虚無 

November 01 [Tue], 2005, 20:43
何もない空間に椅子がぽつんと一つだけあって
そこに座っている感覚。
周りを見ても何もない。何も見えないのではなく何かあると感じる事ができない。
そういった虚無感。
自己否定は大嫌いだし自己愛は多分にあるはずの私。
だけれども自分と自分をとりまくもの全てに質量を感じない虚無。
孤独感がとめどなく襲ってくる。
暖かさを感じる事もなく、かといって冷たさに怯えるでもなく。
何も感じないのだ。
何も感じない事はひどく怖く恐ろしく。
其処にナイ物に触れようとして
其処にナイ物を感じようとして
ただただ疲弊していく。

夏の午後 

June 24 [Fri], 2005, 0:39
見えないものを見ようとして
聞こえない音を聞こうとして
人って苦しむんだ
見ようとするのではなく目を閉じれば浮かんでくる事もあるね
聞こうとしなくても風にのって耳へと流れてくる事もあるね
春の風にそっと背中を押されて
ただ漂っていた僕は
気が付けば
暑い日の光の下に居た
前に進んでいるつもりなどなくっても
進んでいたんだ
時は誰にも暖かく平等に流れゆく
時は誰にも残酷に平等に流れゆく
今はもう夏
僕が歩く如何を問わず時は流れ行く

 

June 13 [Mon], 2005, 22:22
わずかな時なれど人を魅了するのは桜
涙の後に儚くされど妖しく咲き誇るのは紫陽花
陽の光をうけ輝きつづけるのは向日葵
そこはかとなく可憐なのは秋桜
白銀の中には柊
どれも美しく魅惑の花なれど
我が胸中には向日葵のみ咲く
其は光なり

人と人 

June 13 [Mon], 2005, 10:54
私が私であるために。
私が私になるために。
何が必要なのだろう。
人は一人だけでは形成されない。他の人との関わりにより人で居る事ができる。
そう私は思っている。
今の私を形作っているのは貴方なのかもしれないね。
そして今の私が私らしいかどうかは解らないが
私は今の私を好きだと思える。
私が私を好きになる。私が貴方を大切に思う事とそれは同意なのだと思う。
どのような関わりであれそれは私には大切な事。

愛とはなんぞや 

June 12 [Sun], 2005, 3:34
愛ってなんだろう。
スキという気持ち?
同意語ならば必要のないもの。
スキより強い気持ち?
それはダイスキと何が違う?
自らを大切に思う事。自己愛。
愛とは大切に思う事?
自らを慈しむことなしに人に愛を語る事などあってはならないのか。
人が人を大切に思う。それ故に自らをも大切に思い慈しむことができる。
世の中には愛という言葉はあまりに溢れすぎている。
本来そう簡単に口にすべきではないような気がする。
他人を自己と同じく尊重し慈しむこと。
それが成りはじめて愛なのではないか。
と徒然なるままに書きなぐってみた。

ブログ始めました 

June 06 [Mon], 2005, 16:46
今日からブログを書いていくことに。
日記だったりふと思った事を書きとめていったり。自己満足的なブログだけれど、
少しやっていってみようかなと。

さて、今日は最初って事もあり日記というか今思う事でも書いちゃおうかな
生きていくって嬉しい楽しいだけじゃない。そんな事は当たり前かもしれないけれど
楽しんで生活していけたらいいな。とくに明確な夢。そういったものがあるわけじゃないけれど
おぼろげではあるが求めているものはある。
こういう自分になりたい。それは職だとかではなく、自分を含めた空間の姿。
暖かい空気に包まれて暮らしていけたらどんなにか素敵だろう。
人であるがゆえ人を求めてしまう。他人を通して自己の存在をみてしまう。
それが人であるって事なのかな。人は本質では生きていけない。そう思う。
だけれども人に依存してしまい、それが壊れてしまったら
人って簡単に壊れてしまうものなのかな。
どんなに幸せでもたった一つのヒビが全てを壊してしまう。そういった事は実際あるのだと思う。
だけれども全てが決壊してしまう姿。それだけは見たくはないな。
修繕できるならヒビは早めになんとかしないといけないね。
全て決壊してしまえばもう穏やかな日常には戻る事すらできないのだから。
2005年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像桜の嵐
» ブログ始めました (2005年06月15日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mitty0000
読者になる
Yapme!一覧
読者になる