三菱、中国のパワートレイン合弁工場でATを生産開始 

February 03 [Wed], 2010, 16:17
三菱自動車は、中国のパワートレイン合弁工場ハルピン東安汽車発動機製造有限公司(DAE)が、三菱自動車がライセンス供与するオートマティックトランスミッションのラインオフセレモニーを開催した。

DAEは、1.3 - 2.0リッターのガソリンエンジン、5速マニュアルトランスミッションに加え、今回初めてオートマティックトランスミッションの生産を開始する。

市場規模が拡大を続ける中国では今後ATの需要も高まると判断、新たな商品を展開して多様化する市場のニーズに柔軟に対応していく方針だ。

AT生産開始時の生産能力は年間15万基で、第二期工事で生産能力を倍増、年間30万基体制とする計画。

セレモニーには、三菱自動車の益子修社長も出席し、「ATの将来性に期待する」と述べるとともに、DAEの2009年のエンジン生産台数が過去最高の50万基となったことと累計生産150万基達成に賛辞を述べた。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:mitsubishi_car
読者になる
2010年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる