【 更新情報 】

スポンサード リンク

石田三成と前線での働き

石田三成という人物は、豊臣秀吉の考えていた商業を中心とする世の中を目指し、その基礎作りを進める最高責任者であり、今で言うならば、官房長官のような立場にいた。
しかし、織田信長が斃れた後、天下の覇権を狙った豊臣秀吉が、織田家の筆頭家老である柴田勝家と戦った賤ヶ岳の戦いで勇名をはせた、福島正則、加藤清正らが賤ヶ岳の七本槍と呼ばれるのに対し、あまり知られてはいないが、石田三成は、盟友である大谷吉継らと共に、一番手柄を上げて、先駆け7人衆と呼ばれるのだ。実際に、戦場にあって主君である秀吉のために戦っていたのである。先にあげた賤ヶ岳の七本槍に比べて認知度が異常に低いのは、石田三成という人物を、江戸時代に蔑むような流れが起こっていた中で、石田三成の手柄を書き立てるようなことをしなくなっていたのであろう、こうして、類まれなる名将であった石田三成という人物は歪んだ形で後世に紹介されるようになったのである。
石田三成は、豊臣秀吉自身から、自分と同じ才覚を持つ男と言わしめた男であることを知っておいて頂きたい。

石田三成と豊臣秀吉

石田三成の行政官としての能力を最大限に利用したのは、豊臣秀吉だというのは明らかであろう。太閤検地と呼ばれる石高調査を中心に行ったのは間違いなく石田三成であり、結果として600万石以上の石高が新たに登録されることとなった。豊臣政権の中で最大の実力者である徳川家康の石高が250万石と言われていることからも、その大きさがとてつもないものだったことはお分かりいただけるであろう。参考までに、豊臣秀吉の直轄領は210万石程度だったということが、この後の豊臣政権の崩壊の一因となっている。
更に、豊臣秀吉の甥である秀次事件において、最終的に秀次の斬首の執行者が石田三成であったために、秀次の追い落としを行ったと思われているが、真相は、秀頼の誕生によって、秀次の存在が邪魔になった秀吉のわがままから起きた事件であり、石田三成は単に尻拭いをさせられたと言うだけのことだろう。秀次の無罪を最後まで訴え続けていたのは石田三成であったことはほとんど知られていない。
更に、蒲生氏郷の急死に関しても、石田三成の毒殺説があるが、実際に蒲生氏郷が亡くなった当時は、石田三成自身は朝鮮に出兵しており、物理的に行動を起すことなどできない。現在の研究では、蒲生氏郷の死因はすい臓がんではないかと言われている。

石田三成の生い立ち

石田三成は、近江国(滋賀県)の石田村の豪族であった石田正継の次男として1660年(永禄3年)に生まれる。幼名は佐吉。この年は、有名な桶狭間の戦いが織田信長と、今川義元の間で繰り広げられた年でもある。
後の豊臣秀吉が、織田信長に許されて初めて長浜城を与えられた時に、秀吉の小姓として出仕した。
石田三成の活躍が目立つのは、豊臣秀吉が関白の職に就き、石田三成自身も従五位下治部少輔に任官してからのことである。現在放送中の天地人で小栗旬が演じている石田三成はちょうどこの頃の姿であり、越後の上杉景勝との交渉をまとめあげたのが最初の大きな手柄と言えるだろう。
石田三成と言う人物は戦の最前線で兵士を鼓舞して戦うという人物ではなく、常に裏方に徹し、兵糧や、武器弾薬の供給責任者として、その辣腕を振るっている。この当時では、戦において相手を打ち負かすのが最高の誉れとされていたのは間違いが無く、テレビゲームの天下無双に登場するような武将たちにとって、石田三成のような行政官の評価は一部の人物たちを除いては決して高くは無かった。一部の人物と言うのは、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康といった天下を握れる器量を持った人たちを指している。実際に、豊臣秀吉には石田三成に対して、徳川家康には本多正信、織田信長には村井貞勝といった行政官が傍に仕えていたのである。

石田三成の能力

石田三成は、豊臣秀吉の子飼の武将として、その覇業を行政面で支えた最大の功臣である。石田三成の現在の評価は、江戸幕府の祖である徳川家康が天下を把握するまでの最大の障害となった人物と目され、どちらかと言うと能臣というより、奸臣という評価を受けているきらいがある。
石田三成の才能を見出したのは豊臣秀吉ではあるが、最終的に敵対関係になった徳川家康自身が石田三成の行政能力を高く評価していたのは事実であり、家康の股肱の臣である本多正信も同様の評価をしており、江戸時代初期には石田三成の評価は決して悪いものではない。
面白いところでは、誰もが知っている水戸藩の2代藩主の徳川光圀(水戸黄門といえばお分かりであろう)が石田三成を忠臣として褒め称えているのである。
実際に、江戸初期の文献には石田三成を奸臣とするものは見当たらない。では、なぜ、三成の評価が変わったのかが謎になるが、その真相は、江戸中期以降に徳川幕府を賞賛する書物が発刊され、幕府の正当性を際立たせるために、どうしても悪役が必要になる。そこで目を付けられたのが、三成ということである。その際に歪められた形で三成の業績が記されていく。もちろん、その題材になったのは石田三成とういう人物の行政能力があまりにも高かったと事実の裏返しでもある。石田三成という人物は豊臣政権の汚れ役として、多くの難題処理責任者として行動していたのは事実であり、いつの間にかその難題を引き起こした張本人とされてしまったというわけだ。
P R