【 更新情報 】

スポンサードリンク

宮が瀬に行く時気をつけたいこととは?

宮が瀬(宮ヶ瀬)湖へ車で初めて訪れるというかたは必ず地図をお持ちになっているとおもうのですが、地図をみて宮が瀬(宮ヶ瀬)湖を目指すとき、道の選択には注意してくださいね。というのも、宮が瀬(宮ヶ瀬)湖へと続いている北岸道路は日中は通行できるのですが、夜間になると通行止めになっているので違う道を探さなくてはいけません。でも、他の道にも問題があるんです。それは一部の地図上では土山峠付近から県道70号線へ道路がつながっているように見えるのですが、実はその道はまだ建設されていない道路で通行止めになっているんです。他にも、南側の唐沢林道も通行止めになっているので宮が瀬(宮ヶ瀬)湖へ行くには他の道を選ばなくてはいけません。なんとも、地図を見てもたどり付くことができないなんて「どうしてこんなことになっているの?」と嘆いても通れない道が存在する以上他の道をさがさなくてはいけません。詳しくは宮が瀬(宮ヶ瀬)湖のホームページを見てみることをお勧めします。なれない道則で片手に地図を持って運転するのは危険で事故の元になりますので、楽しい休日を宮が瀬(宮ヶ瀬)湖で過ごす方はぜひ安全運転を心がけてくださいね。宮が瀬(宮ヶ瀬)は家族連れ、カップルでも楽しめる場所やイベントがたくさんあるので、関東にお住いの方はぜひ一度宮が瀬(宮ヶ瀬)を訪れてみてくださいね。マメ情報ですが、宮が瀬(宮ヶ瀬)を訪れる一番のお勧めな季節は紅葉の季節ですよ。

宮が瀬(宮ヶ瀬)ダムは人気の観光スポット

せっかく宮が瀬(宮ヶ瀬)まで来たのだからバーベキューだけして帰るのはもったいないですよ。宮が瀬(宮ヶ瀬)には他にももっと楽しめるところがあるんです。おススメの場所は、宮が瀬(宮ヶ瀬)ダム!ダムってただ水を貯めているだけではないんですよ。実は、宮が瀬(宮ヶ瀬)ダムは秘かな観光スポットなんです。なぜ宮が瀬(宮ヶ瀬)ダムが観光スポットなのかと言うと、一つは宮が瀬(宮ヶ瀬)ダム観光放流があるんです。高低差100メートルの人工の滝から毎秒30立法メートルもの水を放流し、ダイナミックなショーを楽しむことができるんです。この壮大な放流の滝は見る者を圧巻させるものがあり、宮が瀬(宮ヶ瀬)に遊びに行くのならこれを見なきゃ損ですよ。ただ、この宮が瀬(宮ヶ瀬)ダムの観光放流は実施日程が決まっており、12月から3月末までは実施されないので宮が瀬(宮ヶ瀬)ダムの観光放流を見るために宮が瀬(宮ヶ瀬)を訪れる際には観光放流が実施されているか確認してくださいね。観光放流以外にも、毎月第三土曜日にはみやがせ花の日としてダムへ来てくださった方々に花苗をプレセントしていたり、12月には巨大なクリスマスツリーが姿を表わしイルミネーションで私たちの目を楽しませてくれますよ。ただ、本当に人気のある観光スポットなのでお車で起こしになる方は事前に駐車場のチェックもしておいてくださいね。せっかく宮が瀬(宮ヶ瀬)まで来たのに無駄足になってしまうことがないように宮が瀬(宮ヶ瀬)ダムのイベントを楽しんでください。

宮が瀬(宮ヶ瀬)でバーベキューを楽しもう

神奈川県清川村の宮が瀬(宮ヶ瀬)というところではキャンプなど様々なアウトドアが楽しめちゃいます。例えば、宮が瀬(宮ヶ瀬)湖畔園地内野ピクニック広場でバーベキューが楽しむことができるんですよ。しかも、食材やバーベキュー用の鉄板、炭、箸、皿などバーベキューに必要な道具はすべて用意してもらうことができるので手ぶらで宮が瀬(宮ヶ瀬)湖畔園地内野ピクニック広場へ電話予約をして出発するだけ。すごく簡単にバーベキューが楽しむことができるのでインドア派でもお手軽ではないでしょうか?さらに詳しく調べてみると、バーベキューの内容によって金額も様々。1人前2,000円のコースと2,500円のコースがあり、2,000円のコースでは、牛肉、豚肉、とりもも肉、ウィンナー、キャベツ、もやし、玉ねぎ、なす、ピーマン、とうもろこし、南瓜、焼きそばが用意してもらうことができるんですよ。値段の割には盛りだくさんの内容で満足することまちがいなし?でも、ちょっと物足りないな。という方のための2,500円コースでは上記のメニュープラス川魚、おにぎりがついてくるので食いしん坊さんでも納得のボリュームかも。宮が瀬(宮ヶ瀬)湖畔園地内野ピクニック広場は当日でもバーベキューの予約を受け付けているので、思い立ったらすぐにバーベキューを楽しむことができる。これって凄くうれしいですね。予約は5名から受け付けていますので、人数がそろったところですぐに電話で問い合わせてみいてくださいね。