ネクロファンタジア 

December 20 [Sun], 2009, 12:51
果てない月と声の闇に 浮かぶ過去と永劫の夢を
ループする結末はきっと 感覚を刺して



創る明日は風凪一つ 消える過去と記憶を閉じてただ
そこに流れる今だけ 一片の空に



いつか見た幻想は 遥か
頼りなく揺れる灯は 永遠の籠の中
出口無き現実は 此処に
結晶は歪むノイズ かき消して鮮明に



夜を越え境界線を見る 何時かの記憶を手繰り寄せ
いつまでも其処にあり続ける 夢に身を委ねて



いつか見た幻想は 遥か
頼りなく揺れる灯は 永遠の籠の中
出口無き現実は 此処に
結晶は歪むノイズ かき消して鮮明に



夜を越え境界線を見る 何時かの記憶を手繰り寄せ
いつまでも其処にあり続ける 夢に身を委ねて



果てない月と声の闇に 浮かぶ過去と永劫の夢を
ループする結末はきっと 感覚を刺して



月の律動 〜Rhythm of the moon〜 

November 17 [Tue], 2009, 15:52
小さなバッグに 優しさ一つ 詰め込んで 
この場所で生きると誓った
誰かと顔を合わせれば 笑顔 振りまいて 
今日は 何を 救えたのかな?

弓としなった 口の弦は 
無理矢理引くと ぎしぎしと軋んでいって

幾千の月日は 運命と飲み込んで
時に苦くもあるけれど オブラートに包んで
一つ取り出した 手探りの毒素は
処方箋の裏付けに 次第と慣れていった


使い古して 汚れてしまった バッグには
気付かない 綻びがあって
詰め込めすぎたばかりに開いた 穴から
知らぬ間に 幾つも こぼれてた

傷口 塞ぐ 特効薬も
見えることない 副作用が潜んでいて

幾千の月日に 惑わされ 包まれて
必要としない成分を 幾つも欲しがって
何と引き換えに 今を手にしたんだろう?
剥がして 曝した 苦味には
本当があると知った


終わりあるからこそ 今を愛おしく 想えて
永遠であることの 罪を
Moonlight この身朽ちても いつまでも 照らしていて
Moonlight いつの日までもずっと

永久であるからこそ 今が貴しく想えて  
今を生きる事の 意味を
Moonlight この身照らして 全てが 露わになる程に
Moonlight いつの日までも 忘れないで

終わりあるからこそ 今を愛おしく 想えて
永久であることの 罪を
Moonlight この身朽ちても いつまでも 照らしていて
Moonlight いつの日までも この手の中に

永久であるからこそ 今が貴しく想えて  
今を生きる事の 意味を
Moonlight この身照らして 全てが 露わになる程に
Moonlight いつの日までも ......

想ひそめしか 

November 05 [Thu], 2009, 17:38
からからら からからり
歯車は 廻(めぐ)り行き
からからら からからり
春の色 咲き誇る
この子からは 聞かずとも 私には 分かるから
その痛み もどかしさ 其れ故の 愛しさも

胸の奥に在る 答えを知るべきか
ひらひら ゆらめく 桜花(はな)は嗤うだけ
そっと髪を撫でる 優しすぎた抱擁(ほうよう)
如何して 貴方に 心許したか

からからら からからり
歯車は 廻り行き
からからら からからり
春の色 咲き誇る
純粋な この子には 少しだけ 教えるわ
恋は皆 想うだけ 大切に したくなる

此の侭(このまま)貴方が 還らずと為ったら
過ぎ去るこの世は 意味を無くすでしょう
それでも私は 桜花舞う階へ
想いを 埋めて 失くす事は無い

胸の奥に在る 答えを知るべきか
ひらひら ゆらめく 桜花は嗤うだけ
そっと髪を撫でる  優しすぎた抱擁
如何して 貴方に  心許したか

からからら からからり
この子から 伝わって
からからら からからり
庭よ染まれ

シアワセうさぎ(再) 

November 01 [Sun], 2009, 14:17
あなたのあかい瞳が わたしを(素直に)
捕らえて離さないのは 内緒よ(自分を)
ドオシテ ドオシテ フシギ(みつめて) 
初めてこんなに胸が苦しくなるなんて

わたしたちの 長生きのポイントは
食う寝る遊ぶ 頑張らない
働かなーい 勉強もしなーい
地球来て千年 何もしてません
やっとの思いで脱出したら
毎日師匠の実験台
座薬って痛い でも 無問題
「ばんざーーーー−−い!」
平凡な幻想郷じゃつまりませ〜ん

遊びに誘っても生返事
今日もうわの空なの どうして
不安な気持ちを 吐き出せばいい 大丈夫さ
わたしをひとりにさせないで    (ひとりにさせないぜ)


悪戯には いつも愛を込めて
この目をずっと見ていて欲しいから ね?


