【自給自足ECO】通い型田舎暮らしを楽しむプロジェクト

August 24 [Wed], 2016, 10:23


こんにちは、みたらしです。

今回は、「通い型田舎暮らし」を楽しむプロジェクト「大磯農園」について紹介します。


都会にいながら、田舎に通う。
通い型の田舎暮らし。
田舎か都会かどっちか?!
ではなく
田舎も都会もどっちも!!
というのが素敵だなと思います。


そして、このプロジェクト、ライフスタイルに取り入れることを提案するとともに、荒廃農地など地域資産の有効活用を目指すプロジェクトでもあるんですよ。地球環境に大きく貢献しているです。


大磯農園では、さまざまな活動を 「おとなのブカツドウ」 = 部活 として、各活動に名前を付けているんだそうなんです。


・僕らの酒部
大磯農園のはじまり。荒廃農地だった田んぼを再生し、お酒をつくるプロジェク

・無農薬こたつみかんの部
大磯丘陵は昔からみかん栽培が盛ん。その1つである休耕地を再生させ、
箱根マラソンを自分達で育てたみかんを食べながら見るための部活。

・石部
大谷石で石窯やカマドを組み立てるのが石部。
すべて自分達でつくる、理想を現実に する、カタチにしたい人が集い、さま ざまなものをつくりあげる部活。

こんな風に、遊びながら楽しみながら田舎暮らし、自給自足。そして、荒廃農地など地域資産の有効活用をしているんです。



実は日本には東京ドーム5万8千個、27.3万ha(2013年調べ)もの荒廃農地があるそう。それをどう活かすのか?に目をつけてまずは、NPO法人「西湘をあそぶ会」の部活動「僕らの酒部」の拠点を、大磯の荒廃農地へ移動すべく、週末各地から通ってくる会員とともに前代未聞の農地開墾から田んぼづくりを始めたんだそう!

田んぼつくりですよ?!すごい!!



あそびの数だけ、地域資産は再生する という考え方。
素敵ですよね。。
荒廃農地やみかん畑を、部活動という形で活用してきた「大磯農園」。

これまで、お酒や生ハムづくりなど、大磯の地域資産を大人の本気の“あそび場”に変えてきましたが、荒廃農地はまだまだ増えているという現状があります。課題解決のためには、プロジェクトの継続が不可欠。発案者の原さんは、「大磯農園」を続けていくために大切なこと、それは「本気であそぶこと」だと言っているんだそうです。


今回、この記事を書きながら、本当に地球にとって必要なことは、自給自足。

自分たちで作り消費していく力なのかなと思いました。

田舎と都心を繋ぐプロジェクトはそのはしりなのかもしれないですね。


すごく応援したいです。

諦めなければ道は開けると信じたい

August 16 [Tue], 2016, 10:12


熊本地震からまもなく4ヶ月が経過しようとしております。そんな中、未だに行方不明だった大学生らしき方の遺体が収容されたようです。


災害発生直後は大がかりな捜索が行われていたものの、時間経過と共に次第に捜索規模は縮小化され、その後はご家族が自ら捜索を続けていたようです。

まさに両親の我が子への想いの強さより発見に至ったと言っても過言ではない状況でした。災害発生から今日まで、ご家族にとっては時間が止まったままだったようで、「やっと時間が動き始める」という気持ちとのこと。絶望的な状況下、たとえ悲しい再会になってしまったとしても,自らの目で確認するまでは納得できないし、諦められない。そう思うのも当然です。


これで、やっと前を向くことができるのかもしれません。今後は、ご家族のメンタル面が心配です。超えなければならない壁に直面するのではないかという懸念が湧いてきます。


これまでは悲しみを感じる間もなく,ただただ息子さんとの再会のことで頭がいっぱいだったと思われます。今後は悲しい現実を受け入れなければなりません。でも、諦めずにこの日を迎えたご家族です。しっかりと現実を受け入れ、今後の人生を歩んで欲しいです。


最近は、幼児虐待等の報道を目にすることが多くなり、家族の絆は希薄になりつつある様に感じられます。そんな中、本来あるべきの家族の姿を見られたような、ホッとした気分になれました。家族への強い思いというワードから、北朝鮮による拉致被害者家族の事が頭をよぎりました。


地震発生から4ヶ月での再開は、長かったという印象がします。しかし、拉致被害者家族の方々は、そんな思いをしながら40年もの歳月を過ごしています。


その上、自ら探すことすらできない状況です。それでも、長年にわたり各方面に訴えかける活動を続けてきております。最近の北朝鮮はミサイル発射実験を繰り返し、対話をする気配などありません。思いだけではどうすることもできない厳しい現実を感じます。


