【 更新情報 】

スポンサードリンク

ミスチルの歌詞が好き!CANDY編

『柄でもないけど 会えると嬉しいよ 悩んだ末に想いを飲み込む日々 ほろ苦いキャンディーが まだ胸のポケットにあった 気付かせたのは君 多くの事を求め過ぎて 出来るだけ側に居たくて そんなことしてる間に息が詰まる大抵 人はこんな感じで大事なもんを失うんだろう そして懲りもせず 君を欲しがってる みっともないけど すべてが愛しいよ ふと夕暮れに孤独が爆発する 甘酸っぱいキャンディーが 僕の胸のポケットにあるんだ君が食べておくれ』・・・これも甘酸っぱい歌詞ですよね・・・私はどうもミスチルの歌詞の中でもこういうテイストのものが好みなようです^^。10代前半から後半くらいの恋模様を思い出しますね。お互い好きあっているのに上手くいかない、みたいなもどかしさを感じてしまいます。メロディも好きだから着メロがあったら欲しいな〜と思っています。

ミスチルの歌詞が好き!終わりなき旅編

『閉ざされたドアの向こうに 新しい何かが待っていて きっときっとって 君を動かしてる いいことばかりでは無いさ でも次の扉をノックしよう もっと素晴しいはずの自分を探して 胸に抱え込んだ迷いが プラスの力に変わるように いつも今日だって僕らは動いてる 嫌な事ばかりではないさ さあ次の扉をノックしよう もっと大きなはずの自分を探す 終わりなき旅 終わりなき旅』・・・ちょっと長いけど引用させて頂きました。ミスチルの歌詞はとっても素敵な歌詞が多いですが、特にこの歌詞は1番のお気に入りです。PVでも何度も観ちゃいますし、ライブで実際にこの曲を聴いた時も感動して涙が出てしましました。浪々と歌い上げる桜井さんの歌唱法もこの曲の歌詞、メロディーにぴったりですよね〜

ミスチルの歌詞が好き!君が好き編

『もしもまだ 願いが1つかなうとしたら そんな空想をひろげ一日じゅうぼんやりすごせば 月もにごる東京の夜だ そしてひねりだした答えは 君が好き 僕が生きるうえでこれ以上の意味はなくたっていい』・・・この歌詞もいい歌詞ですね〜。ミスチルは初期の頃を除いて、比較的大人の恋愛を歌ってきた感じがするんですけど、この曲はどちらかと言うと淡い恋愛、というか、すがすがしい恋愛、甘酸っぱい恋愛、という印象があります。なんだかとても懐かしい、切ないような気持ちになるのは私だけではないはず・・・。私はこの曲を晴れた日の夕暮れに川べりのサイクリングロードを走りながら聴くのが好きですね。ちょっとした晩御飯のおかずを片手に自転車をこぎ、愛する奥さんが待つ家へ帰る金曜日・・・って感じです。

P R