少し落ち着きました。 

March 20 [Thu], 2008, 20:53
彼は服役せずに済み、現在は会社を辞めてお父さんの会社で働いています。

でも精神的にやはり不安定で、突然連絡が取れなくなったりで

まだまだ事故の影響は続きます。

私は彼の精神の上下がよく理解できず、心が離れてしまったのかと

一度は別れを決意して話し合いました。

でも、彼は全然別れる気はなくて、今まで私には情けないと思って

話せなかったことを打ち明けてくれました。

それで彼の言動がおかしかったことをはじめて理解して

結局別れずに現在に至っています。

それからは彼も自然体になって、感じていた違和感もなくなりました。

なかなか気楽に会えなかったり、連絡もとれなかったりな毎日だけど

とりあえず今は落ち着いています。

しばらく、恋愛でいっぱいいっぱいだったけど、これからは仕事でガンバロー。

後は彼の心を離さないよう、魅力ある女みがきです♪

もしかしたら、服役。 

December 02 [Sun], 2007, 20:22
彼が飲酒運転で、人身事故を起こしてしまいました。
事故は10月の頭だったんだけど、つい最近の裁判まで留置所にいました。

10月の頭に会う約束してたのに、それで会えず、携帯での連絡も出来ず。
彼のお母さんから連絡を頂いてようやくわかりました。

最初は1ヶ月だった拘置期間が、保釈金払っても受け入れてもらえなかったらしくて
もう1ヶ月伸びちゃった。。。
それで2ヶ月ぶりくらいに彼の声を聞きました。

…彼はすごく精神的に落ち込んでいて、最初は全く会話が出来なかった。

「ごめん、今は自分のことしか考えられなくて、色々聞かれても返事が出来ない」

沈黙が嫌いなんだけど、こればっかりは何を話していいのか分からなくて、
「そうだよね…」としか言えなかった。

『今は何も考えられないから、別れよう』

って言われたら、どうしよう。…そんなことばかり考えて涙が出てきた。

でも彼は逆に「気をしっかり持てよ」って私を励ましてくれたりして。
本当だったら私が励まさなきゃいけないところなのにね。

もしかしたら、私に言ったんじゃなくて、自分に言い聞かせていたのかもしれないね。
そんなやりとりでも、少し希望が出てきた。
まだ、私に気持ちが残っているのかもしれない。

むしろこっちが愛想をつかして、離れて当然なのかもしれなんだけど
逮捕されても、彼のことがいとおしくて仕方ない。
睡眠薬飲まなきゃ拘置所で眠れなかったくらい反省して落ち込んで
もう二度と同じ事を繰り返すような人じゃないから、 
だから、これくらいじゃ嫌いにならないんだよな。

後輩には不思議がられたけど、ね。

それで、翌日彼から電話がありました。
そのときは大分落ち着いたみたいで、声もいつもの声に近かった。

「色々心配かけたよな。ごめん。
 それから、待っていてくれてありがとう」

すごく嬉しかった。
でも、彼が言いたかったのはそれからで

「判決が出るのは、1週間後。
 そのときに、執行猶予か実刑か決まる。
 執行猶予だったら、当日の昼過ぎに俺から直接連絡が出来る。
 もし実刑だったら……」

つまり、彼はすぐに服役しなければならなくて
私との連絡は取る事ができない。
多分、彼のお母さんから連絡をもらうことになる。

実刑だった場合の服役期間は10ヶ月。

「…お前……待てるか?」

10ヶ月…。
長い。長いなぁ・・・。
今からだと私は確実に社会人として3年目の夏を迎えているはず。
でも…

「今は待てるって、思ってる」

人の気持ちはわからないけれど、
今のこの気持ちは本当。本物。

彼が留置所にいる間、2ヶ月間、他の人と遊ぼうと思えば遊べたし
実際、他の人に乗り換えることも考えた。
でもそれって、ホントに現実味がなくて、変な感じがして
頭の中では考えてみるけど、
本当にそれがしたいって訳ではないのがよく分かった。

やっぱり彼と一緒にいるのが一番しっくりくるし
彼が一番大好き。
じゃなきゃ、遠距離恋愛でなおかつ2ヶ月も連絡とれないなんて無理。

これまでも待ったんだもん。
あと10ヶ月だって、待つしかない。
彼と一緒に居たいんだもん。

「2ヶ月待ったんだし、もう10ヶ月も待つよ」

「……ありがとう」

彼が微笑んでるのが分かった。
嬉しかった。
まだ彼も私のこと、好きでいてくれるんだな。

仕事や私の両親のことや将来の事、色々あるんだけど
なるようにしかならないよね。

後は「執行猶予」の判決を待つだけ。
待つだけ。

脳内活性化計画5 

November 10 [Sat], 2007, 17:25
自堕落な女の生活が綴られております。

 1:00 酒の飲み帰宅
      化粧も取らずにバタンキュー

 5:00 に「メシをくれ〜」と起こされしまう。
      化粧を落とし、中古車のチラシを見ながら「こんなんほしいなー」

 7:00 も一度ねてしまっいたようで、また起きる。
      今日は母親が午前中が仕事ということで。休日にもかかわらず、早い朝ご飯。
      もしゃもしゃ食べる

 11:00 っは!また寝ていた!
       起きたらなんか、ノドが痛い・・・
       まずい…風邪なんて引きたくないのに…

 12:00 白ネギを細い拍子切りにして、ラー油とごま油をあえて馴染ませる。
       おしゃれネギを1本取り出し、輪切りにする。
       カットわかめを一握り取り出し、水で戻す。
       その間、「出前一丁」の乾麺を茹でること6分間。
       ゆであがったら、汁をスープの元と混ぜて、麺を投入。
       白ネギ、おしゃれネギ、ワカメをトッピングして、仕上げにごま油をもうひとタラシ。
       ラー油がきいて、体があったまる
       風邪薬を飲んで、ベッドにごろん。

 17:00 起床。そして今


少しノドは楽になってきたかも
今晩は美容院で、カット&ポイントパーマをして貰う予定
どんな髪ガタにしましょう

「遠距離、駄目になりそうだったら結婚しようか?」 

January 29 [Sun], 2006, 16:58
私は付き合って一ヶ月でプロポーズされた。

「この人ならずっと一緒にいたい」、そう思えた矢先でもあった。

前の彼は好きでも「結婚はないな」って漠然と感じてたし、

自分は結婚なんてまだまだ先か、行き遅れるかどっちかなーなんて考えてたから、

今の彼の子供を生みたい、彼との結婚生活は楽しいかもしれないって

思った自分がすごく新鮮だった。

彼のご両親も妹さんもすごく気さくで、優しくて、私を家族同様に扱ってくれて。

この人たちが義理の家族になってもやっていけそうだって感じたのも大きな要因。

その後の度重なる、彼の「結婚したい」攻撃に私がノックアウトされちゃったのもあるだろうけどw

それよりなにより、私が大好きな、私が一目惚れした彼に愛されてるのが一番幸せ。

一緒に抱き合って寝たり、ふざけ合って笑い転げたり、お酒飲んだり…。

彼に会いにくるんだったら、夜中でも早朝でもいつでも構わないってくらい大好き。

でも「彼のどこが好きなの」って聞かれると困っちゃう。

彼のフェロモンが私を引きつけて止まないんじゃないかってぐらい、無性に「彼」が好きだから

もちろん彼の好きな所を挙げられるけど、最終的には「彼が彼だから好き」って感じ。

「好き」と「結婚」は違うって言うけど、もちろん私の結婚する相手の条件にも当てはまってる。

ちゃんと将来に渡って働く意志があるし、ギャンブルは(とりあえず)しないし、

風俗や女の子のお店興味がないし、ぶっきらぼうに見えて思いやりがあって、

なんだかんだで優しいし。

一緒に年老いた時、「けんかしながらも休日一緒に遊びに行く夫婦」になりたいって

彼は思ってて、私もそれってすごく理想だって思った。

彼は家族をすごく大事に思ってて、親にちゃんと感謝してる。

そういう人って、自分が結婚してもちゃんと家族を大事にしてくれそうだし。

それまで私は自分の実家の近くで結婚するもんだと思ってたけど、

彼のためなら、彼とだったら、彼の地元に嫁に来てもいいかなって思えた。

だから彼に「結婚したらこっちに来てくれる?」って言う彼のおねだりにも

「うん、いいよ」って答えました。

その気持ちに本当にウソはない。

でも一つの迷いが私の胸を締め付けている…。<続く>

本日の脳活性化! 

January 29 [Sun], 2006, 0:34
AM6:00  彼を仕事に見送るために早く起床。
        なんとか6時半には起きてくれた

  11:00 再び起床。昨日の晩ご飯の残り物を食べる

  12:00 ネットをしてメールチェックなんぞ

  13:00 そろそろお風呂入らなきゃ

  14:00 急に机の中を掃除したくなる

  15:00 メイクをして、着替えて

  16:00 バイトで月曜のについて相談(仕事しろ

  17:00 今日はお客さんの入りが悪い…

  18:00 新しい機械で初めてクレジットカードを扱う。
        エラーが出て、ちょっと戸惑う。
        ※エラーが出て、やり直すときはちゃんとお客さんにも落ち着いて説明。

  19:00 レジ締め

  20:00 お疲れさまでしたー

  21:00 簡単な料理で晩ご飯

  22:00 NHKの世界経済の動きを特別番組で見ていたら、
        寝てしまって大事な箇所を見逃す…

  23:00 お昼の机の掃除を引き続き

  24:00 洗濯して…お風呂入らなきゃ
        明日は早起き

本日の脳活性化! 

January 26 [Thu], 2006, 12:31
AM10:00 起床…再び寝る

  12:00 再び起床。ごはんを作って食べる

  13:30 今日約束してた後輩からメールがきて慌てる

  14:00 強風の中学校へ向かう

  15:00 無性にチョコが食べたくなって購入。
        珍しく一度に全てを食べ終える

  16:00 家計簿をつけて落ち込むひたすらネットをやり続ける。

  17:00 春の卒業旅行のプランを勝手に妄想

  18:00 ママが体調が悪いと電話が入り、今晩のバイトが無しに…

  19:00 ひたすらネット

  20:00 引き続きネット

  21:00 マスク・オブ・ゾロのかっこよさを賛美しながらネット

   ……  とにかくネット

  23:30 もうそろそろだ…と思いながら深夜番組を見てしまう。

AM3:00  彼から仕事が終わったよで起きる。
        …いつの間にか寝てしまっていた

  4:00  彼が帰ってくる。

  5:00  二人でちびりちびりのむ
        彼の思い出話に花が咲く

  6:00  二人で仲良く就寝  

本日の活性化! 

January 24 [Tue], 2006, 23:29
AM8:00  起床。寝たのは三時半なのにやけに早く目が覚める

  9:00  料理を作って食べる。美味v

  10:30 ポーラのレディさんが迎えにくる。

  11:30 エステ開始!すっごく気持ちよくて寝ちゃいますv

  12:30 お肌ツルツル〜♪化粧をしてもらって、完成。

  14:30 下着の話をしたりしていたら時間があっというまに過ぎました。

  15:00 簡単な食事を取って、洗濯をする。

  16:00 昼のバイトへGO!意外に仕事なかった…。

  18:30 就活帰りのMさんに会う。とっくに卒業してるはずのK先輩に会う。

  19:00 アイシャドウがほぼつけたてと変わらないのにビックリ。ポーラすごい。

  20:00 バイト終了。直行で家へ帰る。

  20:30 ニュース見ながら料理をする。

  21:00 お茶漬けが美味。

  22:00 学校のレポート作成。

  23:30 ようやくレポ完成!!!やったね。

  ……… そして、今。

脳を活性化しようぜ! 

January 24 [Tue], 2006, 14:41
突然変な題名ですが、
なんてことはない、

ただの日記です

ただの日記がどうして脳の活性化に繋がるのかと申しますとですね。
昨日本屋に立ち寄ったら、
「脳の記憶力を高める日記帳」みたいな題名のがありまして。

それによると人間の脳は一日あったことをその日に
もう一度朝から時間に沿って順繰りに思い出して書き出すと、
脳の活性化にもなるし、記憶力がアップするんですって!

