NO.4

June 25 [Fri], 2010, 23:20
自分で言うのも変な話だが、
色白で細く、髪の毛もほんのり茶色く、二重で目元もかわいげがあり
かわいいと言われることも当然だと思っていたし、
自分でもそう思っていた。

家から20分の距離の中堅レベルの公立高校に主席入学したわたしは、
当時、学年で一番顔が知れていただろう。
先生にもすぐに顔と名前を覚えられた。

高校でも陸上競技を続けることにした。
本当は大好きな音楽、軽音楽部に入りたかったのだが、部が存在しなかったのだ。
陸上競技部の先生に声をかけられたこともあり、入部した先で、運命の出会いをすることになる。

かわいくて、勉強もできて、明るくて、学級委員長もしていたわたしは、クラスの中でも中心にいる存在だった。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mitsuki
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 職業:フリーター
読者になる
わたしの現実にあった話と妄想を織り交ぜた小説です。コメント、メッセージ、感想等お待ちしております。
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/mitsukilife/index1_0.rdf