夏の風が淺い

July 22 [Wed], 2015, 11:12
ふいに覆われた歳月の敷居の深緑、それらは依然として波打つ心を指柔、婉曲に私の眉間を、そっと、成诗成画。振り返って見て、雨の柳巷の海で、初めての香りは、相変わらず山水清好きな透き通る、いつも感じて、縁は本当に不思議で、ただ人ごみの中で1つあなたを見て、1度の伝奇を成就した。とずっと思って、いい恋が一人と同じ思1か所の景、同入夢も、命がどんなに寂しくても、温かい、心の底で流れ、思い出して、いい安穏;よい生活で、簡単の一人を愛していて、あるの生生きてではなく、この人、彼はほほえんであなたを見て、心からあなたをわかる。

一部の感情をする必要がなく、どんなに華やかで、ただ簡単に出会って、簡単な想いは、たとえそれがただ簡単:一人の手を引いていて、風を切って歩く。

もし私は1つの花も、紅塵の中で最も平凡なあの一輪の花は、季節の花を転々とし。かつてキス風の目で欣喜んで、かつての多情で雨にその文字の中のことを書くのは寂しいけど、歌に、すべてを経験した、きっと世俗に静寂な花咲く。知っていて、この世の中は1種の懂得を通り抜けて魂弱々しく、小刻みな光陰がいつか心の救いを達成し、本のきれいな花や木で臨水は写真花の心境を、あなたのために開成一樹旺盛で、すべての薄いのが涼しくて、愛のためにやさしい、歩いた命の悲しみ喜び情の深い、不変で、1筋の花の香りを飾って、平板な年回り。

暇になると、立で、窓を見て、空の雲が淡い翻って、軽やかで行って、まるで私の考え、漂う半夏風の中、想念が一人で、淡い、一人を愛して、淺い、軽やかな愛する人は、彼を想いそっと置いても心の底で、あの美しい真情、例えばクチナシの花が開き、ジュンジュンの心で暗香満ちる袖が喜び、自分だけが知っている。いつも信じて、この世の中に1種の感情は、かつて言葉は、深念、例えば朝の露透明で澄んで、流年似水、莫失莫忘れ。

光陰は生成慈悲、人は世の中の最も美しい時間は遠くの刹那、いくらあったどんなに出会って、それから、あと一箋は柔軟で、歳月の诗行を飾る、カイドウの花に、昔、振り返って見る所は、最も美しい風景。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:misscg
読者になる
2015年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる