食いしん坊休業 

January 09 [Tue], 2007, 0:17
先日、久々の食いしん坊ネタを書いてふと。。

美味しかったごはん、記憶に残したいお店を備忘録として記すべく、ずっとブログを書き続けてきたけれど、育休生活を始めてからはあまり書き残すネタがない。

・・・ということで突然ですが、ここでこのブログを無期限休業することにしました。


心置きなく美味しいものをまた食べ歩きできるようになったら、突然再開しているかも^^


最後に、ブログを書き始める前に行った、記憶に残しておきたいお店を食べログしておきます。

大黒屋(浅草)
鴨鍋が美味しいお蕎麦屋さん。(天麩羅で有名な浅草の大黒屋ではなく。)
扇に書かれた品書きと下町のおばあちゃん女将も美味しい料理にさらに味わいをプラスします。
蕎麦掻で日本酒を飲みながらゆっくり鴨鍋を待ち、絶品の鴨鍋を味わった後は〆に香り高いお蕎麦。
このお蕎麦、自信を持ってお薦めです。

■日比谷きんせん(日比谷)
和菓子の虎屋が経営する懐石料理屋さん。
懐石料理屋としてはコストパフォーマンス◎。夜でも5000円以下のコースあり。
虎屋の腕で作った小倉のムース等のオリジナルデザートも味わえます。

■銀の塔(銀座)
歌舞伎座の裏にある老舗のビーフシチュー屋さん。
漬物と白いご飯が合う。

鯛の蔵(銀座)
ここも歌舞伎座の近く。
南麻布にある光仙の鯛めしがお茶漬けと共にリーズナブルに食べられる。
一人ランチにも使いやすい雰囲気。

ロウリーズ・ザ・プライムリブ(溜池山王)
ローストビーフ屋さん。
ローストビーフは柔らかくて美味しいけど、付け合せのマッシュポテトやほうれん草共々、いかにもアメリカンな分量でずっと食べていると飽きる。
でも、ゴージャスな店内にUFOのような銀色の大きな容器に入っている豪快なローストビーフ・・・
エンターテイメント!という感じだけで十分楽しめます。

レセゾン(日比谷)
帝国ホテル内にあるフレンチレストラン。重たい王道フレンチが味わえます。
味はもちろん、お客様をレディに育ててくれる、これぞホテルのホスピタリティといった帝国のサービスにも感動。
もちろん金額も王道ゆえ、このレストランは両親の銀婚式のお祝いとして行ったのに、用意した予算に対して実際の金額が倍になって姉妹で支払いができず、結局親にお支払いしてもらった苦い(甘い?)記憶が・・・。
いい思い出です。



美味しいご飯とそれを楽しむひとときは、どんな大変なこともがんばろうと思える原動力になるし、私の人生の中ではかなり大きなポジションを占めるものです。

そして、そんなご飯とひとときを一緒にシェアできる仲間も、私の人生を素敵に潤してくれるのです。
そんな仲間に姫が加わる日を楽しみに、これからしばらく育児に専念したいと思います。


それでは、このブログを読んでくださっていた皆様、今までありがとうございました!

インルームダイニング 

January 06 [Sat], 2007, 17:48
久々に食いしん坊ネタ。

この年末年始はダンナが11連休のため、世間は既に仕事始めだけど、我が家はまだまだ正月モード。

ということで、Babyがいるとはいえ帰省以外は自宅で正月というのももったいないので、昨日はホテルで正月休みのひと時を過ごしてきました。

姫がまだ小さいのでレストランで食事ということもしづらいから、当初近場の箱根辺りの旅館で温泉でも入って・・・と思っていたものの、時既に遅く、軒並み予約が取れず。

そこで思いついたのが、ホテルのルームサービス。

一休.comでみなとみらいのパンパシのジュニアスイートルームが正規の半額で出ていたので即決。
ルームサービスで久々にコース食べました。

今回はホテルに入っているトゥーランドット遊仙境の中華。


シャブリで乾杯!

 

盛り合わせの前菜は真ん中に2種類のソース。
盛り付け方も参考になります。

蟹肉とフカヒレのスープはフカヒレが原形!(興奮⇒単純)

 

右はオマール海老のエビチリ。若干プリッと感が足りなかったのが惜しいけど、ルームサービスでそこまでは求めず。それより芝海老にしてもいいからもっと食べたかった〜。

黒胡椒のソースの利いた牛フィレステーキと炒飯、マンゴプリンと杏仁豆腐の盛り合わせと続いて、〆は凍頂烏龍茶。



茶器がかわいい。香りと共にゆっくり楽しむ。


姫も食事の間はいい子にずっと熟睡。
久々にゆったりといい食事を楽しめました。

子連れ休暇は旅館もいいけど、ルームサービスでホテルステイもかなりお薦めです。

グズリマス 

December 24 [Sun], 2006, 23:44
クリスマスイブ。。

グズったのは姫ならぬ、私の鼻
ピークは超えてだいぶよくはなったけど。

2人+乳飲み子の家庭にはホールケーキは多すぎて・・・(乳腺炎が怖くて・・・)。
今年のクリスマスケーキは個別です。

 

青葉台のAngeのケーキ。
やっぱりここのは最っ高幸せじゃ〜

2nd anniversary 

November 22 [Wed], 2006, 23:55
1122=我が家の結婚記念日。
ちなみに自分の両親もこの日が結婚記念日。

ということで、ゆっくり外食もできないので、今年は久々にアクアパッツァを作ってみました。


(具材に埋もれて魚が見えない

なぜだかうっかりメバルを一匹しかさばいてもらわず、家に帰ってふと2人分には足りないことに気付き、冷凍庫にあったカレイをひっぱりだして、できたのは二種混合アクアパッツァ。

カレイをイタリアンに調理して、いったいどうなることやらと思っていたけど、意外とアリでした。

今日もワインを一杯
白の方が合いそうな食事だけど、どうせ一杯しか飲めないならガツンと赤で。


特別な日だけど、ダンナは私の分までワインを飲んで早々にご就寝。
そして私はPCに向かう。。

結局いつもと変わらないパターンだけど、祝杯と共にご飯を食べながら、毎年この日を振り返ることだけはこれからも大切にしたいものです。

久々♪ 

November 18 [Sat], 2006, 15:21
会社の先輩方が会社帰りに来訪。
久々の再会。会社の空気が懐かしい!

お土産のお菓子に萬年堂の「御目出糖」というお祝いの和菓子をいただきました
亀屋万年堂なら知ってるけど、萬年堂は初耳。
でも、400年近く前からある老舗で、しかも会社のすぐ近くにあるお店でした。



「御目出糖」は蒸し物の和菓子で、独特な舌触りともっちりとした食感、小豆のほどよい香りと甘みがかなり好みのお味でした
誰かのお祝いの際には私も候補に使わせていただこう。

それにしても、このお菓子は元禄時代から同じ作り方を守っているとのこと。あの時代にも同じ味を楽しんでいた人がいたんだなあと思うと、なんだかすごい。


もうひとつの久々。



先輩方と飲んだワイン
ボジョレーを空けるつもりが、コルクを抜く途中にオープナーのスクリューが刺さったままボキッと折れてお蔵入り(TT)
・・・ということで、妊娠中にいずれ出産後の私へ・・・と思って買っておいたワインを晴れて開栓。

とある筋からお薦めということで知ったHAHNのワイン。
手頃な値段なのに、ビックリするほど美味しい!

久々に味わったのも加わったと思うけど、それにしてもかなりレベル高し。これはレギュラーモードだったら一人で軽く一本空けてたなあ~。
しこたま味わいたかったけど、グラス一杯で我慢
一杯のワインをじっくり味わう。はぁ~たまらん

カベルネ・ソーヴィニオンのものを今回は買ったけど、カベルネ・フランや白もあるらしいので、近いうちにそちらもゼヒ試したい。

今度はもう少し多く味わいたいから、冷凍母乳を貯めておくかな〜。

解禁♪ 

November 09 [Thu], 2006, 0:06
先日某助産師さんから、「あなたのようなアルコール分解能力が高い人なら350ml缶くらい母乳に出ないわよ。(※非公式コメント)」、とのありがたいお言葉をいただいたので、最近はめでたくビール解禁生活を送っています

ダンナの実家からいただいたギフト限定のアサヒのドラフトビール「熟撰」。



なんてタイミングの良いこと

姫が眠っている少しの隙に味わうビール・・・
たまりませんな。

地元の幸 

November 03 [Fri], 2006, 20:36
旦那がナビスコカップ観戦に行って暇だったため、実家の両親がおじいちゃんのお誕生日祝いにお寿司を食べに行くというので付いて行きました。

姫はひいじいじ&ひいばあばと初対面。

向かうは金沢八景の近く、柴漁港に隣接したお寿司屋さん。

だけど、肝心のひいじいじが先に戦友と会うということでそのお店に食べに行って、後から行ったらもうすれ違いで帰ってしまっていた。

何だそりゃ。


とりあえず、4世代で地元柴漁港の幸を味わう(姫は母乳経由で)。

 
地魚のにぎり&全国の選りすぐりネタのおまかせにぎり。

久々に美味しいお寿司を食べた〜

この辺の地魚といえば穴子。ふっくらふわふわ。幸せじゃ〜。
地魚の巻物として出てきたのはタコ。実にめずらしい。タレつきとタレなしがある。

お土産にはお店の人もお薦めのワサビ入りかんぴょう巻き。

かんぴょう巻きはそんなに好きではなかったけど、これがなかなか美味。


姫は寿司を味わう間は大人しく寝ていてくれて、なんて親孝行。

久々にグルメなひとときを味わえました。

89歳になった姫のひいじいじには、その後ご対面。
いい誕生日プレゼントになったかな?

みそ汁の具 

November 01 [Wed], 2006, 21:52
ここ半年ほど個人宅配で食材を調達しているので、一週間分の食料は木曜日にまとめて我が家にきます。

ということで、明日が配達日なので、今日の夜は残っている食材でごはん。

冷蔵庫の野菜室にはネギ、れんこん、かぼちゃ、きゅうり、しょうが、にんにく。

カボチャは煮物に、きゅうりは酢の物に・・・。

そして、みそ汁の具に抜擢されたのが「れんこん」。



我ながら、れんこんのみそ汁なんて聞いたことないよ。
でも、予想通り大外れにはなりませんでした(^^)v

この食感でこのお味に最初は違和感があったけど、かなりアリです。
見た目は微妙だけど。万能ネギでもちらせばいい感じになるかな。

納豆みそ汁なんていう大豆×大豆な具は聞いたことあるけど、他にも変わった具のみそ汁とかがあったら知りたいなあ。


ちなみに本日のメインは鮭ハラス焼。
あー、冷やおろしの日本酒が飲みたい

五島の味覚 

August 22 [Tue], 2006, 22:48
以前、お仕事バトンでちろっと書いたけど、今まで行った出張先で、一番印象に残っている地が長崎県の五島列島にある五島市。

そんなステキな地を両親の故郷に持つ友人ナチナチが、五島に行って来たということで、五島うどんを送ってくれました!

連日、北から南から、美味しい贈り物が届いてうれしいこと限りなし。
早速、いただきました


美味しい美味しいよ〜

五島うどんは出張のときにも食べて、美味しいお魚と共に忘れられなかった味。細いツルツルの麺ののど越しもさることながら、何よりもアゴ(飛び魚)の出汁で作ったスープが素晴らしいお味。
干したアゴから出る出汁の味は、香ばしい香りと旨みがギューッと詰まっています。
五島の地を思い出しながら、うっとり味わう

出産に向けて、さらにパワーチャージ

ナチナチありがとうごちそうさまでした


ちなみに五島うどんは日本3大うどんの一つらしいけど、残りの2つは稲庭と讃岐かと思いきや、稲庭と氷見うどんとか、五島ではなく稲庭、讃岐、水沢とか、色々な説があるらしい。

UDONも奥が深い。

北海道の味覚 

August 20 [Sun], 2006, 14:21
ダンナの友達がお盆休みを使って北海道にツーリング。
カニとホタテを送ってくれて、本人も我が家へ来訪。

皆で北海道の幸を味わう。

花咲ガニ×2ハイ!(このカニを根室でGetしてくれたすぐ後に、例の漁船拿捕事件・・・。北方領土問題をかみ締めながら有り難く味わう。)
活ホタテ×15枚!

 

茹でカニはそのままでいただく。カニ味噌はカニ汁に。これがまた相当美味。

 

ホタテはニンプゆえ無難に火を入れる。
(後々思えば、ここで万一アタっても産気づいてよかったか・・・!?)
開けた貝はバターと醤油を垂らしてホタテバター焼になりました。

デザートは六花亭のレーズンバターサンド&霜だたみ。
最後の最後まで北海道づくし。


出産に向けたエネルギーをさらにパワーチャージ!
感謝∞ごちそうさまでした

カテゴリアーカイブ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みーすけ
読者になる
Yapme!一覧
読者になる