しかし、今回のように信じて進むことで一歩踏み出せます。拉致被害者家族の方々も、このような穏やかな日を迎えられることを強く望みます。

皮まで使う日替わりランチカフェ

August 08 [Mon], 2016, 9:51
先日、とても良いカフェに行きました。

ここのカフェのすごいところは、建築だけでなく、料理もECOを考えて作られているんです。たとえば、上勝町で採れたお米や野菜を使った日替わりランチ。野菜や果物などの食材はできるだけ皮をむかずそのまま使用しているそう。こういうのがわかると安心して、食事ができますよね。

背景が見えるのはうれしい。どんな風につくられて、どんな思いがあって、どんな料理がでてくるのか。そういうことが見えてくると断然、通うのが楽しくなる。

そして、「cafe polestar」のコンセプトは、上勝町のショールーム。なんだそうです。面白い発想ですよね。
お話を聞いてみると、「ここに来ると上勝町のことがわかる、上勝町を五感で感じられる」場所を目指しているんだとか。


上勝町ではさまざまな作物を少量多品種で育てているんだそう。どんな作物があって、どんな味がするのか、どんな風に調理するのか。それがわかるようなメニューを日替わりで提供してくれているんだそうです。

カフェの写真を見てみました。

ご飯が本当に美味しそう。大切につくられているのがわかります。


建物もオシャレなカフェなのに、しっかりと地球のことを考えたつくりになっているのもうれしくなります。


上勝町は高齢者が葉っぱを集め料理のつまもの用に出荷する「葉っぱビジネス」で有名な町なんだそうです。はじめて、知りました。そんなビジネスがあるですね。葉っぱを集める仕事なら高齢者の方でもできますよね。すごい。「cafe polestar」でも、箸置き替わりに葉っぱを使っているんだそうですよ。



いろんな工夫がなされているんですね。なんというか、箸置きの代わりに葉っぱを使っているだなんて逆にオシャレだな。。

なんというか、一見、あまりオシャレ感とは関係ないようなシステムを上手に今風に近代的につなぐのが上手なんだな。。という印象を受けました。


写真を見てもうっとりするほど、家具や建物がオシャレ・・・


行ってみたい!!!と思わせる内装や料理に心がわくわくします。


そこに、熱い思いが入っていると思うとなおさら、行って実際に見てみたいですよね。

買い過ぎたら捨てずに多めに作ってシャアすることにした

August 04 [Thu], 2016, 10:34
こんにちは、みたらしです。

先日、雑誌でこんな場面を見かけました。

私は、スーパーを利用してくれているみなさんが、余った食品が大量に捨てられていることを問題視していると気づきました。だからこそ全ての支店で余った食品を、地域の慈善活動団体に寄付し食糧を必要とする人たちを助けようと決めたんです。


このプロジェクトは、私たちにとって食品廃棄を減らすための大きな第一歩でもある。いずれは、「Tesco」のどの支店でも、まだ食べられる食べ物を捨てるなんてことは、なくしたいです。

ちなみにこれを語っているのは、ちょっと新しい寄付のしくみを発表した「Tesco」。社長のDave Lewisさん。これから本格的に始まる「Community Food Connection」について、このように語っているんだそうです


素晴らしいですね。。。


そんな風に、食べることのできない人がいる世の中を変えたい。捨てられていく食材をなくしたい。絶対に捨てなくないという慈悲や愛の気持ちから生まれたシステムだからこそ、人々の心を引き付けて成功したのではないでしょうか???


そして、イギリス最大のスーパーマーケットチェーンの決断だからこそ、人々に大きなインパクトを与えたということもあるかもしれません。イギリスは、年間1430万トンもの食品が毎年廃棄されている、EU諸国の中で最も食品廃棄量の多いんだそう!

だからこそ、こういうシステムが生まれたんでしょうね


国内最大のスーパーマーケットチェーンの一歩が、国民の意識を変えることにつながりそうですね。


売り手側がこんな風に工夫してくれているのであれば、買い手側の私たちもより、意識的になっていきたいものですよね。やっぱり、売り手と買い手の協力がないと、どんなにいいシステムができていようとも成功はないと思うんですよね。


私たちができることはなんだろう??


まずは、買いすぎない。これは基本ですよね。


でも、このシステムを見習って、買いすぎたときは、捨てずに多めに作って、友達などにシェアするのもいいかも。


みんなが喜んでごみが減ったら一番いいですよね♪

読んで食べて体験できる「食べる通信」

July 22 [Fri], 2016, 9:23
生産者の思いを乗せた情報誌とその食材や加工品がセットで家に届くという新しい情報誌。「食べる通信」の紹介をしています。


誌面を実際に読むと感じるんですけど、神奈川の食材の豊かさ、海山里がバランスよく配置された神奈川の素晴らしさ実際に現地にいって、本人から魚のさばき方を教わることができたりと体験もついてくるのがまたいいですね。


「神奈川食べる通信」は会員制の定期購読誌で一般書店では販売していないんだそう。


注文方法を載せておきますね♪

しかし、わかめまるごとメカブから先までの1本

漁師さんが加工した「塩蔵わかめ」が冊子と同梱されているってすごい・・・
本当に美味しそうですよね。
豪華だよなぁー・・・


●販売価格:「神奈川食べる通信」は、
「冊子+食材」を発送する場合は1号につき2,980円(消費税・送料込み)。
「冊子+収穫体験クーポン」をを発送する場合は1号につき2,480円(消費税・送料込み)。
ご注文方法:インターネットにて本HPの右上「お申し込み」(http://taberukanagawa.tumblr.com/order.htm)をクリックして頂き、ご注文下さい。

一例:
内容量:お試し食材+加工品となります。3月号の猿島わかめの場合、わかめまるごとメカブから先までの1本、に漁師さんが加工した「塩蔵わかめ」が冊子と同梱されます。隔月のご希望に応じて増量することが可能です。


こんな風に、家にいながら各地の大事に育てられた食材と作り手の方の背景を感じられる。実際に会いにもいけるって嬉しいです。応援の仕方って色々あるんですね。 食べ物を買うことで

現地を応援する方法もある。。。。


つくる人と食べる人をつないで、食の常識を変えていく。

そのコンセプトはそのままに、ずっと続いていってほしいなと思いました。

「食べる通信」おすすめです。


「食べる通信」
http://taberukanagawa.tumblr.com/

タバコのポイ捨てと富士通の脱臭機

July 17 [Sun], 2016, 16:58


いやぁ〜日本は本当に地震が多いですねぇ、、、

まぁ、それはそれとして。

最近、富士通の脱臭機を購入しようか悩んでいる私です。

今日はタバコのポイ捨てと脱臭機のことについて書きます。


実家や公園に行くとたまに捨ててあるタバコを子供が食べそうで怖いです。まだ小さいので害になることを知らない我が子にとって危険大です。

そもそもなぜタバコのポイ捨てをするのでしょうか?

もし、火をしっかり消してなくて火事になったらどうなるのでしょうか?

携帯灰皿で処理すれば早いのに、面倒くさいからってポイ捨てして他人に迷惑をかけるのはどうかと思います。

また、タバコは自然に還りません。雨に濡れれば紙は細かくなるだけですし、ゴミが増えます。ゴミとして拾うにも小さいので拾う時に苦労します。

特に多いのが、外で仕事をする人や祭典などで外で吸う時にポイ捨てする事が多いようです。環境の事を考えるとマナーは守って欲しいです。捨てる人は良いかもしれませんが、片付ける人が大変です。


子供に限らず、動物や生き物にも悪影響があるので、灰皿に捨てるように意識して欲しいです。マナー違反者が減れば、自然とタバコに対する意識は変わっていきます。

臭いも苦手な私ですが、吸いたい人や吸う人の楽しみは奪うつもりはないです。本当はタバコの種類が減ってくれれば良いなと思ったときもあります。けど、それ以前にポイ捨てが減ればと考えるようになりました。冬になるとタバコの消し忘れで火事になるニュースを見ます。

火事になるたびにタバコのマナー違反を言われます。

タバコ業者は近年売れないことに悩まされてるみたいです。

背景にはこうしたことがあるからだと思ってます。

環境や人体に良くないタバコですが、色んな面で迷惑をかけず嗜む程度に楽しんでもらいたいです。タバコにも電子タバコや禁煙者用にガムなどあります。知り合いがこれらを試してて、吸いたい衝動に駆られたときに試せるみたいです。吸ってるときと同じ感覚があるらしく、ゴミも出ないそうです。こういった取り組みは禁煙者や本数を減らしたい方に使ってもらいたいです。

そしてマナーに気をつけて楽しんでもらいたいです。


それと、先にも説明しましたが、私はタバコのニオイが嫌いです。まぁ、好きな人はいないと思いますが、、、

けど、タバコを好きな人がタバコを吸うことを邪魔する気はまったくありません。なので、喫煙者の友人が家に来たときは、換気扇の下でならOKとしたり、ベランダなら全然OKです。

でも、あれって、換気扇の下で吸ってもらってもすべての煙は吸いきれていないようで、やはりタバコ臭さが台所を中心とした部屋に少し残りますよね。。。




ということで、私は今脱臭機を買おうと考えています。第一候補は富士通の脱臭機「PLAZION HDS-302C」でしたが、このブログにある「富士通の脱臭機を選ばなかった理由」という記事をみて、う〜ん、なるほど、どうしようかなぁ〜と悩んでいるところですorz

買う以上は、プラズマクラスターとかマイナスイオンとみたいに、本当は「えっ?ほとんど意味ないよ?」的なやつは嫌ですよね。。。

せっかく購入するなら、やっぱりちゃんと効果はあってほしいです。


なので、ブログで紹介されているやつにしようかなぁ〜、う〜ん、でも、富士通の製品よりちょっと高いなぁ〜どうしようかなぁ〜(優柔不断)

みたいな。


まぁ、明日も祝日ですし、安い買い物ではないので、もう少し考えてからどちらにするか決めて買おうと思っています!

ニートは究極のエコなのか

July 12 [Tue], 2016, 18:43
私は先日までニート真っ只中でした。

中学、高校、大学と受験を経験し、どれも現役で合格してきました。周りから見れば、エリート街道まっしぐらだったと思います。

しかし、大学3年生の時、まさかの留年をすることになったのです。大学生って、昼は大学、夜はバイトや遊びっていうのがほとんどだと思います。

私も大学生活を謳歌していて、夜はバイトをしたり合コンをしたり夜遊びをしたりしていました。

遊ぶためには当然お金が必要で、遊ぶ金欲しさにバイトをしていたのですが、もっとお金を稼ぐために、寝る間を惜しんでバイトをするようになったんです。

そんな生活をしていて案の定、朝起きれないわけです。

大学の授業も欠席することが多くなり、結果的に単位が足りずに留年となってしまいました。留年してからはほとんど大学に行かなくなり、その年には中退することを決心していました。そして、そこからニート生活が始まったのです。

引きこもりではないので、一応バイトはしています。


そんなある日、ふと思ったんです。


ニートって、究極のエコ生活じゃないかと。車は持ってないので公共交通機関を使うので二酸化炭素は排出しません。外には無駄には出ないのでエネルギーを使うこともありませんし、家でも電気はほとんど点けていません。

家のエアコンはもったいないので、ネカフェに閉じこもったりもしています。

一時期本当に私ってエコ人間だと思っていました。


しかし、数少ない友人にこの話をしたところ、真っ向から否定されてしまいました。その友人曰くは、確かに資源は浪費していないけど、社会活動をしていないから社会の役に立ってない。お前の言ってることはエコではなくエゴだと。上手いこと言うものですね。


でもそれを聞いた私はその理論に納得させられました。


その言葉を聞いたせいかは分かりませんが、それからは普通に就職しようと思い立ち、先日見事正社員として就職することができました。


それからは周りのみんなと同じような生活ができていると思っています。

緑のカーテン運動をやってみる

July 02 [Sat], 2016, 23:07
スイカとゴーヤの種をホームセンターでゲットしました!
これを日差しがガンガン入って来る窓際で育てるのです。

スイカやゴーヤはツタが伸びて行くタイプの植物なんですよ。
つまり、窓際で育てれば日差しを遮る緑のカーテンの出来上がりです!
そしてスイカやゴーヤも食べられるという、おいしいカーテンなのですw

ゴーヤチャンプル食べた後は、デザートのスイカですね。
えー、ゴーヤチャンブルの作り方は分からないので、ネットで勉強しておきます!

日差しが強いと、どうしてもカーテンで遮っちゃうんですよね。
それはそれで良いと思うんですけど、部屋が暗くなっちゃうのが困りものです。
私は電気の光よりも外の光の方が好きです。
だから、なるべくカーテンは閉めたくないんですよねー。
でも日差しはお肌に良くないから嫌w

そんな時に見つけたのが緑のカーテンです!
ホームセンターをただフラフラ歩いていたら、緑のカーテンの宣伝を見つけたんですよ。
これだって思いましたね。
日差しを遮りつつ、外の光も程よく取り入れられるので、私のようなわがまま娘にぴったりですw
予算も1500円と格安なので、私のお小遣いでもどうにかなりました。
スイカが出来たら弟に500円ぐらいで売りつけてやりますよw
むしろお金が増えちゃったりして?