あなたを幸せにしたい でもでも (素直に)
あなたを怒らせちゃうよ なぜなぜ (自分を)
嫌いキライLoving 好きは    (みつめて)  
言わない言葉にしないけどわかって


あなたが困ると知っているけど (このまま)
意地悪したくなるのはなんでだろ? (気ままに)
ドオシテ ドオシテ フシギ (遠くへ)
初めてこんなに胸が苦しくなるなんて



とうとう来ました再放送
でもやっぱり私は頑張らない
腕振って ゲームして 
だらだらごろごろ過ごしてばかり (ラッキー!)
もうじき薬のお時間です いいから素直に飲みなさい
「あれ、中身違う?これ…オロロロロォ!!」 (ばんざーい!)
イタズラ悪ノリ黒ウサギー



なにか話そうとはするけれど
あなたの姿を見て 隠れて
素直な気持ちを ぶつければいい 大丈夫さ
元通り 仲直りできるかな?    (仲直りできるから)


この気持ちを わかってもらいたいと
思うだけなら悪くはないよね


誰かを幸せにしてあげるよ
あなたに幸せいっぱいあげるよ
嬉しい楽しい大好き 全部全部
こんなに胸がすっきり――幸せ!(う〜〜はっぴー!)


あなたが困ると知っていたけど(このまま)
意地悪したくなるからしちゃおう(二人は)
我がまま気ままな そんな私と   (明日も)
これからも仲良くしてくれるよね


yeah… lalala… 素直に素直に
dancing shaking your hand
素直に 素直に 素直に…



私とこれからも仲良くしてくれるよね

PAD先進国紅魔館 

October 29 [Thu], 2009, 21:24
PAD長? 冗談じゃありませんわ
 PADなんでしょ?
 メイド長って、PADなんだって ざわざわ
こらぁ! こらぁ! あなたたちサボらない
 じゃあ見せてよ
失礼ですわね ダメですわ
 まぁそう言わずに
やめて下さい ちょっと
 ほーれ、ほーれ
恥ずかしいです 近づかないで

紅魔館に新入荷 豊胸PADが大ブーム
レミちゃん装備 フランちゃんも装備
あれ、咲夜は?

あっははははは ははっはは
誰がそんな軽薄なものを みなさんお子様ね

ふわぁ みんなに隠れて こっそりひっそり PADを装備
ふわぁ こっちの方が しっくりぴったり してるわね

恥ずかしいでしょ ふわぁ
バカバカしい ふわぁ
ばばばっば ばかばか
 気に入ってるみたいね
べっ、別に・・・

Hdestiny 〜 ずっとチルノのターン 

October 29 [Thu], 2009, 21:22
まるきゅ〜って言わないで
アタイは最強だも〜ん
かえるをみつけたら最後death
凍らせて遊ぶのだっ↑

食物連鎖? 人妻って美味しいの?
食物連鎖の頂点目指して 蛙捕りだ

アタイは最強だよ
アタイはバカじゃないよ
蛙は凍らせるよ
おたまじゃくし delivery
アタイは天才だよ
アタイはおやつじゃない
おやつはバナナに入るんだっけ?
アタイチルノ destiny


水面下にゆれてる
おたまじゃくし狙って
流氷にまたがって近づく
人妻にH降下
パーフェクトプリン
バーモンドブリザード
一万円と2年前から アイシクルフォール

アタイは最強だよ
アタイはバカじゃないよ
蛙は凍らせるよ
おたまじゃくし delivery
アタイは天才だよ
アタイはおやつじゃない
おやつはバナナに入るんだっけ?
アタイチルノ destiny

アタイは最強だよ
アタイはバカじゃないよ
蛙は凍らせるよ
おたまじゃくし delivery
アタイは天才だよ
アタイはおやつじゃない
おやつはバナナに入るんだっけ?
アタイチルノ destiny
アタイチルノ destiny

