遺伝子組み換え、脳細胞でも高頻度…初の実証 

October 31 [Mon], 2011, 9:03
 人間の脳細胞では遺伝子組み換えが高頻度に起き、各細胞ごとにゲノム(全遺伝情報)が異なっていることを英エディンバラ大学や理化学研究所などによる国際チームが発見した。

 人間の細胞で遺伝子が組み換わるのは免疫関連の細胞が知られているが、脳細胞でも組み換えが起きていることを実証したのは初めて。2万数千個しかない人間の遺伝子を使って脳細胞が記憶や思考といった複雑な活動をどうやってつかさどっているかを説明する成果で、英科学誌ネイチャーに31日発表する。

 チームは、細胞内で動き回ることができる遺伝物質レトロトランスポゾンに着目。この物質の影響で組み換わった遺伝子を検出する方法を開発、脳に関係のない病気で亡くなった人の脳組織と血液を比較した。その結果、血液では組み換えはほとんど見つからなかったが、脳組織では少なくともその100倍以上の頻度で組み換えが起きていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111030-00000865-yom-sci
※この記事の著作権は、ヤフー株式会社または配信元に帰属します


女性も必見!転職で失敗しないための方法!!外資に転職するために必要な情報も入手しました!!!

皆様、はじまして、このサイトでは転職を天職に変えるヒントをふんだんに盛り込ませてもらいました。
新卒で就職したのはいいが、実際働いてみると理想とは全く違っていた・・・。もっと調べて入社すればよかったと後悔されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?
ですが、そこであきらめてはいけません!!理想と違っていたら理想の会社に転職してしまえばいいのです。
要は失敗を教訓にして会社を選べばいいのです。転職を考えている方は既に立派な社会人で仕事に関わらず、様々なことを経験されています。その経験を生かして会社を選ぶのです。あなたの理想の会社に就職するのです。
今、日本は大不況の真只中です。そんな中で希望した転職ができるのか?今はじっと景気が上向きになるまで我慢していたほうがいいのではと消極的にお考えになる方もいらっしゃることでしょう。ですが、今こそチャンスなのです!!逆に転職する中途採用者の公募は増えている傾向があります。
これは、不景気の時代、新卒者を一から教える労力よりも即戦力として期待することができる転職者の方が、はるかに効率がいいからです。
さらに傾向の1つで不況の後、たくさんの転職が成功する可能性が高いのです。そして、したたかな企業は不況が抜けたタイミングを見計らって先手を打つかのように行動を起こします。
まだまだ、日本は学歴を優先して採用する企業が多々ありますが、転職に関して学歴はほとんど関係ありません。
あなたが社会で得た知識、能力を評価されます。学歴が原因で涙をのんだ方も評価を逆転できる可能性が十分あるのです。
転職はたくさんの選択が待っています。同職種に心機一転頑張るもよし、心に思っていた仕事に就くために再チャレンジするもよし、あたらしく、自分で会社を興すなどなど、夢や希望が待っています。年齢の若い方ほどたくさんの可能性とチャンスが待っています。
臆することなく「やりたことができた転職したい」という気持ちが芽生えてきたら、いろいろ考えてみましょう。
ぜひ、転職を考えている方がご覧になられているのなら、お時間の許す限り見ていただいて、何かの参考にしてもらえればと思います。

女性も必見!転職で失敗しないための方法!!外資に転職するために必要な情報も入手しました!!!