シングルベット 

August 20 [Mon], 2007, 2:35
それは蛇の生殺し
結果は自然と匂う
あなたは狡い人
あたしが切るのを待ってた
首筋のホクロ
腕の重み
心臓の音
猫みたいな笑顔
さっさと色褪せて
静かになるたび
出てきてうるさいよ


あたしの身体じゃ
このベッドは
広すぎる
あなたがいないから
寝返りもうてるけど
あたし独りじゃ
このベッドは
埋まらない
あたしの身体だけじゃ
あたし独りだけじゃ




最後の抵抗で
めいっぱいおどけてみせた
その時のあなたが
どんな顔してたかは知らない
一字一句
正確な記憶
嘘か本当か
今さらな話だけど
どうかあの日の
あなただけは
本物でいて


あたしの身体じゃ
あのベッドに
もぐれない
あなたは他の子とまどろんでいるんでしょ
あたし独りじゃ
あのベッドを
見つけられない
あたしの身体だけじゃ
あたし独りだけじゃ






*おもうこと*
結局あたしと彼は
身体の繋がりしか
なかったなあ

初めて自分が
女だって
思い知らされたかも


なンと言うのか
あぁあたしなンかで
男の人は
こおなるのかっ…て


今思えば不思議


あたしもちゃんとした
女性なんだな
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ぺコ
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:小中高生
  • アイコン画像 趣味:
    ・ダンス-ジャズダンス暦12年。
    ・音楽-生きる糧。
    ・恋愛-動物だもの。
読者になる
初めまして
楽しく毎日をブログに
残せたら良いなと思ってます。

たまには詩を
のせてみたり・・・

気ままに読んでくださいな。
2007年08月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる