2007年04月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mixchi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる

【映画】

/ 2007年04月04日(水)

【映画】ミシェル・ゴンドリー監督が記者会見で語る『恋愛睡眠のすすめ』のつくり方!


Posted at 16:21/ この記事のURL
コメント(0)

帰ってきた“ドラマクイーン”

/ 2007年04月04日(水)

華やかだった復帰としてはあまりに静かだ。往年のドラマクイーンであるカン・スヨンとイ・ミヨンが、6年ぶりのお茶の間復帰で期待を集めたが、低調な成績で残念な結果が出ている。イ・ミヨン主演の週末ドラマ『愛に狂う』(SBS)は、去る1日最終回の視聴率が9.5%に終わり静かに幕を閉じた。カン・スヨン主演の週末ドラマ『ムニ』(MBC)も、1日の全国視聴率(TNS集計)が11.5%を記録し、スターパワーが劣る新鋭スターユン・ジョンヒが出演するライバル作『幸せな女』(KBS)の28.4%に到底及ばない数値となった。『ムニ』は3週前に16.7%だった視聴率が、15.3%、14.1%と急激にダウンするなど、回を重ねるごとに視聴者たちから遠ざかっている。

往年の大型スターたちが、週末のゴールデンタイムでこのように苦戦する理由は何だろうか。『ムニ』と『愛に狂う』への酷評は、スターキャスティングに一方的に依存し、陳腐なストーリー、不自然な恋愛ラインに要約されている。『ムニ』のインターネット視聴者掲示板には、カン・スヨンのキャスティング論争が続いている状況だ。

視聴者たちは「40代の俳優が年輪を見せる代わりに、よく管理された美貌を誇りながら高校生の役まで演じていることが気恥ずかしい。姪っ子のように年が離れた年下の男と純愛を演じるのは不自然すぎる」と非難したりも。カン・スヨンが女子高生役から始まり、20代後半のキャラクターを演じるには無理があるというもの。その上カン・スヨンのワントップに集中しながらドラマは蓋然性なく流れ、時代錯誤的な家族関係を演出している。

『ムニ』は財閥家の私生児として生まれたヒロインが、全ての逼迫を克服したあと家族たちに復讐するという内容。これに典型的な対敵する家族の登場や、異母兄弟と1人の男をめぐる愛の戦いなどを見せながら「女性の敵は女性」という旧態まで再生産している。イ・ミヨンの『愛に狂う』は、婚約者を殺した相手を愛してしまうことで苦しむ女性の切ない愛を描いたが、イ・ミヨンの涙演技だけに頼り、視聴者とは疎通できなかった。
Copyrights(C)segye.com & etimes Syndicate & wowkorea.jp

Posted at 16:20/ この記事のURL
コメント(0)

米製薬大手が武田との合弁会社買収

/ 2007年04月04日(水)
【ニューヨーク=山本正実】世界9位の米製薬大手ワイスのロバート・エスナー会長は3日、読売新聞のインタビューに応じ、日本での事業を強化するため、武田薬品工業との合弁会社「ワイス」(本社・東京)を同日付で米ワイスの完全子会社にしたことを明らかにした。

 武田が持つ20%の株式を買い取り、持ち株比率を80%から100%に引き上げた。買収額などは明らかにしていない。

 エスナー会長は「日本は成長が見込める世界の主要市場の一つだ。これまで以上に新薬開発や販売を進めたい」と述べた。日本のワイスは1953年の設立で、医薬品の製造・販売、新薬の研究開発を行っている。関節リウマチ治療薬や抗がん剤、抗うつ剤などが主力だ。武田との合弁解消で、新薬の独自開発体制を整えるなど経営の自由度を高め、日本ビジネスを強化する。

Posted at 16:19/ この記事のURL
コメント(0)

<レバノン>中国製

/ 2007年04月04日(水)
イスラエルとレバノンのイスラム教シーア派民兵組織ヒズボラによる昨年夏の第2次レバノン戦争後、中国製のクラスター型ロケット弾の子爆弾がレバノン南部で発見されていたことが分かった。国連筋が毎日新聞の取材に明らかにした。国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウオッチ」によると、このロケット弾の実戦使用が確認されたのは初めて。国連筋は見つかった子爆弾が不発弾ではなく、もともと発見場所付近に配備されていた可能性を示唆した。関係者の間で、ヒズボラなど「非国家組織」へのクラスター爆弾拡散の危険に対する懸念が高まっている。【ティール(レバノン南部)で前田英司】
 中国製子爆弾は「MZD―2」と呼ばれる型で、122ミリロケット弾の中に約40発が装てんされている。国連筋によると、「MZD―2」はレバノン南部でのクラスター爆弾の不発弾除去・処理作業で見つかった。これまでに南部地域で処理した子爆弾約11万発のうち、中国製の割合は1%以下だったという。
 地雷や不発弾の除去活動をしている英国の非政府組織(NGO)「ランドマイン・アクション」の報告書によると、中国製子爆弾の一部はレバノン南部のベイト・ヤフーンで、イスラエル軍が使用した米国製クラスター爆弾の不発弾などに交じって見つかったという。
 しかし、国連筋は「中国製について確実に言えるのは『見つかった』という事実だけだ」と強調。「不発弾とは断定できない」としたうえで、発見場所付近にあったロケット弾の発射装置などがイスラエル軍の攻撃で破壊され、ロケット弾に詰め込まれていた子爆弾が散乱した可能性もあると話している。


続きを読む…
Posted at 16:18/ この記事のURL
コメント(0)

拉致、新たに2人認定へ…73年不明の6歳と3歳

/ 2007年04月04日(水)
1973年に行方不明になった埼玉県上福岡市(現ふじみ野市)の主婦、渡辺秀子さん(当時32歳)の2人の子どもが、北朝鮮の工作員グループによって北朝鮮に拉致された疑いが強まったとして、警察当局は来週にも、この2人を拉致被害者として認定する方針を固めた。

 渡辺さん本人は工作員グループに殺害された疑いも浮上しており、警察当局では、このグループの実態解明を急いでいる。

 拉致被害者として認定されるのは、北海道釧路市出身で当時、上福岡市内に住んでいた渡辺さんの長女・敬美(きよみ)ちゃん(同6歳)と長男・剛(つよし)ちゃん(同3歳)。2人はいずれも朝鮮籍。

 渡辺さんの親族は2003年1月、渡辺さんは殺害され、子ども2人が北朝鮮に連れ去られたとして、容疑者不詳のまま殺人と国外移送目的拐取容疑で警視庁に告訴状を提出していた。

Posted at 16:18/ この記事のURL
コメント(0)

DRMなし 東芝EMIは「検討中」

/ 2007年04月04日(水)
東芝EMIは、英国EMI MusicがDRM(デジタル著作権管理)なしの楽曲販売を始めると発表したことを受け、国内でもDRMなしの楽曲販売について検討していることを明らかにした。

【画像】

 同社は「昨日の英国の発表を受けて検討を始めたばかり」といい、「まだ何も決まっておらず、検討がポジティブかネガティブかもコメントできない」としている。

 EMI Musicは、DRMなしの高音質な楽曲データを配信業者に提供すると発表しており、Appleが「iTunes Store」での販売を「ワールドワイドに5月中にスタートする」と発表している。


Posted at 16:12/ この記事のURL
コメント(0)

ヤクルト ゴンザレス今季絶望

/ 2007年04月04日(水)
右ひじ痛を訴えて米国で診察を受けていたヤクルトのディッキー・ゴンザレス投手(28)の今季登板が絶望的であることが3日、分かった。米ロサンゼルス市内の病院で精密検査の結果、右ひじ内側側副じん帯損傷と診断され、3月31日にじん帯の移植手術を受けた。「詳細な報告はまだきてないが前半戦で復帰できるものではない。2年契約なので来年頭から活躍してほしい」と奥村国際部課長。今後のリハビリは日本に戻らず米国で行う可能性もある。(スポーツニッポン)


Posted at 16:12/ この記事のURL
コメント(0)

あるある検証番組に苦情345件

/ 2007年04月04日(水)
「発掘!あるある大事典2」のデータ捏造(ねつぞう)問題で、3日夜、関西テレビがフジテレビ系の全国ネットで放送した検証番組「私たちは何を間違えたのか 検証・発掘!あるある大事典」について、4日午前零時までに、フジテレビに視聴者から240件、関西テレビに105件の苦情電話が寄せられたことがわかった。(読売新聞)


Posted at 16:12/ この記事のURL
コメント(1)

山形

/ 2007年04月04日(水)
新庄市十日町の私道脇の側溝からなくなっていた金属製のふた4枚を、近所の住民が溶けた雪の中で発見した。全国で相次いだ転売目的の金属類窃盗の可能性もあるとみて新庄署が捜査していたが、雪解けとともに事件はあっけなく解決した。
 同署によると、4枚のうち長さ約180センチ、幅約40センチの鉄板3枚は雪に立て掛けられる形で埋もれていた。側溝に雪を流すため一時的に取り外され、そのまま放置されたとみられる。長さ約100センチ、幅約40センチのステンレス製のふたは近くの雪捨て場で発見された。除雪車が雪とともにすくい取ったとみられる。
 3月17日に住民から110番通報があり、署員が付近を探したが見つからず、同署が所有者の地元町内会から被害届を受理して調べていた。


Posted at 16:11/ この記事のURL
コメント(0)

側溝ふた事件、あっさり解決

/ 2007年04月04日(水)
新庄市十日町の私道脇の側溝からなくなっていた金属製のふた4枚を、近所の住民が溶けた雪の中で発見した。全国で相次いだ転売目的の金属類窃盗の可能性もあるとみて新庄署が捜査していたが、雪解けとともに事件はあっけなく解決した。(毎日新聞)


Posted at 16:11 / ニュース / この記事のURL
コメント(1)
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