ネココタマツリ 

October 04 [Sun], 2009, 11:30
あなたとわたしはきつねとねこさんで
みんなみんな大好きな らりるれ藍様
お腹も背中も ふかふか尻尾も
もふもふしちゃうんだ わたしだけの特別さ

おふろ嫌い しょせん猫だもん
かつぶし好き いたずら好き
遊ぶのだって大好きさ

冬きて寒くて こたつのぬくもり
みかんも毛玉もニャニャっとしちゃうよ
わっしょいしょいのちょいわやっせ みんなで踊ろう
ほーらほらほら尻尾も揺れる

ねぇ怒っちゃヤダ びっくりするから
おひげもおしりもビクっとしちゃうよ
ぱっきゃまらーどぱおぱっぱ リズムに合わせて
らんららんららんら ごめんって言えるかな


ひとりで出来るよ 今日もおるすばん
なでなでごろごろして ほめてね藍様
呼ばれて飛びでて慌てて迷って
どきどきしちゃうんだ いじめるのはやめてよね

お顔ぬれて 力がでない
あっちに跳ぶぞ そっちに跳ぶぞ
人間なんかに負けないもん

あのとき出会って そこから始まる
色々されちゃってビビっと来たんだ
あったずもなどんどはれ 昔のことだよ
そうだそろそろご飯の時間

よし頑張っちゃうぞ つきたてほやほや
猫の恩返し見てってください
へいちゃらちゃーのへのかっぱ ちょっと怖いけど
いっちょやりましょ本日快晴

さぁ始まるぞ 祭りだ祭りだ
人間も妖怪もどっかの誰かも
すっぱすぱのてんこてんこ 服着てください
そーれそれそれ尻尾がたぎる

シャー!踊れ踊れ飲め飲め食え食え
マタタビかじってニャニャっとしようよ
にゃんにゃかにゃんのにゃにゃにゃにゃ きもちくなてきた
ふーわふわふわ ふわふわぁ〜

Club Ibuki in Break All 

October 02 [Fri], 2009, 23:51
集え鬼たち宴の準備急げ 今夜開店我らの店
そうだ 範分なんかはぶっ飛ばして
奪え人間どもから 福と指名料

福はウチ!鬼もウチ!酒もウチ!
福はウチ!鬼もウチ!酒もウチ!
福はウチ!鬼もウチ!酒もウチ!
豆!豆!痛いよ!

萃香が!(萃香が!)経営!(経営!)
自分で!(自分で!)呑んでる!(呑んでる!)
幼女が!(幼女が!)ホストで!(ホストで!)
何が悪い!(問題ない!)

萃香が!(萃香が!)絶叫!(絶叫!)
大きく!(大きく!)叫んで!(叫んで!)
ガラスの!(ガラスの!)ハートで!(ハートで!)
壊れやすい!(関係ねえ!)

萃香の!(萃香の!)野望と!(野望と!)
未来が!(未来が!)呼んでる!(呼んでる!)
明るい!(明るい!)希望と!(希望と!)
地雷まで!(そろい踏み!)

萃香が!(萃香が!)沸騰!(沸騰!)
脳みそ!(脳みそ!)沸いてる!(沸いてる!)
温度が!(温度が!)ピークなんだ!

「あたし 不器用だから・・・
 抱きしめてあげるくらいしかできないんだ
 サクセス!」

幻想郷の夜に きらびやかな彩りを
妖怪たちの胸に一輪の花咲かせるため さあ踊ろう

呑めや歌えや騒げや月の下 今夜満天我らの星
行けよどんどんぐいぐい限界なし
福を集めて花火を打ち上げまくれ 日の出まで無礼講

福はウチ!鬼もウチ!酒もウチ!
福はウチ!鬼もウチ!酒もウチ!
福はウチ!鬼もウチ!酒もウチ!
呑め!呑め!旨いよ!

萃香が!(萃香が!)ピンドン!(ピンドン!)
自分で!(自分で!)呑んでる!(呑んでる!)
幼女が!(幼女が!)酔っばげ!(酔っぱげ!)
何が悪い!(大問題!)

萃香が!(萃香が!)冷静!(冷静!)
楕熱!(情熱!)ハザマで!(ハザマで!)
おしゃれに!(おしゃれに!)登場!(登場!)
かっこいい!(大好評!)

萃香の!(萃香の!)豪華な!(豪華な!)
ボートが!(ボートが!)飛んでる!(飛んでる!)
激しい!(激しい!)ギャップで!(ギャップで!)
ツンデルぞ!(お前もか!)
萃香が!(華番が!)集めて!(集めて!)
みんなで!(みんなで!)呑んでる!(呑んでる!)
密度が!(密度が!)ピークなんだ!

「君の気持ちなんか分からない・・・
 こんなあたしでも許してくれるかい?
 プレッシャス!」

幻想郷の空に 終わりのない夢描き
妖怪たちと共に果てしない 永遠の宴 さあ始めよう

飛ばせ騒がせ色めけ冴えわたれ 今夜三千世界も越え
脱げよどんどんばんばん自重せずに
服を畳んで正座で開き直れば 伝説は止まらない

呑めや歌えや騒げや月の下 今夜満天我らの星
行けよどんどんぐいぐい限界なし
福を集めて花火を打ち上げまくれ

飛ばせ躍らせ騒がせ夢の果て 今夜三千世界も越え
集め熱めに萃めた福込めて
たまやたまやと打ち上げ 空に昇れぱ
萃香玉 弾けて 消えてく

福はウチ!鬼もウチ!酒もウチ!
福はウチ!鬼もウチ!酒もウチ!
福はウチ!鬼もウチ!酒もウチ!
人間!妖怪!誰でも歓迎!
福はウチ!鬼もウチ!酒もウチ!
福はウチ!鬼もウチ!酒もウチ!
福はウチ!鬼もウチ!酒もウチ!
また!来て!呑んでいってね!


KAZE NO KIOKU 

October 02 [Fri], 2009, 23:49
翔け上がる風に あの時の記憶を感じた
真っ直ぐに見つめていた 気持ち抱きしめていた
心はいつでも 見えないもの信じてるから
迷ったり傷ついたり 立ち止まってしまうけれど

季節は巡り踊る 紅く変わる風の唄
涙はすぐに乾くよ きっと守り続ける

遥かな虹の始まる場所を 目指してまた歩き出そう
挫けてしまいそうな時でも 口笛で答えながら
大地を唄う風の音符が踊る 君の先を照らすよ
今もここで待ち続ける いつか出会う時まで


溢れる君の 目を覚ます度の痛みは
破片しか見えない 君だけに解ける暗号なんだ

季節は巡り踊る 紅く変わる風の唄
涙はすぐに乾くよ ずっと守り続ける

遥かな虹の始まる場所を 目指してまた歩き出そう
挫けてしまいそうな時でも 口笛で答えながら
大地を唄う風の音符が踊る 星の夜を照らすよ
今も信じて翔け続ける いつか出会う場所へと


舞い上がる 君の手を 握りながら
時の先で 揺れる 幻想へ渡る虹の先へ・・・

遥かな虹の始まる場所を 目指してまた歩き出そう
挫けてしまいそうな時でも 口笛で答えながら
大地を唄う風の音符が踊る 君の先を照らすよ
今もここで待ち続ける いつか出会う時まで

遥かな虹の始まる場所を 目指してまた歩き出そう
挫けてしまいそうな時でも 口笛で答えながら
大地を唄う風の音符が踊る 星の夜を照らすよ
今も信じて翔け続ける いつか出会う場所へと

遥かな虹の始まる場所を 目指してまた歩き出そう
挫けてしまいそうな時でも 口笛で答えながら
大地を唄う風の音符が踊る 君の先を照らすよ
今もここで待ち続ける いつか出会う時まで

鮮やかに咲く乙女たち 〜春色小径 Arrange 

October 02 [Fri], 2009, 23:48
Ah 鮮やかに咲く乙女(はな)たち 今...

遠くから聞こえてる 私を呼ぶ声 
封じた心開き 解き放つの

深い森 風で突き抜け
闇を蹴散らし 光かざす

儚いもの 儚い定めに
痛みを知れば 優しさを得るの
散りゆく命の花びら 目に移し 頬を伝う涙


独りきりで 迷い悩む 闇の中で
繰り返し問いだして 答えだすの

壊れそうな 気持ち触れずに
夜が来る度 光目指す

儚いもの 儚い定めに
痛みを知れば 強ささえ得るの
散りゆく命の花びら 幾千の涙 頬を伝う


儚いもの 儚い定めに
痛みを知れば 優しさを得るの
散りゆく命の花びら 目に移し 頬を伝う涙
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みっしー
読者になる
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる