光と風のシンフォニー4.光と風のシンフォニー

December 24 [Wed], 2008, 0:00
4.光と風のシンフォニー
真生は現実の世界へと戻っていった、少し切なさを残して…。
その一方 文絵と神父様だけになった教会では…、
「行っちゃった, ありがとう、かわいい花婿さん」と文絵は涙ながらつぶやく。
「ほ ほ ほ、こんな感じでよかったかの?」と神父
文絵「サンタさん…、じゃなくて神父様、この度はありがとうございました」
「もうサンタでええよ、あなたには今日まで黙ってたが、この話は あやちゃん じゃなくて…、あなたのお母さんにもお願いされてたからの」
「え! お母さんからも?。よぅし!、今夜はお母さんの大好きなアップルパイを作ってあげなきゃ!」二人の会話は盛り上がった…。
そしてクリスマスイブの夜明けが近づいてきた…。
  
12月25日クリスマス、この日は私の元妻で真生の母文絵の命日だ、しかし今日は重苦しい雰囲気はあまり感じられない、原因はどうやら真生にあるようだ。この日朝早く、真生は目が覚めた。
靖「おはよう お目覚めはいかが?」と問うと真生は興奮しながら
「パパ! 今日ね 夢の中でママと会ってデートしたんだ!」と話した。
靖は驚いて「ホントか? よく話してくれないか?」と聞くと真生は
「うんとね 夢の中でママと会って 港で大きな船を見た そして海の近くの店でネックレスを作ったんだ! それで結婚式があって… うーんと…  もう沢山!」と真生の楽しい話は続いた。そうこうしてるうちに時刻は7時半、真生は今日から冬休みだが、学校の飼育係に間に合わない。
「あ!急がなくっちゃ!」と真生が起きあがったその時、真生のパジャマの首筋からなにやらもそもそとするものが…、「なんだろう?」と真生がそこの手をかけると、それは真生が夢の中で文絵からもらったネックレスだった。
「それどうしたんだ?」と靖が聞くと「うーん あそうだ!、ママからもらった!」と真生は話す。驚きはあったが靖は顔に出さず「そうか じゃ顔を洗っておいで」 「うん!」 真生は洗面所に向かった。
「ホントに驚いたな、葬儀の時 棺に入れたのだが…、真生の為にありがとう」
靖は文絵に感謝のつもりで真生が身につけてたネックレスを仏壇に置き一礼した。
「あ あの写真まだあるかな?」と靖は思わず真生のネックレス中央のブローチの中のある写真、その中の写真を見ると靖は「なんと!?」と驚いた。
写真の中は文絵と靖の二人のはずだが、その中に真生が加わってるではないか!?、ちなみに靖のネックレスの写真も同じようになっていた。
「俺たちの夢だったよな ありがとう 文絵…」と涙ながら感謝する靖。
この日も靖 真生は元気に家をでた…。

その日靖は仕事を早退、昼にはお世話になった神社でお礼参り、
そして文絵のお墓には花束を置いた…。
今日もまたいつもの日常が戻ってきた、
ただ以前と変わったところは、真生に笑顔が増えた。
生前の妻文絵とよく似た真生の笑顔、
間違いなく真生の心の中には 妻 文絵が生きていた…。
                4.光と風のシンフォニー  おわり
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mitsuyan_nvl
読者になる
2008年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
アイコン画像みつやん
» 光と風のシンフォニー1.大黒柱の悩み (2008年12月03日)
アイコン画像サチオ
» 光と風のシンフォニー1.大黒柱の悩み (2008年11月29日)
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mitsuyan_nvl/index1_0.rdf