夏は暑くて好きじゃないのですが、緑のカーテンを作るからちょっと楽しみです。
うまく出来るか不安ですが、頑張って育ててあげたいです。
室内が暑くならなければ、クーラーも使わなくて良いのでエコですよね。
環境問題にも気を配る、優しい子なんですよ?
扇風機やうちわで夏を楽しむのも、おつなもんですよ!

緑のカーテンが成長したら、またブログに書きたいと思います。
スイカとゴーヤの成長記録も作りたいですね。
成長がすごく早いって書いてあるので、たぶんすぐにいい感じのカーテンができますよね。
エコ活動は誰でも出来ることだし、意外とお得なものも多いと思います。
夏にやることが無い人は、暇つぶしに緑のカーテンを作ってみるのはどうですか?
スイカも食べられますよ。

家でバーベキューって最高ですね!

June 23 [Thu], 2016, 10:53


この前、友人宅の壁面塗装をお手伝いしました。

そして、ペンキ塗りのお礼に・・・と食事をごちそうになりましたよ。僕だったら、食事をお礼にするなら、うまい店を予約して飲んで、食べてというイメージがわくんですけど。やっぱり、家族をもつ友達は考え方が違いますね。

家の庭でランチでした。

すごいんですよ。車の後ろをベンチにして、念願のおしゃれなよく、テレビとか雑誌でみるアレです!

あのオシャレなランチスタイルの夢が叶いました。

最高。楽しい。家にいながら、バーベキュー&キャンプ気分が味わえる。

しかも、家はすぐそこだから、火は使わなくていいし、キッチンからすぐもってこれるし、片付け便利だし。疲れたら、部屋ですぐゴロゴロ昼寝できるし、最高!

ホームセンターで外用に折り畳みのテーブルを買ったんだ!と張り切っていました。なんなら、ここで鍋とかできるように、コンロを買うか?とか、寝袋かうか?とかテント買うか?
とかいやいや、それやりすぎだろ!というところまで話が盛り上がり。楽しかったなー


食事は、モモというネパール料理。ネパールの餃子ですね。モモがメインで、ポテトサラダに、キムチ、おひたし、もういろいろな種類が出てきて楽しかったー

奥さんが腕によりをかけて頑張ってくれました。

がつがつ食べて、動けないくらい堪能しました。


休憩時間が終わったら、またひたすらペンキ塗り。
いやぁーこういう休日ってなんて健康的なんだろう。

飲んだくれて二日酔いで倒れて休んでいる休日よりもずっといいですね。
旅にでるのも好きだけど、こんな風に、家にいる時間をもっと充実させたいと思ってしまいました。

旅行用にまたトランクを買ってしまう、、、

June 21 [Tue], 2016, 8:46


最近、旅行鞄を大人買いしてしまった…
といっても、ボストンバックなんですけどね。
しかも、アウトドアというブランド。

学生に人気で修学旅行とかでもよく使われる若い子に人気があるんですよね。だって、大人になるとなかなか、ボストンバックって使わないですもんね。

でも、僕はあえて、買いましたよ。
ボストンバック。しかも、2個。 
5泊分くらい入るかなり大きいものを一つと、1,2泊用を一つ。
それと、勢いついて、トランクも買ってしまった。
オレンジ色。これもアウトドアのもの。

いやぁー、なぜこんなにも旅行鞄を買ってしまったのか自分でもわかりません。
現実逃避か?! 家には実際トランクだけで3つあるんですよ。インドに長期旅行用のかなり大きいものと、

国内での長期旅行に使える中くらいのも。

それと、ものすごく小さいトランクがひとつ。これは、シンガポールで買ったんです。お土産が鞄の中に入らなくてね、泣く泣く、小さいトランクを空港で購入…

でもそのトランクがお土産よりもずっと高いっていうね(苦笑
旅行あるあるですよね。

で。
大きいトランクは大きすぎるし、小さいトランクはカナリ小さすぎる。
中くらいのものは、一番使い勝手がいいけど、、もう少し小さいコンパクトなものが欲しい・・・

そうおもったんですよね。実際、ショップに行くと、大きさってもうわからなくて。どれを見ても大きすぎるように見えてしまって。

相当迷いました。

値段どうこうというよりも、かさばるから慎重になるんですよね。トランク選び。。