ちゃんと読んでないからうろ覚えなんですけど

多分記すことによって、記憶が引き出し易くなるってことなんでしょう。

んで、ソレを実行してみようじゃないかと!
本当はちゃんとえんぴつを持って、指先を動かした方がいいみたいですけどねぇ〜。
ま、せっかくブログ付けてることですし、こっちでいっか〜
みたいなねw

っちゅーことで、今晩あたりからデキルだけ毎日始めたいとおもいまーす

これで記憶力アップなるかっっ

 

彼が辞職を決意しました。 

January 24 [Tue], 2006, 14:28
これって恋愛のカテゴリーに入るのかも知れないですけど、あえてこっちに。

彼が、今の仕事を辞める決心が付いたようです。
前々からやめようかどうしようかずっと迷っていたらしく、
私にも今の仕事をやめた後の考えを話してくれました。

正直、やっぱり不安です。

私の父親は勤続三十年で一つの会社にずっと留まって仕事をしてたから
私の意識の中にも「転職なんてとんでもない」って思ってました。

でも世間を見たら父親の世代でも転職した人なんてごまんといる。
成功した人もいれば、失敗した人もいる。
仕事を変えるって言うのは、人生の選択の一つに過ぎない…。

でも「仕事」が「人生」において、ウェイトを占めているのもまた事実。

だからこそ、自分にあらゆる面であった仕事を見つけることが大切なんですよね。
転職もキャリアアップの一環だし、
適職を見つけるための手段であるかもしれない。
働いてみないと分からない事って多いし。

彼もきっとこれから長い人生の道のりを超えてゆくためには
どんな仕事がいいんだろう?
どんな環境がいいんだろう?
って、考え考え仕事してるんだろうな。

働く意欲はあるし、自分に誇りをもって働く人だから全然心配してません。
グータラで仕事したくないってなら話は別だけど。

でもこの胸に存在する漠然とした「不安」。

これから先は親でも先生でも先輩でもない。
自分が人生を切り開いていくんだな。

恋愛の100% 

January 17 [Tue], 2006, 15:33
夜のバイトでは先輩の後輩が言った。

「ママの人間観察はすごい。
 私と彼の事も見抜いたし、別れるにはどうすればいいか的確でした。」

私は人の意見に流されやすい人間だから、
「ママってそんな人なのかな」と漠然と信じそうだった。

そんなママに
「Mちゃん(私の源氏名)は彼に惚れられてるから大丈夫よ」
と、言われた。

私は「そうなんですかねぇ〜」なんて愛想笑いしながら、
(ママが言うならそうなのかもしれない)と迂闊にも思ってしまった。

…もしかしたら彼と私はかなりの確立で上手く行くのかもしれない。
…私は追いかけられる恋愛が好きだから、上手く行くかもしれない。

そんな都合のいい考えが頭の中でリフレインする。

でも、ママの離婚までの経緯を聞いて、考えが変わった。

ママもやっぱり一人の人間でしかなくて、
自分の経験からしかものを言えなくて、
私へ言ったあの言葉も、
ママの離婚経験からはじき出された彼女の意見にすぎなかった。

結局、恋愛が100%上手くいく方法だなんてないんだな。

完璧主義な私は行き来不安な恋愛に向いていないのかもしれない。
P R
2008年03月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
アイコン画像匿名
» 少し落ち着きました。 (2015年03月23日)
アイコン画像タイラノ清盛
» 少し落ち着きました。 (2008年10月16日)
アイコン画像猫男爵
» 少し落ち着きました。 (2008年10月11日)
アイコン画像†*もぇちゃ*†
» 少し落ち着きました。 (2008年10月10日)
アイコン画像マヨネーズ・ラテ
» 少し落ち着きました。 (2008年10月03日)
アイコン画像きりひと
» 少し落ち着きました。 (2008年09月30日)
アイコン画像ハム太郎
» 少し落ち着きました。 (2008年09月25日)
アイコン画像南雲
» 少し落ち着きました。 (2008年09月23日)
アイコン画像えびふりゃー
» 少し落ち着きました。 (2008年09月14日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:miyagi0917
読者になる
Yapme!一覧
読者になる