第二回「聖徳太子さん、そんな摂政な」 

2007年01月28日(日) 0時17分
安倍政権の支持率が50%を切ったそうですね。

これは政治家が庶民の気持ちと

かけ離れたことばかりしている、

という証拠にほかならないでしょう。

今から1400年も前の政治家でさえ、

庶民の事を考えた政治をしようとしていた、

というのに・・・

え? それは誰だって?

それはみなさんよくご存じの聖徳太子さんですよ。






----------------------------------------りょうこ
エー、聖徳太子さんって言えば、
昔の一万円札になっていたくらいで、
かなりエラい人だということは
みんな知ってるんですけど、
いったいなにをした人なのか
よく知らない人がいると思うんで、
今日はそのへんをお聞きしたいと思います。
----------------------------------------聖徳太子
はいはい。
でも自分で自分をほめるなんて、
ちょっと恥ずかしいんですが、
できるだけ答えましょう
----------------------------------------りょうこ
まず、みんなが知ってるのは、
冠位十二階の制と十七条の憲法なんですが、
これはどういったものなんでしょう?
----------------------------------------聖徳太子
冠位十二階というのは、
それまで才能があっても家柄がまずしくて
出世できなかった人のためにつくったんです。
つまりそれまでは
氏(うじ)や姓(かばね)というものがあって、
役人さんになったりするのは
この人たちで占められていたんです。
でもそれじゃいけないというんで、
才能さえあれば
冠位を与えてどんどん出世できるようにしたんです。
つまり、身分が氏(氏族)から
個人単位に移ったということです。
その段階を十二に分けたんで、
冠位十二階の制と名付けたのです。
ちなみにそのおかげで出世したのが
小野妹子ですよ。
----------------------------------------りょうこ
エー、そんな大昔に
家柄より才能を重視していたんですか。
聖徳太子さんってエラい!
----------------------------------------聖徳太子
いや…そんな…テレるなー
(#^o^#)9"""
----------------------------------------りょうこ
で、もう一つの十七条の憲法というのは…
----------------------------------------聖徳太子
当時役人たちはワイロを取ったり、
自分の都合のいいようにばっかり
政治をしていたんですよ。
----------------------------------------りょうこ
それは平成になった今の政治家もやってますよ。
----------------------------------------聖徳太子
ま、私は飛鳥時代の人間なんで、
平成なんて年号は知らないんですが…そうですか、
今でもやってるんですか…。
----------------------------------------りょうこ
どうしましたか? 
声に元気がなくなりましたが。
----------------------------------------聖徳太子
いや、実は十七条の憲法というのは、
そんなダメな政治をしてはいけない
という事を書いてるんですよ。
----------------------------------------りょうこ
ああ、そうなんですか。
それなのに聖徳太子さんの時代から
1400年もたった今でも
その十七条の憲法が…
----------------------------------------聖徳太子
守られてない。
----------------------------------------りょうこ
そりゃガックリきますね。
----------------------------------------聖徳太子
なんだか今日は疲れました。
今日はこの辺で失礼します。
----------------------------------------りょうこ
いや、どうもありがとうございました。
どうか気を落とさないでください。



--------------------------------------------------

みつごろうの一口寸評

--------------------------------------------------

十七条の憲法というのは、庶民にたいしてではなく、
豪族たち、つまり今でいえば
政治家や公務員を対象にした憲法なんですね。
そこはちょっとポ・イ・ン・ト!

--------------------------------------------------


みつごろうがさらに面白く配信している有料メルマガ
(試し読みあり)
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/42/P0004262.html



HP
http://www.nihonnshi.com/

第一回「卑弥呼お姉さま魏にパシリを使わす」 

2007年01月24日(水) 13時47分
はじめまして。みつごろうと申します。
この日記は、私、みつごろうが時事ネタなどを前フリにして、
みなさんと日本史についてのお勉強をしようというものです。

日本史についての勉強方法ですが、
歴史上の人物をこの場に呼び、
「りょうこ」という架空の女子高生と対談させます。
なぜ女子高生かって?
だってその方が面白いでしょ(笑)。

というわけで最初の対談相手は、
日本史で初めて覚える人といえばこの人、卑弥呼さんです。

それではどうぞ。





----------------------------------------りょうこ
今日は邪馬台国についてお話していただくため、
あの有名な卑弥呼お姉さまに来ていただきました。
----------------------------------------卑弥呼
卑弥呼どうえーす。ひーみーって呼んでねー。
ピースピース。
----------------------------------------りょうこ
……ちょっとイメージが違うようですが、
さっそくお聞きしたいと思います。
ズバリ、邪馬台国はどこにあったのですか?
----------------------------------------卑弥呼
日本でーす。
----------------------------------------りょうこ
日本のどこですか?
----------------------------------------卑弥呼
?現在のどこにあたるのかなー?
ひーみー、わっかんなーい。
----------------------------------------りょうこ
だいたい九州説と近畿説にわかれているようですが?
----------------------------------------卑弥呼
うーん、あたし地名わかんないヒトだからー。
----------------------------------------りょうこ
……次の質問にいきます。
卑弥呼さんは、
あの三国志の諸葛孔明と同じ時代の人だそうですね。
----------------------------------------卑弥呼
コーメイとかって誰? チョーしらなーい。
----------------------------------------りょうこ
卑弥呼さんはその魏呉蜀三国のうちの
魏の国から金印と鏡をもらったそうですね?
----------------------------------------卑弥呼
あー、あれはソウソウとかいう男の息子が、
ひーみーに一目惚れしてプレゼントしてきたんだー。
もてるってツラいねー。
----------------------------------------りょうこ
それはちょっとウソがまざってませんか?
----------------------------------------卑弥呼
あはは、うそバレバレー。
----------------------------------------りょうこ
その鏡とは、
日本でよく出てくる「三角縁神獣鏡」というヤツですか?
----------------------------------------卑弥呼
しらなーい。
----------------------------------------りょうこ
金印とはどんなものだったんですか?
----------------------------------------卑弥呼
わっかんなーい。
----------------------------------------りょうこ
「魏志倭人伝」によると、
卑弥呼さんはとても大きい墓を作ったそうですが、
それはどこにあるんですか?
----------------------------------------卑弥呼
りょうりん、知らないことばっか聞くー。チョームカツクー。
----------------------------------------りょうこ
…とにかく邪馬台国と卑弥呼さんの事は
ぜんぜんわっかんなーい、という事がわかりました。
今日はこの辺で。
----------------------------------------卑弥呼
ひーみー、チョベリバー。プンプン。


--------------------------------------------------------------------------------

みつごろうの一口寸評

--------------------------------------------------------------------------------

りょうこさんが言っているように、
邪馬台国と卑弥呼さんのことは、ほとんどが謎なのです。
ほとんどを推測で埋めなければならないから、
たとえば東大教授でも小学生でも、
同じ土俵に立って意見を戦わせる事ができるのです。
みなさんも色々推理してみてね!
それからインタビュー中、
「曹操の息子が卑弥呼に一目ぼれ・・・」云々とありますが、
これは卑弥呼さんの大ウソです。ゴメンナサイね!

--------------------------------------------------------------------------------

みつごろうがさらに面白く配信している有料メルマガ
(試し読みあり)
http://premium.mag2.com/mmf/P0/00/42/P0004262.html



HP
http://www.nihonnshi.com/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みつごろう
読者になる
とにかく日本史が好きです。
日本史と結婚したいです。
そんなオヤジの日記。
2007年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる