔薇ではなくなってしまった光一のことを思っては
寂しいなどと思ってやるものか
 と鼻を鳴らして、もうとうに背中も見えなくった地平線にぼんやりと目をやった。



 
 

夏はアミューズメント  キンプリは4DXへ

July 03 [Sun], 2016, 8:22
キンプリが4DXになったということで、早速せきぐちさんと体感してきた。
仕事帰りに行けて、応援上映で、ガンダムカフェもある!ということでエキスポシティに行ってきたわけだが二人とも思っていたより職場からのアクセス悪くなかったので、エキスポシティもこれから映画観に行く圏内だねってことが判明。
 それにしても興奮した。

 映画館とガンカフェが横並びで最高の立地。ぎりっぎりまでガンカフェに居れるではないか。
 あと、日本一?だかなんだかの透け透け観覧車は、営業開始の前日だった
 営業始まってたらもっと混雑してたのかな?木曜の夜ということでエキスポシティあまり人がいなかったけど。
 というわけで、ガンダムも撮りほうだい。
 もう、観覧車の前でガンダムアムロとザクシャアのが戦っているだけで
「やばいよやばいよ!とてつもなく純黒みがあるよ!ナニコレ!?すっごい純黒ですよね!?」
 テンション最高潮。

 ガンカフェもどうせ通うからな!とポイントカード作ってもらった。
 パーティ用の愉快なメニューもあるので4人くらい集めてまた行きたい
 大丈夫!ナンジャタウンとかリラックマカフェ、アニメイトカフェよりは美味しいから!

この、「ハロのかくれんぼ」っていう何が出てくるかはお楽しみ!のデザートとかすごくかわいい!
このチョコケーキとかちっちゃいハロが。

 はぁ〜。夜の観覧車とガンダムとザク。

 ガンカフェをしこたま堪能した後はいよいよキンプリ4DX
 ロッカーに荷物預けるんだけど、正直そんなに揺れたり濡れたりするの?とちょっとした恐怖が。

 始まったら・・・というより始まる前から、凄い興奮だった。
 本編前に「4DX]ってこんな感じ、みたいなプログラムがあるのだけど、カーチェイスの映像と共に席が揺れたりミスと出てきたりするから、あ!これUSJのエヴァでやったやーつ!と覚悟を決める。あのレベルでのアトラクションなら2400円という価格も致し方ないか。

 ていっても、キンプリはプリズムショーというアイドルのコンサート的なものがメインであって派手なカーアクションだとか、恐竜と戦ったりっていうのじゃないし、そんな動きあるのか?と4DXの有用性に半信半疑だったのだが、もう笑えるくらい動く動く動く。
 冒頭のオバレのプリズムショーが始まったその時、ぐわぁ〜と座席が上向いて
「こ、これは・・・ライブでオバレを見上げている!という感覚!!」
 要る〜〜〜〜〜???といった動作だが、ただでさえ応援上映でリアクション芸人化している我々オーディエンスは
「うわぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜!!!!(嬉)」
 座席動きすぎて、キンブレを振る手も震える!
 そして、予想していた自転車コーナーは、
はわわわわ〜今!自転車に乗っている!!
か、かづき先輩!しっかりつかまってるのに、濡れちゃうよぉ〜
 と、とんでる〜〜〜〜〜〜!!!

 まるで、初めてプリズムショーを観たときのような気持になった!
 
 当然EZ DO DANEなんて、椅子フル稼働。そうだった、キンブリはドラゴン対ドラゴンのバトルモノでもあったんだった!
 
 最近はそんなに一々驚いたり笑ったりすることは減っていいたけど、久々に大笑いしたし、久々にハリウッド行の列車で去るコウジに向かって
「いかないで〜〜〜〜〜こうじ〜〜〜〜〜〜〜!!!」
と追いすがった。

 シン君オンステージも、シャボン玉とキラキラがこれでもかと会場を覆い尽くして・・・なんか、みんなシャボン玉触るよね(笑)童心に帰って暗闇の中夢中でシャボン玉触る女たち

 本編終わって、はふ〜とシートに身体を預けても、EDのあの穏やかな春の陽だまりのような ドラマチックラブでもやたら小刻みに首の後ろからエアが噴射されて
「ひゃぁ!」
ってなる。
 ♪ちゃっちゃっちゃっちゃっちゃ〜 『恋した』 
・・・で、プッシュプッシュ首に空気吹きかけられる細かさ。

 上映終わっても、皆しばらく
「あ、あしが がくがくするよぉ〜」
 生まれたての小鹿のようにブルブルしながらも満面笑顔。

帰りに、観覧車を背中に駅へ向かいながら
「すっごい楽しかったですね! でも、あれ一時間でホント十分だわ。あれ以上やられたら!」
「うんうん」
 
 エキスポシティ、また来るわ!




 上映前に、





2016年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
メールフォーム

TITLE


MESSAGE

 
 
P R
最新コメント
アイコン画像miyakonbu
» 薔薇と太陽のリピートがとまらん。 (2016年07月10日)
アイコン画像ビオラ
» 薔薇と太陽のリピートがとまらん。 (2016年07月09日)
アイコン画像miyakonbu
» 薔薇と太陽のリピートがとまらん。 (2016年07月06日)
アイコン画像あきこ
» 薔薇と太陽のリピートがとまらん。 (2016年07月06日)
アイコン画像miyakonbu
» フラワーと薔薇と太陽 (2016年07月04日)
アイコン画像あきこ
» フラワーと薔薇と太陽 (2016年07月04日)
アイコン画像miyakonbu
» 才原警部の終わらない明日 (2016年01月12日)
アイコン画像なおなお
» 才原警部の終わらない明日 (2016年01月12日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:miyakonbu
  • アイコン画像 趣味:
    ・KinKi Kids-愛する事に理由なんてないと教えてくれたのは君たちだったね
    ・垂れ目碧眼-抗い難い遺伝子
    ・艦これ-嫁は叢雲。ツンデレが好きなわけじゃ、な、ないんだからねっ!
読者になる
3か月に1度くらい 新しい萌えに向かって 叫んでいます  垂れ目,抗えない遺伝子:Free!宗凛、弱ペダ 新荒 銀魂 山土、ジャイキリ タッツミーとか堺さん 、青エク 志摩家→坊、マギ シャルルカン師匠 コナン赤安 垂れてはいないが黒子のバスケの木日と黄笠 過去の垂れ目:危脳丸、ムスターファ、光流先輩