にきび痕などの肌トラブル
2009.06.29 [Mon] 23:40

にきびの痕など顔に残ってしまったり、吹き出物やにきびが出来てしまったりなど、肌トラブルに関しては本当に悩みの種だと思います。

健康な肌を持っていれば肌トラブルになる可能性は低いと考えられます。
健康な肌にはにきびの元になるにきび菌などの菌の増殖を防ぐような免疫力がきちんとあります。

にきびやにきび痕ができる原因として身体の内側にある理由が肌に負担をかける場合もありますし、よく脂性のものが毛穴を詰まらせるという考えから、過剰に脂性のものを避けたりして間違ったニキビケアを行っていくと肌のバランスを崩すことになり、肌本来の力が発揮出来なくなります。

肌本来の力が発揮出来なくなると自浄作用がうまく働かなくなり肌トラブルの元になるにきび菌や緑膿菌が増殖してしまうのです。

ですから肌トラブルを解決させるためにはスキンケアを正しく行い、肌状態を整えていくことが解決への近道になるかもしれません。またスキンケアだけだと解決できなくても、合わせて専門の治療などもするとより効果的だと思います。

にきびやにきび痕などの肌トラブルは身体の内側が原因となり肌の力を低下させてしまうことで起こる場合が多いです。

さらに肌トラブルを起こしたまま放っておくと悪化してしまう可能性もあり、そうなるとにきびは痕が残ってしまったりする可能性もあるのです。

にきびや、にきび痕、乾燥肌のような肌トラブルを改善させるためにも身体の内側の原因を見つけて改善していくようにすることが大切となります。
 

ニキビケア-ケミカルピーリング
2009.06.06 [Sat] 09:07

ニキビケアの一つの手段として注目を浴びているのがケミカルピーリング。
ケミカルピーリングは炎症性のニキビを治療するのに良いと言われています。
皮膚の表面にある古い角質を数種類の酸を用いて化学的な作用で剥がすことで、ニキビを予防するものです。

ニキビの原因となる、古い角質や毛穴に詰まった角栓をなくし、毛穴の中に溜まっていた古い皮脂を外に出してくれます。
このピーリングを繰り返すと、皮脂が毛穴の中に溜まることなく、ニキビ治療に効果があるといわれています。

ニキビケアのしづらい背中のニキビにもこのピーリングが可能です。
目では見えない分、自分の背中が気になるという人も多いようです。
きちんとケアして、水着やキャミソールを気にせず着られるようにしたいですね。

ケミカルピーリングのメリットは古い角質を削るため、新しい皮膚が表面に表れるので、肌にあるニキビ跡がなくなり、すべすべの肌を手に入れることができます。
ニキビ跡のくすみや汚れも除去でき、色素沈着も改善できます。
ピーリングの繰り返しはニキビ予防だけではなく、健康な肌を保つことができます。

ケミカルピーリングは繰り返し受けた方が、より良い効果を期待できます。
1〜2週間毎に1回受けるペースで、4〜6回受けると肌がかなり改善されるでしょう。

ピーリングをした後は一時的に赤くなり、ヒリヒリすることがありますが、患部をきちんと冷やしてケアをしてください。
冷やしても赤みなどが落ち着かない場合は必ず診察を受けましょう。
 

ニキビ跡
2009.04.29 [Wed] 11:41

ニキビケアだけでは改善できないのがニキビ跡。
炎症を起こし、膿が溜まった状態のニキビの場合、ニキビ跡の原因につながります。
ニキビ跡には二つの種類があります。
シミのようなニキビ跡と凹凸ができてしまうニキビ跡です。

シミみたいに色素が沈着してしまった場合は、ニキビケア次第で綺麗に治る場合があります。
まずは肌への刺激が少ない化粧品を使うことです。
そして紫外線を浴びるなど肌への刺激になることは避けなければなりません。
このニキビ跡はすぐに治るわけではないので根気強くニキビケアを続けなければなりません。

次にニキビ跡で凹凸ができてしまった肌へのニキビケアです。
凹凸ができてしまった肌は細胞が傷ついている可能性が高く、化粧品だけでの改善は難しくなります。
細胞が破壊されていると、新しい細胞も作られないため、元通りの皮膚になるのが難しいのです。
ただ、皮膚を清潔にし、紫外線などの刺激から肌を守ることで少しは改善されます。
凹凸が気になるからといって、ファンデーションを厚く塗ってはいけません。さらなるニキビの原因になります。

市販の薬で、ニキビ跡ようのもが売っていますが、なかなか治らないニキビ跡のために、最近ではレーザー治療やコラーゲン注入などで凹凸をなくすものもあります。
どのやり方が良いとは一概に言えません。それぞれの肌に合わせたケアをする必要があります。
あまり気になるようであれば、一度皮膚科に相談してみるのがよいでしょう。

ニキビケアにはプロアクティブ
 

アルコール依存症
2009.04.28 [Tue] 00:03

アルコール依存症とは、「アルコールがないと落ち着かない」「アルコールをやめようと思ってもやめられない」などの症状が出る病気です。
以前は、アルコール依存症は「慢性アルコール中毒」と呼ばれていました。
いわゆる「アル中」です。
現在では、慢性アルコール中毒という言い方は差別的表現として使われなくなっています。
アルコール依存症になると日常生活に支障をきたすようになり、家庭内で問題が起きたり仕事を失ったり、事件や事故などを引き起こしたりする場合があります。
また、肝臓の病気や高血圧、神経障害、うつ病などの病気はアルコールが原因だと言われています。

アルコール依存症に陥ってしまうのは、かつては本人の意志が弱いからだとされてきましたが、現在では精神の病気の一つとして扱われています。
精神面で異常をきたしているため、アルコールの摂取(飲酒)が自分でコントロールできないと考えられています。
日本で飲酒している人の数は、約6000万人と言われています。
この中でアルコール依存症の患者は約230万人います。
つまり、飲酒する人の26人に1人がアルコール依存症になっているという事になり、飲酒する人なら誰でも発症する可能性があるといえます。
日本では、一日に飲むアルコールの量が150ml以上の人を大量飲酒者と呼びアルコール依存症だとみなしています。
これは、日本酒では約5.5合、ビールでは大瓶6本分、ウイスキーではダブルで6杯分にあたります。
 

ぎっくり腰と腰痛
2009.04.05 [Sun] 09:54

突然やってくる腰痛、腰痛の中でも多くをしめるぎっくり腰ですが、発症したことがある方は多いのではないでしょうか。
ぎっくり腰は、総称であり、正式な名称は、筋膜性腰痛症または腰椎捻挫と言われています。

そもそも何故ぎっくり腰は起こるのでしょうか。
私達は、多いものを持ったり中腰になったり体をひねったりした時に腰に負担がかかります。
その時に急激にこれらの動作をしてしまうと腰やその周りの筋肉、脊柱、骨盤などがびっくりし、必要以上に負担をかけてしまいます。
そして、それらがゆがんだり捻挫をおこしたりし、急激な痛みが伴うのです。その痛みは突然やってくるので魔女の一撃とも呼ばれています。
また腰が冷えやすい冬に発症することが多いです。

ぎっくり腰になってしまった場合は、発症の当日が痛みが一番激しくるため安静が一番です。
そして腰を冷やすのがいいでしょう。一般的な腰痛予防は腰を温めるのが良いのですが、ぎっくり腰にかかってしまった場合は、必ず冷やすようにしてください。
腰を温めると症状を悪化させてしまいます。

数日間、安静生活を続けていれば痛みは軽減されていきますが、安静生活が難しかったり、続けられなかったりした時などは治療に行かれるのをお勧めします。
病院の整形外科や鍼灸、整体、整骨院などそれぞれ治療の方法は異なります。
西洋医学、東洋医学と様々な側面から治療方法がありますが、信頼の出来るところを選び治療に行かれるといいでしょう。

また普段の心がけとして、腰を使う動作の時は特に気をつけながらゆっくりと動く、腰を冷やさないようにする、この二つを頭に入れておけば、ぎっくり腰にかかりにくくなります。
 

エステサロンの選び方
2009.03.24 [Tue] 21:16

エステサロンに行ってみたいが、エステサロンの選び方が分からないという人も多いでしょう。現在エステサロンの広告はテレビのCMや新聞、雑誌や街で見かける看板やポスターなどに溢れています。情報が多すぎて、エステ初心者なら特に混乱してしまうでしょう。
そこで氾濫している情報の中で、エステサロンを選ぶ際に重要なことは、信頼できるサロンであるかどうかです。エステサロンに関わるトラブルは多いため、強引な勧誘がなく、適正価格で確実な技術を受けられるエステサロンを選ぶ必要があります。信頼のできるエステサロンは人気が高く、メディアに取り上げられたり、有名人が利用したりすることも判断材料の一つです。そういった意味では大手で名の知られたエステサロンほど信頼できるサロンだと言えます。
またウェブサイトで人気エステサロンの検索などを利用することもよい方法です。エステサロンのホームページでは表向きの情報しか得られないため、口コミや人気ランキングが見られるサイトを探しましょう。大手のエステサロンでなくても、よいエステサロンを見つけることができるかもしれません。
そして最終的には自分で体験して判断することです。エステサロンの多くは無料体験や初回限定価格で受けられるコースがあります。そこでスタッフの対応や雰囲気、自分が求めるエステサロンかどうかを見極めることが大切です。また料金設定や支払い方法、解約時の規定などもチェックして、全てに納得の上で契約を行うことが望ましいでしょう。
 

子供の腰痛
2009.03.22 [Sun] 22:14

意外と知られていないのが子供の腰痛です。
腰痛が現代病の一つに挙げられるように、子供にとっても腰痛を引き起こしやすい環境の中で暮らしています。

最近は、子供の姿勢も悪くなってきていると言われています。
帰宅後の長時間のテレビゲーム、体罰に敏感でしつけが徹底されていないなど、現代社会では、姿勢が悪くなる原因がたくさん隠されています。
子供は骨も筋肉も成長過程ですので、姿勢の悪い状態が続けば体全体が歪みます。
それによって腰に負担がかかり、腰痛が起こりやすくなるのです。
また、長時間のテレビゲームなど外で遊ぶ子供も少なくなりました。これは運動不足にもつながり、骨と筋力の低下を招き腰痛を引き起こしやすい原因となります。
昔の子供たちは暗くなるまで外で遊び顔も真っ黒に日焼けしていました。そうすることによって自然と元気な体を作っていたのです。

それとは逆に激しいスポーツを継続して行うと腰痛を起こしやすいとも言われています。
特に小学生低学年など体が未熟な時期に激しいスポーツを行うと、腰に負担がかかりやすくなります。
子供の腰痛で多いのが疲労骨折とも言われる脊椎分離症です。
この症状は、そのままにしておくと大人になってから悪化することが多く、早めの治療が必要となります。

子供の症状によって腰痛の治療法は様々ですので、まずは専門家に診てもらうことをお勧めします。
何事も適度で無理せず行うことが元気な体を作り、子供がすくすく育つ糧となるのです。
 

高所恐怖症を克服
2009.03.06 [Fri] 10:35

「高所恐怖症」と言う恐怖症があります。聞いた事がある人も大勢いるのではないでしょうか?簡単に言うと高い所に行くと怖いと言う恐怖感を抱いてしまう恐怖症です。高所恐怖症の特徴として、高い所が恐いと言う思い込みを既に持っている為に、高い所に実際行くとその恐いと言う気持ちを無理に落ち着かせようとしてしまう事があります。「大丈夫、恐くない」と思い込もうとするのですが逆にその思いが恐怖心をあおってしまう事になり、落ち着きが無くなってしまって結果的にその場から動く事が出来なくなってしまうというのです。

では、高所恐怖症を克服する為の方法はどんな事があるのでしょうか?ちょっと矛盾している様なのですが、恐い所を克服する為には恐い体験をしなくては無理だと言うことが挙げられます。これはきちんと恐怖と向き合うと言う事がポイントで、「大丈夫」とか「音楽」等を聴いたりして誤魔化したりしながらの経験は高い所の恐怖には繋がりませんので克服は出来ません。また恐怖心だけで頭が100%になってしまうとそこからの脱出は無理になってしまいます。ちょっと冷静な部分を残しつつも、高い所で恐怖を感じながら少しその場にいます。そうする事で恐怖心がピークの状態から少しずつ落ち着いてくるようになります。これが克服へのポイントなのです。これを続ける事により克服が出来るようになっていきます。但しいきなりかなり高い所で試してみても逆効果になってしまう可能性がありますので、少しずつ高さを変えて行く等して無理せずに克服して行きましょう。
 

足の指先のしびれ
2009.03.03 [Tue] 22:34

人の腰から足にかけては、たくさんの神経がつながっています。
その神経が何かの原因で異常をきたすと足のしびれを感じる事があります。
足のしびれには、腰が疲労する事によって起きる場合もあるようです。
足のしびれの中でも指先のしびれに関係する病気に以下のものがあります。

糖尿病の合併症に糖尿病性神経障害があります。
糖尿病にかかると、末梢神経が正常に働かなくなって手や足の指先がしびれたり痛みを伴ったりします。
高血糖の状態が長く続いた為に、手や足の神経に障害が出てくるのです。
足のしびれや痛みはありますが、それによって足の筋力の低下はないようです。
症状の軽いうちに治療を開始すればこのような神経の障害は回復します。
しかし症状が悪化してしまうと足の先の組織が腐ってしまう壊疽や死んでしまう壊死の状態になり、最悪の場合は足の切断に至る事があります。

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板が突き出て神経を刺激するために痛みが起こる病気です。
腰痛の他に足にしびれが起こる事があります。
足のしびれは足の外側や裏側、指先などに出ます。
自然に回復する場合もありますが、症状が悪化してくると立っていられなくなります。
このような場合には手術の必要があります。

足の指先のしびれる原因には、これらのように大変な病気が隠されているかもしれないのです。
足のしびれがとれず気になる場合は、そのまま放っておかずにできるだけ早く病院での診察を受ける事をお勧めします。
早期発見、早期治療が大切です。
 

腎臓病
2009.02.27 [Fri] 09:56

腎臓病の代表格は、急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼです。よく耳にする、「腎不全」というのは、これらの腎疾患が進行して、腎臓の機能が著しく低下した状態です。
そしてその腎不全の末期の症状が「尿毒症」となります。

尿毒症というのは、腎臓の機能が極度に低下し、体内に毒素がたまって全身の臓器に症状をあらわれるようになった状態をいいます。腎不全の末期の症状で、以前は、生命の維持も危ぶまれる危険な状態でしたが、現在では透析療法が進んで生存率が高まりました。社会復帰も可能になりつつあります。

急性腎炎、慢性腎炎、ネフローゼも含め、他にもさまざまな腎臓病があります。
●急性腎炎・・・強い症状が出ますが、短期間で治癒しやすい傾向があります。

●慢性腎炎・・・慢性腎炎の場合は、数年から10年近く症状がないまま進行し、自覚症状が現れたときにはかなり進行しているということが多くあります。
●ネフローゼ症候群・・・ネフローゼは、タンパク質が大量に(1日に3.5グラム以上)尿中に排出されるため、体内においてタンパク質が不足し、強いむくみを特徴とする腎臓病です。
その他、急性糸球体腎炎、慢性糸球体腎炎、糖尿病性腎症など、さまざまな腎臓病があります。