2008年のCMキング

December 24 [Wed], 2008, 22:16
商品を宣伝したり、企業イメージをアップしたりする上でカギとなるテレビCM。出演するタレントによって企業イメージが左右されることもあるため、どのタレントを起用するのかは重要だ。今年、最もテレビCMに起用されたのは誰なのだろうか。

 ニホンモニターの調査によると、男性タレントで今年最もテレビCMに起用されたのは「木村拓哉」さんと「松岡修造」さんで10社。木村拓哉さんはトヨタ自動車や日清食品、東日本電信電話など幅広い業種で起用され、松岡修造さんはキッコーマンや明治乳業、丸大食品など食品会社での起用が目立った。

 3位以下には、「香取慎吾」さん(9社)、「玉木宏」さん(8社)、「世界のナベアツ」さん(8社)が続いた。木村拓哉さんのほかにもジャニーズ勢は多く起用されており、上位20位に7人がランクインした。

●女性タレントではベッキーさんが断トツ

 女性タレントで今年最もテレビCMに起用されたのは「ベッキー」さんで14社。「幅広い層に支持されるキャラクターで、食品・医薬品・トイレタリー・音楽などのほか、子どもに関連する商品・サービスのCMへの起用も目立った」(ニホンモニター)

 2位以下は「相武紗季」さん(11社)、「仲間由紀恵」さん(10社)、「上戸彩」さん(10社)、「篠原涼子」さん(10社)、「堀北真希」さん(10社)、「宮崎あおい」さん(10社)が続いた。

 調査対象局はNTV・TBS・CX・EX・TX(全て東京地区オンエア分)。番組宣伝や本人出演のCD/DVD・着メロ/着うた・映画CMは除いた。調査時期は1月1日から11月30日まで。

SNSから始まる恋、「アリだと思う」は5割に減少

December 04 [Thu], 2008, 18:10
ブロガー向け情報サイト「ブロッチ」などネットマーケティングを展開するアイシェアが、SNSの利用に関する調査を行った。20〜40代を中心とするネットユーザー394名の回答を集計した。

 「mixiやモバゲーなどのSNSを利用しているか」との問いには、全体の35.8%が利用していると回答し、2006年時の調査での34.2%とほぼ同じ割合となった。男女別でみると女性が39.3%で男性の32.5%を約7ポイント上回っている。年代別では、20代で52.6%と半数を超え、30代は40.6%、40代では27.4%。やはり若い年代ほど利用率は高くなっている。
 
 SNS利用者にアクセス頻度を聞いたところ、半数以上が「1日に数回以上アクセスする」と答えた。利用初期と比べてアクセス回数はどうなったかを聞いたところ、「以前より減った」が43.3%と最も多く、「以前と変わらない」が41.1%、「以前より増えた」は15.6%。性別・年代別にみても同様の結果で、初期に比べ減少傾向の様子だ。アクセス頻度が減った理由としては「飽きた」「興味が薄れた」「目新しいものがなくなった」といった声が多く見られた。
 
 SNSから始まる恋については、「アリだと思う」は52.8%。ネット犯罪の増加も関係しているのか、2006年時の66.1%に比べ15ポイント近くも減少している。男女別でみると、男性の56.2%に対し、女性で「アリだと思う」としたのは半数以下だった。年代別では若い年代ほど「アリ」の割合が高く、20代では63.2%となっている。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mitttii
読者になる
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mitttii/index1_0.rdf